『リカージョンスパ(Recursion Spa)』体験談その1。愛知名古屋のどちらも上手くて満足感

カエル脚状態での変則四つん這い

『リカージョンスパ(Recursion Spa)』を利用した際の体験談です。

どーも、ファミレスで働いている30代の大城です。先日のこと、少しお休みを頂きまして名古屋に出向いて参りました。

全くの私用で、ちょっとしたイベントに参加するのが目的です。

そしてその日の夜、ホテルの部屋でメンズエステを体験させてもらいました。

出張専門の『リカージョンスパ(Recursion Spa)』ってところです。

『リカージョンスパ(Recursion Spa)』

出張エステって、セラピストのプロフ画像が掲載されてなかったりして、利用する際にかなり不安になるんですが、ここのはしっかり掲載されていたので利用しやすかったですね。

セラピストの方もそこそこに色気がありますし。世代は上手い具合に20代中盤と30代中盤に分かれてて、若い子好きにも熟女好きにも受け入れられそう。

あと気になるのがオプションについて、セラピ各々が準備しているものがあるとのこと。

何ともソッチ方面の香りが漂い始める文言です。とりあえず予約をするため電話、対応は悪くない。

なんかレンタルルームを案内してきたけど、ホテルを取っていたのでそっちでお願いしました。

多分、地元男子だと思っての提案だったのでしょう。なるほど、そういう利用法もあるのかと勉強になりました。

ホテルへ到着したのは時間丁度。丁度すぎて5分前からドキドキしちゃいましたよ。

そしてセラピとご対面。自称と実際の年齢差を感じる熟女でしたが、スケベそうなお顔立ちで悪い印象は持ちませんでした。

スタイルも年相応?のスレンダー系、パイもB程度かな。私が品定めのようにジーッと見てしまったことで、軽く気まずい笑いを見せたのが、お世話になるKさんです。

接客態度や言葉使いはよい、そしてなぜかスケベなオーラを感じ取ってしまって勃起です。

料金は120分17,000円に指名料(Sランク1,500円)と交通費をプラスして19,500円。

90分で考えていたのに女性が部屋に来たってことで、舞い上がってしまうクセが私の悪いところかも。

着替えを終えて部屋に戻るとベッドメイク完了。Kさんもアレアレな施術着になっておりました。

まずはうつ伏せからで揉みほぐし、実はマッサージが上手い。これはルーム系セラピとは違うところなのかな、それともSランクならではの技術力と言うべきか。

力も強くて揉まれてるぅ~って感じです。お尻の時なんて、割れ目にも食い込んできそうなくらいで、後々のオイルタイムが待ち遠しくなっちゃう。

オイルも同様上手いです。特別色っぽい手つきという訳ではなく、正統派のトリートメントです。

キワキワに来てるぞ、そら始まった、神経が鼠蹊部に集中。指先が鼠径ラインに乗ると、色気を増した指使いでサーワサワ。

次にまさかの「足戻してください」、何事もなかったかのように上半身へと移行していきます。

正直、この瞬間終わったと思いましたよ、その時は。でもそれは、濃厚鼠蹊部を長く堪能してもらいたいKさんの配慮。

「焦った」「口数が減ってたもんね」、すぐ態度に出てしまうお子様な私ですいません。

足を大きく開いての鼠蹊部マッサ、独特のライン取りと指使いで勃起。「おっきくなってる」と伝えてくれるんですね。

鼠径だけでなく、お尻も合わせての動きはとにかくエロティック。さらに股の下から手をグイッと入れて、もう一方の手は胸を触ってくる、背中には密着感。

カエル脚状態での変則四つん這い?アマレス出身かと思うような見事なバックの取り方です。

仰向け時に、チラッとオプションについて問うてみると、今日はオプションなしでもここまでならOKと言うお言葉。それじゃあとばかりに、私からもマッサージ。

小ぶりな胸とムチッと柔らかい太もも、それと敏感なKさん。

そしてちゃっかりディープ鼠径。私の動きに合わせてくれたのか深めで前後な動き。

120分にして正解でした。また次も来たときはお願いしようかな。

情報局ポイント

メンズエステ『リカージョンスパ(Recursion Spa)』
セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ