『ルームビー(room B)』体験談。愛知名古屋のリピーターに手厚いメンズエステ。

重量感のある弾力と軽い反応、少し揉めてます。

約半年ほど職を探して放浪中の20代です。空白期間は自由でして、散歩したり片付けしたりと曲がりなりにも満喫中。質素に生きるのは学生時代からの得意技、もう少しこのペースでイケればいいな。そのスローな生きざまにも横道があって、メンエスがそれ。

前からどうしても開けたい扉に手をかけてしまった。『ルームビー(room B)』の扉をね。

なんでも料金がバカ高い、僕の許容の範囲外。最初は思ったさ、関係ないとね。それとリピーターに手厚いんだよね。メインのメニューは会員になってからってな感じで、最初は新規専用コースのみしか選べない。

いきなり○○の可能性を排除されてるようで、地味に脚が遠のく要因だった。ようやくだわ、ホントに挨拶だけでもイイやって思えたのは。予約はメールやラインから、5分くらいで返信あり。マンションは覚王山駅の近辺のワンルーム。

状態の良い部屋で、高そうなマットが置かれてました。もう一つのルームはもっとオシャレなんだそうな。そこに居たのは「Iさん」。庶民派ルックスのセラピです。印象は穏やかで明るい、コミュニケーションが取りやすい人。三の線のポジションかな。

と油断させておいて、豊かなボディラインをしています。そう言えば巨乳顔かもしれないね。受付、コースは決まってるので料金の確認などサクサク。14,000円(90分)の支払い。シャワーを準備してくれ、僕は脱衣して待ってればいい。

ちなみにオプションだと、洗ってくれるサービスがあるらしく。それを聞いての一人シャワーは虚しく、次回に意欲をメラつかせます(策に嵌ってる?)。マットに下向きになってのスタート。クッション性の良いマットの寝心地でHBK。

準備中のIさんを見てもHBK。合わせてFKBでのスタート。マッサージ力は正直分からないけど、不満に感じることはないかな。強弱も聞いてくれるので好みに寄せることは可能かと。

続いてオイル。足裏を包むように跨ってくれるので、良い感触に指先がジワります。ふくらはぎ、膝裏をワンブロック。その後に太ももまで、お尻までとエリアを拡大。基本的なスタイルってのかな。

お尻とか一部の箇所への繊細なタッチも行われ、コールは「脚を曲げてください」だったような。鼠蹊部への行いは満足できるもの。なんでも深く来てくれるので。とても楽しそうに触ってくれるのがいいです。好きだなこれは、男の体が神秘が。

FKBの状況を感じて許容量を危惧したのか、新規コースなので「今日はここまでです」みたいなことを言ってきた。じゃあ会員コースは何処までなの? 何気ないことだけど爆弾発言みたいだ。軽く会員コースの内容を質問。

ハッキリとは教えてくれないけど、チラチラ妄想させる内容が。鼠蹊部の時に聞くもんじゃないよね、頭が求めてしまうから、味が変わるっていうのかな。「お願いしまーす」って言っても、頑な。そりゃチョロくらいはあったけど、試食にもならんて。

仰向けになって、肩や腕のマッサージ。盛り返し要素がありました。巨乳との接点が多い場面。重量感のある弾力と軽い反応、少し揉めてます。あんまり過ぎると頬が赤くなる癖があるみたいで、手も調子付くってこと。腰からお尻も軽く。

最後はやっぱり鼠蹊部の真ん中までです。僕の場合は無かったです。しかし、それなりのマッサージで場合によってはゴバク出来るかも。実際そんな人もいるようですし。今日はここまでと、ゆっくり終わりますが、最後まで手の位置は鼠蹊部に当てたまま。

今回のIサン、会話も楽しめたしそれ以外も・・寛容さなんかも併せて次回が楽しみな存在。そもそも会員メニューを体験せずに辞めたら損だから。他のセラピも含めて本評価は二回目からになるんだろうね。まずは資金集めからになるでしょう。

情報局ポイント

メンズエステ:『ルームビー(room B)
セラピスト: Iさん

男のお得情報局お勧め度:★★★☆☆

愛知のメンズエステの記事

愛知のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です