『アロマエスト(Aroma Est)』体験談その2。愛知名古屋の焦らしからの接触

フワッとバストが当たります

『アロマエスト(Aroma Est)』を利用した際の体験談です。

ドラッグストアで品出しと商品管理を担当している、30代の広瀬です。

ドラッグストアって男性が一人で楽しめるイヤーンなグッズが揃っているので、気になる方は是非ご来店を。

そうそう、メンズエステに行ってきたんですが、その理由がお気に入りの風俗嬢がいつの間にか辞めちゃってたってこと。

軽くフラれ気分でお世話になったのが、名古屋の金山地区にある『アロマエスト(Aroma Est)』です。

『アロマエスト(Aroma Est)』

こちらのお店、セラピストの数は豊富。年齢層も10代から30代幅広く、タイプも同様に守備範囲が広いです。

困った時のアロマエストってところでしょうか。(もしかすると系列店が多かったりするのかな、というのは今回は置いておきましょう。) 

予約は必須なので時間を伝えて好みのセラピも指名します。指名はやっぱり重要、後悔するにしても悔いなしになるからね。

スタッフの対応はまあまあだったけど、折り返し電話って風俗みたいです。

金山駅が最寄駅でそこから3分くらい、フォレストホールの裏手になるのかな。若干殺風景なエリアに佇む大きなマンションが目的地です。

「着きました」の挨拶を終えて、部屋へと向かいます。そこで改めてウェルカムな挨拶を受けて入店。

担当セラピストは、イメージに近い、性格的な色っぽさを持つMさんです。

スタイルはスリムな中に大きくせり出したバスト、腰つきも中々エロっぽくて好き。

ルックスは性格の反映が強く、セクシーに見られる雰囲気美人。あと笑顔が印象的ですかね。

Mさんは30代の後ろの方なのかな、それだけに手慣れた接客と、畏まらない気遣いもあり。

前払いとなり、コースはツイッターのお得キャンペーン110分のリンパ付きで13,000円。ゆったりできて、ムフフもある内容と想像です。

部屋は普通、特に綺麗でもなければ不衛生って訳でもない。一般的に気の使わない、許せるレベルです。(ちなみにマットタイプ) シャワーを終えて、マットへ促されます。

「アラアラ」なんて、ほぐし前には拭き取ってくれる素振りも。序盤には「お疲れの箇所は無いですか」という会話も。

「そうですねぇ、お腹とか首とか太ももですかねぇ」なんて散らしながらそれっぽく伝えます。

「そうなのね」と首回りを重点的に揉んでくれるMさん「うわスゴイ凝ってる」だって。

いいんですが、聞きたかった「ソケイブは?」が無かったのが残念。

オイルにシフトチェンジしてからも、それっぽい素振りはなく、黙々とエステに邁進してくれます。(腕前は上々です) 

一通り終えると「ソケイブやりますね」との申し出。さんざん焦らされた分だけ、ドキッとしてしまい、急に心拍数が上昇へ。

手つきは健全なのになぜかエロく思えるのは、私の反応に対して「ウフフ」って笑ってくれてるから。

深さも次第に増してきて、ボールとポールに接近と接触が繰り返してくれます。

仰向けは頭上に座って首や肩とデコルテなど。フワッとバストが当たります。

「気持ちいいです」には「首凝ってるもんね」「スゴイカタい」ってそっちの反応。

でもね、こちらの頭の動きを思惑を察知してくれたのか、何か当たる感触が強くなってくれる。

これがメンズエステの醍醐味なのかな。スリスリしても笑顔なのは、Mさん自身もちょっといい気持だったりしてね、

そんなことを思い描いてモッコリです。そうなると手でも楽しみたいですが、そこは少々厳しかったのかな。

断り方に悪意が無いので救われましたが。(通えばイケそうな雰囲気もあり、初見なので大人しくです) 

終盤に向けて鼠蹊部を丹念にエステし始めてくれるMさん、笑顔の質がエロスです。

癒されたり、興奮も出来たし、Mさんも良かったし、再訪問は全然ありますね。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマエスト(Aroma Est)』
セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ