『アロマヴェール(AromaVeil)』体験談その2。愛知安城でのモヤモヤっと感

オイルの手の当て方はチョイとセクシー

『アロマヴェール(AromaVeil)』を利用した際の体験談です。

ホテルのレストランでフロアスタッフとして働いている30代の村井です。

常に高い意識を求められる職業なので、精神的な疲れも結構多いです。「あ~~~メンズエステ行きたい」こんなに伸ばす時は近場で満足できなくなってるんです。

いつもの名古屋を通り抜け、まだまだ南の方へ。メンズエステ以外では多分訪れないであろう街の安城市まで行ってきちぃました。

お店の名前は『アロマヴェール(AromaVeil)』。そのヴェール、今すぐ取り払おうではないかって気にさせてくれますね。

『アロマヴェール(AromaVeil)』

場所が場所だけに、サービスがいろいろ砕けてそうってのが、決め手かな。

セラピストチェックで得た印象は、純粋にエロさを感じる。色気3割増しのお姉様方が集ってらっしゃいます、違いました。

30代の方も居ますが、10代から20代前半の子たちもいます。写真の撮り方と衣装がそう見えるようです。

料金は県内相場から少し安いくらいかも。大特価キャンペーン中とのことで、さらにお得な単価で利用できるようになっておりました。

予約はフリーで、詳しい場所はサイトを見てくださいってことでした。

ご丁寧に、アクセスの項目には番地から建物の名前まで記載されており、迷うことはないでしょう。

電車で安城駅まで向かい、そこから徒歩で約15分くらいの住宅街のど真ん中です。

安城駅の駅前広場ってすごく面白くて、ロータリーの上を覆ってる高架広場。

子供の頃ならテンション上がりまくりの物件です。お店となる建物は団地みたいな感じで、オートロックなしのまま部屋のインターフォンを。

お迎えしてくれたのは、大人のお姉さんなTさん。何となく愛想も良くて、第一印象は悪い気はしませんでした。

お顔はまあまあ、嫌な客って言うような空気を出さない分、こちらも盛り上がってるので良くみえるのかな。

そして大胆な衣装から覗く大胆なボディライン。ムチッとしてて特に胸元、思いっきりガバッてしたくなるほど誘ってた。

部屋は建物から想像しましょうな感じ、過度な期待さえしなければ耐えられます。

料金は例のキャンペーンで100分が11,000円(土日の場合は1,000円プラスされるよう)。これは嬉しい価格です。

支払いを終えれば簡素なお風呂場でシャワーを浴び、エステが開始となります。

グイグイほぐしてくれるTさん、手つきは様になっててしっかりマッサージできてます。

会話も普通に合って、盛り上がっていい雰囲気です。

でもなぜかお色気トークとは逸れてしまって、ソッチの気分がドンドン削がれてしまったのが残念。

モミモミ、グイグイ、ちょっと長くない?な時間が流れて、もう寝ちゃおうかなってところでようやくオイル投入。

あまりに長かったんで、タオルを捲られた時に冷気を感じてブルっときちゃったよ。

オイルの手の当て方はチョイとセクシー。ふくらはぎから太ももに掛けてきますね。

太ももの内側にサラッと指が這うと、ウンッ手反応したくなりそうです。この分ならキワキワも時間の問題だろうと楽観的だったのが良くない、結構足踏みしてたよね。

そして足を開いてのいよいよって内容は、思いのほか健全、何となくもう予想できたけどね。

そんなこんなで純粋にマッサージを受ける覚悟を決めて、背中や肩などをオイルで癒してもらいました。

仰向け、足元から太もも、もはやこの程度では反応しない悲しき慣れ。足が開かれて鼠径に及ぶも、半立ちが良いところ。

でももう一段階深まるのでご安心。上から擦るような動きを混ぜて勃起を促され、めでたく8割勃起へ。

手コキな動きを続けるも、セラピからの提案はなく、私からお願いしてみるとこれ以上はダメだとさ。

更に上のVIPなるコースならチャンスがあるかもしれません。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマヴェール(AromaVeil)』
セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ