『カリーナ(CARINA)』体験談その2。博多駅前の究極の癒やし

体験談販売ページ

人気店ランキング

グイングインとヒット&スクリューの集中攻撃

『カリーナ(CARINA)』を利用した際の体験談です。

35歳でフリーターの星野です。

福岡のメンズエステはとにかく多いというのが私の印象。そのため、一回利用したっきりご無沙汰になるということも少なくありません。

実際毎月のように利用している私ですが、通っているお店はほんの数店。片手の指で納まってしまうくらいなのです。

アルバイトという身分から経済的理由というのもありますが、ビビッと反応させてくれたり趣味に合うような楽しい思いをさせてくれるところは、選抜されてくるということなのでしょう。

そんな私が新たに通いたくなるお店を発見。今回の利用が2回目となり、一体どんな変化があったのかをレポートしてみようかと思います。

お店は『カリーナ(CARINA)』。セラピストは1人だけという個人店。まさに本当の意味での1対1の状況下でエステが受けられるメンズエステの最強形態です。

 

『カリーナ(CARINA)』

 

セラピストの「ほしの明日花ちゃん」も極上で、男性なら必ず惹きつけられるであろう超巨乳とカワイイ表情を持ち合わせています。

接客の方も個人店ならではのきめ細かく、きちんとしたマナー持って接してくれるので、初めて利用した時はとてもかしこまってしまったのを覚えています。

そんなこちらにも難点が無いわけではありません。

そのひとつが予約が非常に困難であること。ホント少し悠長に過ごしていただけで、いつの間にか予約完売。明日行こうと思っていたのが、一週間後になるなんてこともありそうなのです。

したがって私が身に着けた技術が事前予約。当日に願い出るなど持ってのほかです。

そんなこんなで少し時間が遅くなったものの、無事完了しました。

場所は博多駅前1丁目。一度行っているのでそれほど迷うことはなくマンション前に到着します。

少し早くついたので近場のコンビニで時間つぶし(これも前と変わらないかも)。自然とルーティーンにハマってしまいます。そろそろと思い伺いを立てレッツゴー。

出会うなり明日花ちゃんは「お久しぶりです」。こんな冴えない私を覚えておいてくれました。

スタイルの方も顔がゆるむスーパーセクシー。よく妄想に出てくる明日花ちゃん、実物は遥か高みに位置していました。

お茶と軽い思い出話し、そして支払い15,000円(90分のまったり癒しコース指名料なし)です。

シャワーなどもテキパキ用意してたり、体を拭いてくれたりと、至れり尽くせりの流れとなりました。

そして横になりついに始まり、果たして今回はどうなるのか。

最初の利用時は私が緊張してしまい、ほとんど会話することができなかったので、今回は少し頑張りました。

私主導というわけでなく明日花ちゃんの問いかけに応える感じ。その隙を縫って質問返し。女性に免疫の少ない私からすると結構頑張った方です。

そんな会話が功を奏したのか、前回よりも少し明日花ちゃんとの距離が近くなってきた感じがします。

精神的にも物理的にもエステ的にもです(メンズエステってスキンシップの意味合いがあるので結構覚えているモノ)。

序盤の脚の付け根や、お尻のラインもセンターを意識するライン取り。その深さの副産物として明日花ちゃんのボインが時折触れてきます。

離れる時、多分ですがブルンッといった揺れが伝わってくるのが、かなり妄想を加速させるのでした。

腰や背中などもしっかりほぐしてもらい肩周りに。頭の上に来るのですが、そこから一気に腰までストロークする瞬間、頭には太ももとボインの感触が密着。

顔が枕に押し付けられ、いろんな意味で鼻血ブーです。

仰向けではどうなるか。こちらも当たりますが少し控えめ。「まあしょうがないか」と思いクライマックスへ。

こちらも前回以上にディープさアップ。グイングインとヒット&スクリューの集中攻撃。その様子を頭を上げてみてみるとムスコはとても喜んでおりました。

ヌキまではいかないまでも初回より前進が見られたので、これからますます通ってしまいそうな気分です。

情報局ポイント

メンズエステ『カリーナ(CARINA)』

セラピスト:ほしの明日花さん

男の情報局オススメ度:★★★★☆