『ランコントル(LA RENCONTRE)』体験談その1。名古屋栄のオーソドックス

ギリギリからちょっとはみ出すくらいのラインを攻めてくる

『ランコントル(LA RENCONTRE)』を利用した際の体験談です。

エステ、エステ、風俗というのが私のルーティーン。どうもこんにちは39歳のエステマンの土屋です。

普段は大阪市内の飲食店で厨房の中で働いています。

この度、いつもとは違った世界を見て見たいと新幹線に乗り込み、いざ名古屋へと遠征してきました。

えーまさかの1時間もかからず名古屋に到着してしまうとは。この歳になって意外な大発見に感動です。

まずは宿泊先のホテルにチェックイン。そこからお店に予約の電話を掛けました。

お店は『ランコントル(LA RENCONTRE)』。何気に気になっていたところ。「ならなぜ名古屋についてから予約を?」となりますが、事前予約はリピーターの特権らしいのです。

 

『ランコントル(LA RENCONTRE)』

 

なので健気に当日予約。指名したのは印象的なおっぱいアピールをしていたAちゃんです。

そうそうこのランコントル、実は出張にも対応しているようで、そっちの方も検討しましたが、残念なことにAちゃんはルームオンリーなセラピストの模様です。

さて向かったのは名古屋市中区の栄エリア。栄駅から名古屋テレビ塔を背に歩いたところのマンション。「なるほどこちらですか、分かりました(建物探訪風に)」。

到着しましたよと伝え部屋に向かうと、お出迎えはAちゃんその方です。

中々良い肉質をしている色白系ムチッとなセラピスト。愛らしい表情がいいんじゃないでしょうか。

胸のファスナーはキッチリ上まで閉まっている。私に後で下ろしてほしいという無言の合図なのかもと、密かに使命感を持つのでした。

部屋の方はよく言えばシンプル、悪く言えば殺風景。別にそんなところにこだわらないからいいんだけどね。

ソファーがあったので、そこに腰掛けるよう促され受付。Aちゃんは床に座らず同じくソファーにぴょっこり、でも距離感あり。

料金は90分14,000円、指名料プラスで15,000円。これが相場なのかな。

シャワーを浴びる前には紙パンツの着用を求められます。

大阪ではほとんどがノーパンなのに、これは聞き間違いか。

そう感じた私、旅の恥はかき捨てとノーでチャレンジしてみました。

部屋に帰りタオルを取った瞬間「キャー」「ダメです」「穿いてください」と、やんわりながらもキリッと指摘。

「ハイ分かりました」と二つ返事で装着です。

若干出鼻をくじかれたところでマッサージスタート。なんとなく気まずい空気の中で指圧に励んでくれるAちゃんです。

「さっきはゴメン、怒った?」と問いかけてみると、「大丈夫ですよ」「ビックリしましたけど」。

「見えた?」「見えちゃいましたよもう(笑)」そこまで怒っては無いようなのでちょっと一安心。

挽回も兼ねていろいろ褒め倒し、ちょっとくどかったかな、でも意外と和やかなムードは作れました。

オイルの流れはありきたりな足から。徐々に上がってきて、お尻のマッサージではグイグイ押し上げられる感じです。

結構体が揺さぶられてしまったため、マットで擦れて勃起。間接的な裏技を披露されたのでしょうか。

カエル脚になり鼠径にもアプローチ。ギリギリからちょっとはみ出すくらいのラインを攻めてくるAちゃん。

それはまるでコントロールピッチャーのストライク、ボールの出し入れのようです。

ワンコになろうかなと準備していると、上半身のタオルが捲られ腰から背中、肩周りの順でマッサージされ、あれよあれよという間に仰向けへ。

足元からのマッサで、足をAちゃんの太ももに乗せられ、足裏にオッパイの押し当てあり。指の運動はもちろんしてみると「なんか動いてますね」。結構グイグイ押し当ててきます。

太ももから鼠径では深さは結構ありますが、思いのほか刺激が伝わらずにムスコも無反応。

ラスト5分くらいは紙パンツの上から当ててきますが、それでもピンッ止まりで結局タイムアップとなってしまいました。

終わってから気づいたことですが、Aちゃんのファスナーはそのまま。「しまった」と思っても後の祭り。なんとなく消化不良感は否めない結果です。

リベンジは余裕があればということにしておきましょう。

情報局ポイント

メンズエステ『ランコントル(LA RENCONTRE)』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ