『アロマ 花凛(AROMA KARIN)』体験談その2。博多のクラスのアイドル

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

幸せ度120パーセントの悶絶エステ

『アロマ 花凛(AROMA KARIN)』を利用した際の体験談です。

美人を前にすると、極度の緊張状態になってしまう33歳の佐久間です。

これまで付き合った女性は何人かは居るものの、みんなどことなく親しみのある子ばっかりです。

いわゆる美人とは縁がないというやつなのでしょうか。

やっぱり美人と縁を作るには、待っているだけでは絶対無理。そこでこちらからアプローチをかけていくことを決意したのです。

まずは手始めとばかりに、メンズエステで美人と出会うことを目的としました。

博多エリアが私の主戦場。その中でもセラピストの容姿レベルがナンバーワンとの呼び声の高い『アロマ 花凛(AROMA KARIN)』に狙いを定めます。

 

『アロマ 花凛(AROMA KARIN)』

 

確かにセラピストたちは、その美貌をプロフィール写真でちょっぴり披露してくれています。

カワイイ系の子もいれば、キレイ系の方もいる。そしてセクシー系のお姉さんも揃っているというオマケ付き。誰を選んでも後悔なんてすることはないでしょう。

予約はスムーズに済ませるのが男前の条件。コンパクトに希望時間とセラピストを伝え完了。ものの2分と掛からない早業です。

当日は私の職業である家電量販店の店員としての接客が長引いてしまい、予約時間がかなりきわどい状況になってしまいます。

こんなところできわどさはいらないと、住吉エリアへと車を飛ばします。

何とか時間10分前に駐車完了。お店への案内を仰ぎます。

普段は時間を潰しながらシミュレーションをしたりして、ドキドキ・ワクワクするのですが、今回はそんな時間なし。マンションに到着し、オートロック解除からの顔合せです。

完全に気を抜いていました。

そう、このお店のセラピストと急にご対面するのは心臓に悪い。「どきーんッ」ハートをうち抜かれた相手はMちゃんです。

とってもキュートな女の子で、プロフィールのフレコミ同様に、二次元の世界感を彷彿とさせる完成度の高いアニメキャラのよう。いい歳した私も萌え萌えキュンとなりそうです。

しかもボインちゃん、男性でもズルいといってしまうパーフェクトガールは、女性からの嫉妬も多いのではないでしょうか(大丈夫、私が盾になってあげる)。

施術ルームはセラピストに負けず劣らずのスタイリッシュ空間。私的には設備面にこだわることはありませんが、自分の部屋作りの参考にしたいくらいです。

ソファーの座り心地も中々で、ウエルカムドリンクとアンケート用紙に記入。Mちゃんの視線がキラキラ、そんなに見つめられると溶けてしまいそうです。

コースの確認を受け支払いへ90分コースが12,000円、指名料が1,000円ですが、キャンペーンの力を借りて1,000円引き。なんと12,000円と激安料金です。

「少しお待ちください」とMちゃん退室。シャワーの準備がなされます。

おかげで使い方に悩むことなく、汚れた体を一掃できました。

いよいよマッサージタイム。手つきが女の子らしくてすこぶる良い。

グイのグイのグイ―ッと、カワイイストレッチと指圧です。

ちょっぴりお話なんかも楽しんでみたりして、クラスのアイドルを独り占めにしている感じです。

Mちゃん、実は親しみやすい性格の持ち主で、過度な緊張もなくいい具合に美人に慣れてきたのかなあと自信もつきました。

そろそろお時間も経ってきたことからマッサージ自体がキワキワへ。指が一本また一本と深くなるにつれ、メンズエステ独特の緊張感が生まれます。

サイドを掠ったり、指が袋に食い込んだりと頑張ってくれていました。

仰向けでは、お顔とお顔が急接近することも。見つめきれない小心者の私。後からすこぶる後悔した出来事です。

でも所どころで胸の柔らかさに癒されたので、結果オーライとしておきましょう。

しっかりラストにキワキワタイムも残してくれているので、幸せ度120パーセントの悶絶エステでゲームセットです。

無駄に結果を求めるよりもこれくらいが丁度良い。ただ、もう少し美人とのリハビリは必要と感じたのでリピさせていただきます。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマ 花凛(AROMA KARIN)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆