『ミラヴィ(MIRAVI)』体験談その2。博多駅前の小悪魔エステ

手心加えてくれるイタズラな指先

『ミラヴィ(MIRAVI)』を利用した際の体験談です。

こんばんは、夜の過ごし方が寝るだけになっている、45歳の工場内作業員の須藤です。

単純作業って気持ちがのってくると楽しいのですが、たまに果てしない絶望感を感じてしまうこともあって、果たしてこの仕事向いているのだろうか、なんて思うことも。

まあそれなりに報酬が良いので、このまま出来るとこまで続けていくことになるでしょう。

まあ行き詰った時などは、決まって向かうところが福岡市内のメンズエステ。

オッサンがメンズエステなんて気持ち悪いなんて思われるかもしれませんが、結構同世代の男性や年配の方なども利用しているとのこと。

おかげさまで、セラピストのお姉さんは可愛く迎えてくれることが多いです。

さて、そんな福岡市内のメンズエステ。いつの間にか行きつけになっているお店があります。

コッソリ自分の中で秘めておきたいいいお店。でも今日は気分的にも乗っているので、発表することに決めました。

そこは『ミラヴィ(MIRAVI)』。何がイイって、セラピストのクオリティの高さ。私の歩む人生の道のりではきっと接点を持つことはないであろう、キラメキを見せる女の子たちが揃っています。

 

『ミラヴィ(MIRAVI)』

 

接客も丁寧で、サービスの方もシラフではちょっと頬がポッとなってしまうような、エクセレントな加減がお気に入りポイントです。

お店の場所は博多駅前、俗にいう聖地となるウワサの公園の近辺とだけ伝えておきましょう。

当然予約は必須。まあ初見の方は飛び込みで行こうとしても無理な話。なぜならお店の場所はシークレットだからです。

予約はタイミングを逃すと、あっという間に埋まってしまうので初動が大切。プロは前日からの事前予約を済ませ準備を整えておきます。

当日は慌てず騒がず紳士的にお店に向かいます。

某公園に佇むオッサン。周囲からの視線も気にすることなく、スマホと睨めっこしながら時間つぶし。時間と共に部屋に行けばOKです。

お出迎えしてくれたのは、お初にお目にかかりますKさんです。

このミラビィのプラチナムランクに位置するKさん。想像を超えるカワイイ美人。麗しく見つめられると、胸の高鳴りが納まるどころか、ドンドンドンと太鼓をたたいているような鼓動です。

しかも肌もキレイ。色白なのはもちろんのことスベツル。照明が反射すると、さらに状態の良さが伝わってきます。

部屋は安定感のあるいつもの空間。お茶の合間にお支払い、プラチナム価格の90分16,000円です。

アメニティが揃ったバスルームでシャワータイム。終わるとお出迎えと、残った水滴を拭いてくれる「お世話様です」。

マットにどうぞ。オイルの入りは気遣いがあって、驚かせないような慎重でやさしいタッチから。

ストロークが滑らかで、Kさんのスベ肌を見事に体感。さすがプラチナム、このお店でもワンランク上の技術を要しているではありませんか。

すっかり身を委ねる体勢が出来上がってしまうのでした。

太ももの奥にも手は入ってくる、美しいタッチだからこそ感じるエロティシズムに悶々ムラムラ。

アソコに触れられているだけでも幸せ満点なのに、手心加えてくれるイタズラな指先。ダメダメとくねるオッサンの気持ち悪い反応にも「カワイイ」なんて肯定してくれました。

上半身になると、体温を感じられる距離感になるのです。

至近距離からの見つめ合いに、おめめがトロンな演出、それとも本気。そんな小悪魔テクまで要しているとは「困ったことがあったらオッサンなんでもしちゃう(お金のこと以外は)」。

仰向けでは、なぜかしてほしい箇所を分かってくれている。お恥ずかしい話ですが、主張してしまっていたようです。

オイルたっぷり、愛情いっぱいの手つきに酔いしれる暇を作ってくれるのもKさんのおもてなし。私のようなオッサンでも、やさしく受け止めてくれるKさんでした。

まあ基本博多ならここ一本でしょう。

情報局ポイント

メンズエステ『ミラヴィ(MIRAVI)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

福岡のメンズエステの記事

福岡のメンズエステの記事一覧

体験談販売ページ