『ピュアリア(Purelia)』体験談その3。愛知名古屋の清楚でディープな時間

止まらないディープアプローチ

『ピュアリア(Purelia)』を利用した際の体験談です。

通ってればいいことあるさが口癖の、ホビーショップの店員の奥山です。

現在32歳、彼女はすでに5年以上ナシ。多分このままだとあと5年間は彼女できないだろうなって思ってます。

イケメンって程じゃないけど、見た目はそんなに悪くないはずなんだけどなぁ。

そうか経済力だな問題は、なんて安月給に当たっても仕方ありません。

なので現在のなぐさめ方は、お気に入りのメンズエステで癒してもらうこと(これだな原因は)。

どうせならセラピストといい関係になれればなんてスケベ心を持ちながら、一途に通うのが好きなのです。

まあでもいつの間にかお店が閉店していたり、セラピが辞めていたりと上手くいかないんですがね。

これ以上話がネガティブになるといけないので、ポジティブな方向へ。明るい体験談と行きましょう。

場所は名古屋市、店名は『ピュアリア(Purelia)』。若干年齢層は高めですが、良きお姉様たちがピュアなハートで接してくれる、私の一押し店なのです。

『ピュアリア(Purelia)』

今日はあのお姉様にしようと指名予約、電話での対応も良い感じです。

お店は名古屋市の中区千代田3丁目某所。最寄駅の舞鶴駅からは徒歩5分くらい、パーキング激チカなので、どっちかっていうと車で行く方が便利かな。

マンションは細身だけどオシャレチック、こういうのをデザイナーズマンションて言うらしい。

ワンルームタイプで部屋に入ると、外観の世界観を損なわないようこだわってますね。

特にユニットバスは海外のような雰囲気です。お世話になるセラピストはAさん。私と同年代の、清潔感のあるイケてる美人お姉さんです。

対面した時の「アッこの人知ってる」ってリアクションが堪らない、名前の方も覚えてくれてました。

通ってると明らかにセラピからの会話量が多い気がする。支払い前も「最近どう」で盛り上がります。

コースは120分で18,000円、そこに指名料1,000円、その合計は19,000円。ハッキリ言って高いです。

ゆったりペースでシャワーへ案内。他店ならゆったりされると時間が無くなるってイラつきますが、ココは違う。シャワー等、諸々の時間は余分に確保してくれているんです。

よく洗えって?いや焦らずまったりしてくださいって心遣いだと私は思いますよ。

シャワー後はフカフカマットに横になり、マッサージです。

鏡の方に頭を向ければ、Aさんの姿が確認可能。控え目セクシーが何気にソソります。

Aさんは比較的ソフト路線のトリートメントが主流のイメージでしたが、その日はどことなく気合を感じる。

まずは膝裏のリンパで指先の力強さが見られました。そしてカエル脚、ライン取りがすでに鼠蹊部を捉え得ている。

そしていつになく早めの玉への接触、そこからよりインを突いてくるのか。

一旦お尻の割れ目を入れて焦らしてくるが、これにはピクピク。再び深く入ってくると、アソコへの接触が多発。

しかもだんだん強く当ててくるので「アッ、イヤンッ、ウッ」なんて言いながらかなりビンビンに。ちょっとやそっとのビンビンでは許してくれないAさんです。

横向きにもチャレンジ、寄り添い系の密着から、前面に手が伸びてくる。

鼠径オンリーではなくお腹や胸なども交えて「手つきがエロいです」「そうですか」「想像しすぎです」なんて。やり取りも堪らん。

後半へ折り返し、デコルテ密着もいつになく近い。キスできるんじゃねえって構えてると、「違いますよ」と近距離で見つめ合ってる(これで満足、半分キスしてるようなもん)。

肝心のですよね。横に座ってもらって鼠蹊部をマッサージ。腰に手を回しても笑って黙認(ザ・リピート力)。

そして止まらないディープアプローチ。

リピーターならではのディープな内容に、とにかく達成感でいっぱいになりました。 

情報局ポイント

メンズエステ『ピュアリア(Purelia)』
セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ