『メリージェーン(MARY JANE)』体験談その1。愛知名古屋で初めてのネイル攻撃にゾクゾク

四つん這いも含めて散々アヘアヘさせられる

『メリージェーン(MARY JANE)』を利用した際の体験談です。

名古屋で単身赴任中の30代後半、妻子ありのサニタリー用品系企業のサラリーマンの小松です。

にわかに信じがたいことですが、この単身赴任で人生初の独り暮らし状態となっています。

中年のホームシックって情けないっす。同時に生活力のなさに絶望、実家と妻に甘えっぱなしの人生です。

とはいっても、いろいろ男の都合にはいい環境となってまして、メンズエステで遊ぶことを覚えてしまうのです。

そして『メリージェーン(MARY JANE)』ってところが、モーレツなオーラに包まれてたので行ってきました。

『メリージェーン(MARY JANE)』

ゴリゴリのセクシー系セラピスト達、しかも多くが20歳前後の鉄壁の布陣、股間が疼いて仕方なし。

予約状況を確認しつつ、ワガママは言わずに「じゃあその時間で」とフリーで予約。

対応自体は普通、たくさんやり取りをしたワケじゃないからホントのところは分かんないけどこんなもんでしょ。

経験上、トラブル防止にはシンプルが一番。ルームのひとつは丸の内にあって、丸の内駅から10分弱という立地。

マンション自体はかなりオシャレで、豪勢なデザイナーズになるのかな。部屋もワンルームにしては広めですね。

素材自体がキレイなので、もう少し衛生面に気を配ればさらに居心地も良くなりそう。タオルの生乾き感や、照明に照らされるホコリなどが気になっちゃった。

担当はMちゃん単純にエロそうです。バストもかなり大きくて、若さに任せてポジションも高い。背はそんなに高くないので、ものすごく強調されてるようにみえちゃう(上から谷間見放題)。

ギャル系らしくネイルは付けたまま。「これがいいんですよ」と言ってくれるけど、オジサンとしては心配事のひとつです。

料金は90分コースで15,000円だけど、あるエステサイトの割引で13,000円になって儲けたぜ、みなさんもお忘れなく。

シャワーを浴びると血行も良くなり、紙パンツを穿くころにはスッカリ興奮してます。

小さいパンツだから、治まらないんだよコレが。部屋ではMちゃんがお待ちかねで、興奮具合のチェックを入れられ、「あーっ」「まだ何もしてないのにぃ」「すごい勃ってる」。

包み隠さない表現を大きな声で、ワンルームでホントに良かった。指圧なんかはスルーしてオイルから。

思いっきりよく垂らした後は、塗り広げるように背面全体へ。ネイルが当たらないように、掌底を使ったり猫の手みたくするのは中々の心構えですなぁ。

背中に乗って来てるので密着感も上々とくれば、幸先の良いスタートってことです。

そのまま上で回転して下半身へと移って行きます。トローンとお尻から足先まで伸びていくと、Mちゃんのお腹が当たってお胸が当たってポヨヨンッ。愛らしくエッチな弾みっぷり。

オイルの滑りを利用するのもテクニックのひとつ。片方の足をレールに見立ててニュルと滑り台、そのまま挟み込むようにしてキワキワへ。

ここでは活躍するのが、今まで鳴りを潜めていた不安要素のネイル。ネイルでサワッとカリカリっと、挙句は玉をネイルだけで握るような感じ。

おでんからバクダンを箸で持ち上げる、もしくはUFOキャッチャーのクレーンを思い描いてください。

四つん這いも含めて散々アヘアヘさせられ、Mちゃんのエロさを刻み込まれます。

そして逆膝枕で太ももに顔が埋もれる、ドサクサで腰に手を回しながらお尻も堪能。

仰向け後もデコルテとサイドから密着は欠かすことはないので、オイルで体はテカってますが問題なし。

むしろそのオイルを擦り付けようなんてスリスリも。時計に目線を送ると、手はゼロリンパをグリッピングです。

濃厚でお色気強めがグッド、個人的には他のセラピも見て見たいと思いました。

情報局ポイント

メンズエステ『メリージェーン(MARY JANE)』
セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ