『アロマクラブ 風薫る(Luxury aroma風薫る2018)』体験談その1。博多駅前のゾクゾクアプローチ

体験談販売ページ

後世に残しておきたい施術

『アロマクラブ 風薫る(Luxury aroma風薫る2018)』を利用した際の体験談です。

一日一本のガリガリ君が欠かせなくなった40歳。福岡県内ホームセンターに勤務する、若いつもりの井上です。

ここ数年のあまりの夏の暑さに、約数十年ぶりに体がアイスを欲するようになるという、人体の不思議を体感しています。

安上がりな日課なので、いろいろ助かっていますが。

そして忘れてはならない私の活動が、リラクゼーション系のお店に行くこと。こちらも数年前から欠かせない日課のひとつ。アイスほど頻繁ていう訳じゃないですが(毎日だと破産しちゃう)。

そしてちょっくら顔出ししてきたのが、カッコいいネーミングの『アロマクラブ 風薫る(Luxury aroma風薫る2018)』

 

『アロマクラブ 風薫る(Luxury aroma風薫る2018)』

 

キャッチコピーみたいで、店名に西暦表示が入っているところが何か独特。年が変わったらどうするのだろうと心配してみたりして。

店名に誘われたっているのもあるけど、やっぱりセラピスト陣のイケてる女性だからこそ放つ、セクシー美女オーラが紹介ページに満ちていたんです。

どの子もよさそう。ホント珍しい現象に悩まされること数日、解決策はフリーで入ること。

こんな簡単な方法も思いつかないのは美女の魔力か、それとも年齢からくる思考の衰えか、前者であることを強く望みます。

お電話差し上げると、感じよく対応してくれたスタッフの方。「ご指名は大丈夫ですか」なんて聞いてくれましたが「すべてお任せします」「わかりました」て返しに力が籠っておりました。

場所は県内屈指の繁華街である博多駅前、アクセスに不自由することはありません。

一応地元民なんで車で向かい、パーキングへと駐車。

久しぶりの博多の街なんでいろいろみて回りたかったのですが、約束の時間が迫っていたので真っ直ぐ指定のマンションへ向かいます。

メンズエステ遅れるとキャンセルになってしまったり、遅れた分だけタイマーがカウントされるってことがあるので時間厳守は絶対。

そしてセラピストとご対面。そこに立っていたのは、20代半ばのスレンダーなTちゃんです。

ルックスは悪くないけど、なんとなく夜行性の匂いがして苦手なタイプです。

でも意外とそれが良かったのか緊張の度合いが少なく、妙に会話がスムーズにできる。

もしかして相性が良いかもと、新たな自分を見た気がします。

部屋はとってもシンプルで、棚とか観葉植物、間接照明などが並んでいる。掃除しやすいのか、清潔感もまずまずでした。

歓迎された後は、90分コース12,000円を払ってスタートです。

なお初回のキャンペーンで1,000円オフか、10分サービスか究極の二択があり、10分サービスを頂きました。

マッサージはどこにでもある足からの流れ。経験者ならではの、指先に力が入った中々の手わざです。

おかげさまでキワキワには一歩深く感じさせてくれ、ニョキニョキ成長。

しかしこれで許してくれないTちゃん。指先から伝わる「もっとでしょ」ってS的サインが、さらに成長ホルモンを分泌させてくれました。

「はい、じゃあ横向きです」ぎこちない私の動きに「こうして、こうです」と、手取り足取りのTちゃん。見た目とは違って献身的ではありませんか。

横向きは、かなりきますね。ワキからV、股からV。アプローチにゾクゾクするのですが、それよりも接触率が高い。

重力に負け、ポジションも定まらないので、そういうことが多発するのでしょうか。

また密着も強めで、ギュッと抱き着かれる感じ。スレンダーと思い込んでたTちゃん、実は結構ボリューミーでした。

その後、後世に残しておきたい施術が膝枕かな。

まるで生まれた場所へと帰ろうとするかのような逆膝枕、太ももを全面に感じでムフフ。

仰向けになってからもメンエス的。手のマッサでの押し当ては見事なもので、指の運動不足が解消。鼠径ではグルングルンと手の平刺激が決め手となりフィニッシュ。

安さと安定感のある内容は好感度高め、これなら再突入もありです。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマクラブ 風薫る(Luxury aroma風薫る2018)』

セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆