『ラックス(Lux)』体験談その1。愛知名古屋の下半身集中でゾクゾク

体験談販売ページ

人気店ランキング

快く変態に付き合ってくれる

『ラックス(Lux)』を利用した際の体験談です。

夏はタンクトップがユニフォームとなってる、30代の工場のアルバイト作業員の森です。

タンクトップは腕周りが開放的で、脇から熱を放出しやすいらしく、暑さ対策にはすんごく理にかなったものなのです。

まあ熱だけ開放してもつまらないので、私は時々心の解放にも努めることにしています。

そういう気分の時には隣の県である愛知県へと向かい、ウフフな世界を覗きます。

ジャンルは何でも来いというウェルカムタイプですが、ここのところ立て続けに選んでいるのはエステ系かな。

いろんな意味で利用しやすく、いろんな意味で満足しやすい。このバランスの良さが選ぶ理由になっているのかも。

さて愛知県といっても東へ西へと広いんで、エリア選択はとっても重要。とはいっても名古屋が定番になるんですけど。

お店選びは意外とスムーズに、インスピレーションがビビッとキタました。

それが名古屋市千種区にある『ラックス(Lux)』です。

 

『ラックス(Lux)』

 

セラピストたちもさることながら、ホームページも怪しさ満点。こういうお店は遠出するモチベーションを高めてくれます。

予約を取るため電話、通話中らしく電話がつながらない。

もう一回だけ、と少し間を置こうとした瞬間、向こうから掛かってきました。

ありがたいことですが、少し不安を感じてしまいました(冷やかしは許しません的な)。

電話対応は可もなく不可もなく。予約も何とか済ませることができ、セラピストの指名もしておきました。

電車て言う手もあるんですが、お店近くには駐車場がたくさんあるとの情報も仕入れたので車で向かいます。

約1時間程度の道のりで、ようやくナゴヤドームがお目見え。そのまま環状線を数キロ南下すればそのエリアとなります。

確かにこれでもかってくらいにパーキングがたくさん、どこでも停められて便利です。

多国籍な雰囲気を感じながら某ビルへ。迎えてくれたのが、セクシー系お姉さんのAちゃんです。

このお店のエースは君だ、と言わんばかりのナイスセラピスト。ボディラインも良い具合に山と谷が共存しています。

施術ルームはどちらかと言えばおしゃれ風ですが、清潔感は残念レベル。

そこを重要視してないとはいえ、もう少し頑張ってもらいたいというのが正直なところです。

さて今回のコースの発表です。「下半身集中デラックスリンパケア60」。なんかすごそうな雰囲気は感じますよね。

平たく言えば仰向けがメインと言うことです。料金は14,000円(指名料込)。所要時間は60分とショートです。

シャワーを浴びてから仰向け寝でスタート。もういきなり股関節へのアプローチが開始されます。

グイーッと押さえたり伸ばしたり、足を広げたり曲げたりとストレッチ&ほぐし。

ことあるごとに、キワドイところに手を当ててくるので当然勃起します。

そして、足曲げなどでは自分の体を使ってストレッチさせてくれるので、オッパイのフワフワした感触もバッチリです。

一通り終わった後は、パウダーで下半身を中心にフェザーな試み。触れるか触れないかの絶妙なタッチを20歳そこそこの女の子がマスターしているとは、そのテクニックにモッコリです。

そのフェザーで乳首もリクエストしてみると、快く変態に付き合ってくれるAちゃんでした。

そしてオイルを取出し、これまたお腹から鼠蹊部へとタラリと垂らす。玉から竿、鼠蹊部をかなりガッツリ攻めてくれます。

オイルが多すぎるのか摩擦力が弱いので、我慢できますが、もしパウダーでこれをされると多分ドエライことになる自信があります。

オイルのままフィニッシュラインを超えるのかなと思い始めた矢先に、第3の矢を放とうとするAちゃん。

メインディッシュはねっとりムース状の泡。純粋に気持ちの良いエステとなり、何事もなくタイムアップです。

刺激がだんだんとソフトになる、そんな感想を持ちました。

リベンジはする価値がありそう。今度はもう少し時間を多く取って挑みたいです。

情報局ポイント

メンズエステ『ラックス(Lux)』

セラピスト:Aさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆