『パルフェプレジール(Parfait Plaisir)』体験談その1。愛知名古屋でおっぱいムギュ

若さを感じさせないほどウマエロ

『パルフェプレジール(Parfait Plaisir)』を利用した際の体験談です。

えーと、できれば花粉の季節はお手柔らかに願いたいと祈り続けている、40代半ばのライフライン系の会社員の横田です。

私の花粉は鼻から。ムズムズ、鼻水ダラダラ、そしてヒリヒリ。ひどいと、トナカイみたいになってしまうのです。

まだアロマの香りが感じられるうちに、エステだワッショイ。ってことで名古屋で探します。

各エリアはアジアン優勢になりつつありますが、丸の内エリアは日本勢頑張っていていいですね。

その中から「これだ」って一本釣りしてきたのが『パルフェプレジール(Parfait Plaisir)』です。

『パルフェプレジール(Parfait Plaisir)』

セラピスト達が、キレイ系セクシーガールばかりっていうのが、大きな動機となりました。

また自慢のセラピストなのでしょう。ホームページでは大文字でのPR文が掲載されており、老眼まじりの眼でも読みやすいし分かりやすい。初老に優しいお店であると推測されます。

とりあえず予約することにして、セラピの名前を間違えないことだけを意識しました。

ダメもとが成功するって得した気分、お目当てのセラピとの対面を許されました。

ルームの場所は丸の内駅から徒歩1分、歩数を数えられるほど近いです。そびえるマンションへと入って行き、インターフォンに手を掛けピンポンと鳴らします。

お相手を明かしておくとNサンです。

まずはじめに言いたいことは「ありったけのありがとう」。とにかくいい顔してる美人だし、オッパイはデッカイし。

意表を突かれたのが結構背が大きいってこと、完璧ってここにあったのね。

お衣装はタイト系ミニ、パンチラ必然てことになりそう。胸元はフライング気味でした。

部屋はワンルームタイプでシンプル。年季の入ったマンションながらもリフォーム済みってことで、室内はまあキレイだったんじゃないかな。

ただバスルームは、トイレと共有なので残念な点ではありますが。設備はマットがあって、鏡は微妙に小さく活用しづらい気も。

照明が何となくピンクがかっていて、そういった気分は高めてくれますね。

Nサンとの会話を楽しみつつ会計。120分コースが指名料入れて18,000円(割引1,000円アリ)でした。

シャワーは湯船の中で浴びて、便器に座ってTバックを穿いて、ハミ出しチェックを済ませてマットにうつ伏せ。

Nサン、ゆっくり近寄ってきてタオルの上から揉み解し。

上に乗っかるのではなく、横に座ってという形。そりゃNサンの方に向きますわな。

チラッと振り向く視線の先にミニスカ。でも照明の加減で見えませんでした。しかしネクストチャンスは下半身のほぐし。

そのまま足元へと降りていくのではなく、反転してお尻をこっちに向けてモミモミ。

なるほど、際どい太ももと下尻の境目だねこれは。あと一歩で見えなーい。

いきなりスケベを露呈させてしまい失礼しました。オイルが入ってからは、大人しく紳士的に会話を楽しみます。

若いけどお世辞も言ってくれますし、会話しやすい女性です。

職場の若い女子社員もちょっとは見習ってほしいと、愚痴をこぼしてみたりする。

際どいラインの攻め方は、これまた若さを感じさせないほどウマエロです。

手の平を使ってリンパを流すように刺激し続けてくれるため、初老の私もドンドン元気が充満してくるのが分かります。

そして腰を上げるように言われての四つん這いでは、お尻にオッパイがムギュって押し当てられてるの。

抱え込まれるような体勢で、手の位置はアソコを捉えてるんです。すでに動きがシコシコしてない? そうですか~気のせいじゃないかな。

そんなオトボケ振りがカワイイ。仰向けでの押し当ては、顔ですよ。

髭がチクチクするってクレームが入るも、Nサンちょっとそれが癖になったみたいで、前後にグラインドしたり横にブルンブルンさせてます。

仕上げは腕と手と視線と揺れと、フル回転でメンズエステならではの鼠蹊部を実施。

リピについて、100パーいくでしょう。じゃないと今回の体験が無駄になる。

なぜなら本指名ならではのコースが利用できるから。

情報局ポイント

メンズエステ『パルフェプレジール(Parfait Plaisir)』
セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★★★

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ