『ラミー(Lamie)』体験談その1。福岡久留米の時間を共にギアが上がってくる

オススメのお店

大阪

オススメのお店ーエムズスイート
オススメのお店ーお姉さんと妹の部屋
オススメのお店ーシュプール
オススメのお店ーミセスサラ

 

 

 

その辺のところとは違うぞッという意識が伝わってくる

『ラミー(Lamie)』を利用した際の体験談です。

休日の食事はカップうどん、カップ焼きそば、カップラーメンの豪華な継投策で完封勝利を果たした、独身35歳、理容師をしております池上です。得意なカットは角刈りです。

エステを受けようってことで近場をチョイスしたのが『ラミー(Lamie)』

『ラミー(Lamie)』

場所は一応久留米市になってるけど、明確な位置情報などは皆無。

かろうじてHPの求人欄の勤務地に「久留米インター側」って出てるのが唯一のヒントだね。

セラピストは写真で確認可能(もちろん顔は出てません)。これが結構な揺さぶり揃い、我々の目の保養にはもってこいのプルルンレディ多いです。

電話番の予約担当はオッチャンかな。やり取りに多少の難は感じつつ、トラブルにはならずに済んでよかったよかった。ショートメールで問い合わせるってのもひとつの方法ですね。

そうそうショートメールは住所を伝えてもらう時に活躍、フムフムなるほど御井駅の近くってことだね。

普段はほとんど関わらない駅だけど、今回改めて見直してみると中々な風情のある駅舎ですな。周辺も程ほどに発展してて、久留米インターからも近いです。

普通のマンションがお店、室内はリラクゼーションカラーでマッタリムード。掃除なんかも行き届いてるっぽくて、バスルームも清潔でした。

担当セラピストはIさん、感じの良い女性で年差があってもギャップを感じず、自然な会話が成立する器量良し。

顔はカワイイ、とびっきりじゃないけどモテ顔認定しとこうか。そして語らずにおきたいけど語ってしまう口の軽さをお許し願います。

健康的でボインなボディ、一見ムチッと見えるのはボインのせい。意外と腰がキュッとしててクビレも魅力と言えます。モテボディも追加しとこう。

一杯のお茶を前に受付を行う、アンケート記入や同意書の確認などしっかりした流れ。コースは120分、気になる箇所をしてくれるというのでこれにしました。

料金は指名料込みで14,000円、120分だからこんなもんか。シャワーへと案内され、「もしよければ紙パンツを使ってください」と。

不思議な言い回しに「??」気にすることなくシャワー後に、遠慮することなく使わせてもらって部屋に戻ります。

「穿いてくれてる」みたいな物の言い方。私「もしかして穿かなくてよかったりして」セラピ「穿いてくれた方が好感が持てます」なるほど。

うつ伏せでの揉みほぐしからスタート、マッサのレベルは良であると思われます。その辺のところとは違うぞッという意識が、ひと揉みひと揉みから伝わってくるかな。

オイルマッサージ、足首からふくらはぎ、肌と肌との触れ合いの楽しさがある。太ももからは程よい緊張感が。

始まる予感は120分コース特有のしっかりマッサージで次第に落ち着く、サービス還元ってことじゃあないのかな。

でも鼠蹊部もない訳じゃあない、ようやく始まった足を広げた体位では、まあまあです。手と手首当たりまで侵入させてくるのでおおっ、触ってくることは無いけど。

四つん這いと言う言葉は聞き取れず、背中や首筋とか。仰向けの頭、顔、肩。流れによってボヨンッ、頻度も次第にアップするので「これはこれは」って気持ちになりますよね。

私「なんか当たっていいですね」セラピ「何がですか(ウフ)」あれ返しがねぇ。私は素直に「オッパイです」セラピ「そうですかぁ(ウフフ)」。

それから手のマッサージとなるんですが、どうも先ほどの会話がフリになってる。セラピから「当たってますね」私「何がですが」めっちゃエロい気がする。指先を少し動かしておきました。

こうなりゃ、鼠蹊部も結構な歩み寄りが期待できそう。まるで私の反応を確認するようなイタズラ的接触が発生。私「気持良い」セラピ「ニヤぁ」私「ああっ」セラピ「フフフ」。ギリギリまで責められた。

初回の様子見で抜きに至らずでしたが、次回は可能性あるかも、そんな気持ちにさせてくれました。

情報局ポイント

メンズエステ『ラミー(Lamie)』
セラピスト:Iさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

体験談販売ページ

ガチオススメ販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

ソクセらバナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です