『あかつき(暁)』体験談その2。愛知名古屋の出張エステでどストライクに出会う

体験談販売ページ

人気店ランキング

駆け引きなしに押し寄せてくるストローク

『あかつき(暁)』を利用した際の体験談です。

名古屋に取引先が多くある会社に勤めている、45歳のサラリーマンの大久保です。

そのため、頻繁に名古屋への出張を余儀なくされるのですが、これが結構楽しいものなのです。

幸せなことに結婚というものをさせてもらい、曲がりなりにも家庭も築いておりますが、やはり自由度という意味では独身時代のそれとは別物。

知り合いなどの目もあり地元では中々、羽を伸ばしきれません。

しかし名古屋なら、その目は届かない。アフリカ奥地の少数民族の視力をもってすれば別かもしれませんが。

今回はどんな遊びをしようかなと、意気揚々と名古屋の街を闊歩。地理に明るくなっているので、いろんなお店が見えてきます。

そんな中、エステ系のお店に飛び込みでチャレンジ。でも混み具合が果てしなく、かなり待たなければならないとのことでお店を後にします。

体がエステを受ける体制だったことから、すごくエステを欲するんです。

この疼きは風俗では治めきれない。じゃあどうすれば?

考え出した答えが、ホテルに出張してもらうということです。

OKしてくれたのは『あかつき(暁)』という出張リラクゼーションサロンです。

 

『あかつき(暁)』

 

スケジュール表には、ちょっと良さげなセラピストが出勤していて、指名もさせてもらいました。

一目散にホテルに帰って、迎え入れる準備をします。ドタバタドタバタと焦りまくる中年オヤジ、決して妻には見せられない姿でしょう。

そして「コンコン」と、さりげなくドアをノックする音が。

「ハイ、ハーイ」とテンション高めでお出迎え。「えっ」一瞬私固まりました。

その表情でセラピストも「えっ」「ワタシで大丈夫でした」。

「ハッ」と我に返り「全然OKです」「すごくタイプの方が来てくれたんでびっくりしてました」と伝えます。

ホントに驚きました。想像をはるかに超えるムチムチフェロモンボディと、大人のムードを纏ったセラピストで、場外へと消える劇的なサヨナラホームランと言っていいほどです。

伝えた後「フフッ、あぁよかった」「じゃあお邪魔しますね」と安堵の表情を見せてくれたのはKさんです。

ドキドキが治まらない、ホテルの部屋のムードが途端に色っぽくなる。

接客中も変にKさんを見つめてしまう私は、完全にギラギラしているオオカミのようです。

コースは90分と考えていましたが120分へグレードアップ、より深さが望めるコースとのことで今度は変なニヤニヤが止まらない。オヤジって表情にすぐに出ちゃうんですかね。

料金は初回2,000円引きとなって、指名料を含めると19,000円でした(こんなもんかな)。

そしていざマッサージタイムへ。上着を脱いだKさんのバストが半分以上こぼれているかのようです。

お色気ムードたっぷりのKさんですが、マッサージの方がとてもしっかりしているのです。

キャリアが10年くらいあるようで、それを十分に感じさせる本格的なマッサージ。

こういう方のマッサージって、キワキワじゃないところもなぜか色っぽく感じてしまうんですね。

そのため触られ始めたころから勃起一級取得です(こんな資格があればなぁ)。

そして絶対に外さないツボ刺激。的確さが血行やリンパの流れを潤滑にさせてくれます。

となると反応も当然、いつもと質が変わってビンビン。そこにしっかりと深くまでリンパを流そうとするKさんの手が当たりますが、エロというよりマッサージ上、仕方なくというのが適当な表現。

だからなのか、駆け引きなしに押し寄せてくるストロークに、私の反応は頂点へと達しそうになってしまいます。

その後仰向けになると、おっぱいとの遭遇が。

「うーん、う~ん」と接触過多になるにつれ、そっち方面のムードに展開していきます。

キタキタとお手手を伸ばして揉みほぐしを重ねると、そのままKさんも私のアソコをギュギュっと深いマッサージとなりました。

情報局ポイント

メンズエステ『あかつき(暁)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆