『マンダリン(mandarin)』体験談その2。名古屋栄のS級美女にノックアウト

鼠径はオイルでテカテカ

『マンダリン(mandarin)』を利用した際の体験談です。

こんにちは、名古屋市内でビル・マンションの管理会社に勤めている40代の会社員の大西です。

私にとってメンズエステは絶対に必要不可欠なもの。これまでは風俗じゃないとダメなタイプでしたが、年齢が積み重なるにつれ、キワキワのゾクゾクがあれば満足してしまうようになっちゃってます。

そんなこんなでお店の方は『マンダリン(mandarin)』というところ。名古屋市内には2店舗存在している、結構な有名どころです。

 

『マンダリン(mandarin)』

 

しかもこちらのお店、セラピストが美人揃いということでも知られており、これまで数回リピートしているんですが、誰もがグッドルッキングさんでありました。

そして今回、あるセラピストの情報から、一押しの可愛さだと聞いていたセラピストを指名することに。

初指名にドギマギするも、優しいナビゲーションにより、承ってもらっちゃいました。

あとね、ワックス脱毛でVIOをスカッと一掃なんてコースもあるんですが、私過去に違う店でVIOを受けた時に患部がヒリヒリ赤くなってしまってもう大変。

施術自体は興味深いものの、今一歩踏み出せないのでオイルのハイグレード「インペリアルコース」で依頼です。

向かったのは桜通り沿いにある大きなマンション。最寄駅は久屋大通駅、栄駅、高岳駅などですね(どこを選んでも5分前後で到着できます)。

一階部分にはコンビニがあって、立ち読みでの時間つぶしから栄養補給など、エステ前にはうれしい設備。

セラピストもここを利用するのかなって考えると、偶然出会わないかななんてキョロキョロしてしまいます。

頃合い丁度、入口のオートロックに暗号を打ち込むと、部屋へと上がっていくことが出来ます。

そしてドアをオープンしてくれたのはSさんSです。

一言で表現するならザ・美女。大きくパチクリした瞳、涼しげなロングなヘアー、透明感のある白い肌、そしてそれをトータルで纏めるスレンダーで可憐なボディ。

彼女にしたいと瞬時に本能が働くレベル、Sさんにならお尻の穴まで見せられる、それぐらいの覚悟が私に芽生えます。

ドキドキの受付、普段はクールを心掛ける私ですが、Sさんとの時間をちょっとでも長引かせたいとアレコレと質問、サービス上の事とはいえ若干うざかったかな。

でもその甲斐もあってか、ノーズワックス脱毛をプラスしました。

お支払いは100分15,000円(インペリアル)と指名料1,000円、脱毛2,000円で合計18,000円です。

シャワーの後は、恒例の紙パンツフリー。いつもの事とはいえ、今回の緊張感はかなり高いです。

スタンバイはうつ伏せのはずなのに、テンパりすぎて仰向けで待っていると。

「仰向けからはじめますか」なんてSさんの優しい起点に助けられました。

軽くドライマッサを終え、背中からのオイルトリートメント。ベッドタイプなので、頭上からのアプローチの時には頭にSさんを感じます。

後頭部には控え目でもわかる柔らかさも。変態アンテナがいきなりビンビン、どんな電波も拾います。

そのまま背中と足を終えると、脚曲げ指令。グイッと高く大きく曲げれたのはマッサージが効いているからでしょう。

「体柔らかいですね」には「こっちはカタいですけど」ウフフな苦笑いに包まれるお部屋。

しかしはずさないSセラピ、ソフトな指先の動きで感じさせてくれるのです。

「もっとカタくなっちゃいます?」と興味ありげに問いかけてくる。「確認してください」なんて馬鹿げた返しには素直に応じ、「アララ、すごいことになっちゃってますね」。

そして鼠径マッサは横向きにも変化、これがかなり卑猥で表現が難しい。

Sさんは後ろからなのですが、覗き込むように前のめり、おかげでグリングリンと鼠径はオイルでテカテカです。

仰向けでは、愛おしい視線で鼠径を癒してくれる、派手な行為は要りません。

だって満たされているから。お店を後にするのが名残惜しくなるほどでした。

情報局ポイント

メンズエステ『マンダリン(mandarin)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ