『ヒーリングサロンラブリー(Healing salon Lovely)』体験談その1。愛知安城のねっとりとした誘惑

体験談販売ページ

人気店ランキング

柔らかいところがムギュンムギュン

『ヒーリングサロンラブリー(Healing salon Lovely)』を利用した際の体験談です。

名古屋で日夜エステサロンのチェックを行っている、36歳のスケベなオイリー野郎の向井です。

オイル塗れが祟ってか、最近どうも油ギッシュが加速気味。どうにかならないものでしょうか。

仕事は左官職人をしていて、壁を仕上げることに奮闘中。肉体は慢性的な疲労を抱えており、微妙な力加減や態勢が背中や腰に張りをもたらしてくるのです。

そうなってくるとキタキタキタってな具合で、マッサージ店に駆け込む。「張ってますね」「お仕事ご苦労様です」なんて言われることを期待して。

疲れの後に癒しが来る、イイ循環で回っているのは幸せなことです。

まあね、それだけじゃスケベにはならないわけで。その先の施術も大好きな私は、今回名古屋ではなくはるばる安城市まで出向いてきました。

何となく遠くへ行きい気分だったのが一番の理由。受け入れてくれたお店は『ヒーリングサロンラブリー(Healing salon Lovely)』です。

 

『ヒーリングサロンラブリー(Healing salon Lovely)』

 

機嫌がよかったのか、電話対応はいい感じ。じゃあお願いしますと段取り完了。

車で向かうと、名古屋市内から安城市まで1時間くらいかな、

なぜかエステに向かう時は気持ちにゆとりが生まれて、安全運転を心掛けたり譲り合いの精神が芽生えたり、男をいろんな面から大人にしてくれます。

目印は某マツモトキヨシ。駐車場スペースに余裕があるので、そこで予約時間まで時間を潰しながらボーっとできます。

運転が面倒だという場合は電車で向かうのもオススメ。安城駅から1キロくらいだからね。

時間が来ればマンションへ、駐車場完備でそのまま乗り付け可能。いよいよ待ちに待ったご対面の時です。

ちょっと今回はドアが開く瞬間から違ったね。それはまるで眩しい光が室内から照らされているような感じ。

その理由は担当してくれるAさんがスゴイから。何がスゴイかって、チョータイプなんですよ。

長身のグラマラス体型とスケベフェイス、この時点でちょっと反応。

テンションと角度が上向き、柔らか素材のズボンを穿いてきてしまったため、モッコリがバレそうでドッキンドッキン。

服装はグレーのタイトワンピ、サイトの写真と同じ。スカートは思っていた以上にミニでした。

部屋のソファに腰掛けるとラブリーな接客に、距離が近くてキャバクラのような感じ。

太ももに置いた手がなんか際どい位置へ寄ってきているかも、チラッとAさんを見ると「ンフフとニッコリ」。

なんてエッチな受付タイムなんだと、喜ぶばかりの股間です。

コースはオイル&クロース90分、料金は指名料入れて16,000円と中々の強気設定。

しかもVIPコースも用意しているらしく、こちらは90分20,000円と跳ね上がります。

Aさんの誘惑に負けそうになりましたが、ここは舐められてはいけないとググッと踏ん張ります。

シャワー後のマッサージは定番、基本的な雰囲気で進んでいくのですが、鼠蹊部や臀部へアプローチはすんごいです。

ライン取りが深くてネットリしていて、簡単にフルボッキ。

でもね、VIPコースの出し惜しみなのか、途中で刺激が頭打ちになる部分も。ココから先はってことなのかな。

デコルテ付近になると生々しい感触に満たされます。

アレこれってまさか。そうです、ワンピースのファスナーが良識ある程度に降りているではありませんか。

谷間っていうより、本隊が中心に接近してくるので、柔らかいところがムギュンムギュン。酸素濃度薄れゆく中で、オッパイのほっぺをハムハム。

そしていつものようにドキドキタイム最終決戦へ。Aさんとの距離ができてしまい、刺激は加わっているはずなのにテンションダウン。

不思議そうなAさんと気まずい私。「こっちきて」とお願いすると「そういうことね」と、添い寝でウッフンしてくれました。

帰り際には「今度VIPコースで来てね、頑張るから」と言って見送ってもらいました。

多分また行くのではないでしょうか。マツモトキヨシの買い物ついでに。

情報局ポイント

メンズエステ『ヒーリングサロンラブリー(Healing salon Lovely)』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆