『ミラヴィ(MIRAVI)』体験談その3。福岡博多駅前で美女に急接近

体験談販売ページ

人気店ランキング

喜ばせるラインを見事なまでにトレースしてくる

『ミラヴィ(MIRAVI)』を利用した際の体験談です。

この頃ふと足を運ぶのは博多駅前の人参公園。気が付くと、とあるマンションの一室でマッサージを受けていたりする、30代のタイヤショップの店員の西尾です。

なぜこのような状況になってしまうのかは、皆さんの方が詳しいかもしれませんが、一応発表しておきましょう。

人参公園を中心にマンションが密集。そしてそのマンションの多くにルーム型のメンズエステが入っているというわけですね。

セラピストを目指す女の子と、オイルが大好きな男の子たちが集まってくる聖地として存在しています。

私も駆け出しオイル男子ながら、こういったときはココ、こんな気持ちの時はアソコなんて、気分によって使い分けております。

この前は街で見かけたカップルの彼女の方が飛びっきりの美人。しかも目が合うと軽く微笑んでくるではありませんか。

湧き上がる悶々とした気持ちを鎮めるべく向かったのは、美人揃いで有名な『ミラヴィ(MIRAVI)』です。

 

『ミラヴィ(MIRAVI)』

 

ホームページを見てもらうと分かりますが、美女オーラが充満してるんです。

当たりはずれなんてあるわけない、だって当たりだけだからと核心を持って予約を取りました。

「一本でも人参」と口ずさみながら、公園で一休み。時間を見計らい、オートロックと部屋での2回のピンポンを無事こなし、ご対面が許されます。

そこにいたのは、あれまーと子犬以上のキャワイイさを持つセラピストのYちゃん。

こんな子実在するんだと、あまりの非日常に地に足がつかない感じ。階段もないのに天井に頭をぶつけてしまうくらいに浮かれてしまいました。

ブ男を愛おしそうに見つめる潤んだ瞳にカワイイリアクション、懐にスッと入り込んでくる天性の距離感。思わず「何か欲しいものでもあるの」と聞いてしまいそう。

さらにお洋服は可愛らしさの中にあるエロスも表現、デレデレではなくデヘデヘの受付です。

そして支払いなんですけど、セラピストのランクによって料金が少し違ってきます。

Yちゃんは堂々のプラチナム。上はレジェンドだけという上位に位置するセラピストです。

したがって90分コースが16,000円と少し割高ですが、こちらのお店は指名料ナシという画期的なシステムを採用しているため、それほど高くは感じないミラヴィトリックが隠されています。

シャワーを浴びて部屋へと戻ると、近づいてくるYちゃん。

一瞬告白されるのかと思ってしまう、モテ期を知らない私。頷けばいいのかな「うん、わかった」と自分に言い聞かせると。

Yちゃんは「タオル取りますね」「うつ伏せになってください」。なぜか軽いハートブレイクと共に伏せをしてしまう従順な私でした。

そのまま軽めのほぐし。タオル越しでも伝わる手の平の温かさがイイ。「心もあったかいんだから」って突っ込まれそうですが。

オイルに入りまたビックリ、Yちゃんのきめ細かい肌質が如何なく発揮されます。

オイルマッサージをするために生まれてきたような肌質、密かにベビースキンと名付けておきましょう。

きめ細やかさから肌に吸い付いてくる感触が純粋に気持ちよくクセになる。キワキワをさせるにはあまりにももったいない気分ですが、鏡に映ったセクシーポーズに軌道修正を余儀なくされます。

カエルさんになってから始まる鼠蹊部ディープ。「知ってる、コイツッゥ」喜ばせるラインを見事なまでにトレースしてくる。

ハフハフしてる私を見て、いたずらっぽく「どうかされました」「んっ」。はいもうすでに反則的カワイイさですね。

いろいろあった伏せから仰向けへ、セカンドご対面。常時近距離に赤面必至の状況下。

しかしより赤面させようと、ナチュラル・モテ・SモードのYちゃんに「スイマセン、ギブアップさせてください」と耐え切れなくなる私です。

あー二人っきりっでよかった。

情報局ポイント

メンズエステ『ミラヴィ(MIRAVI)』

セラピスト:Yさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆