『ミセス夢心地』体験談その1。博多駅前で熟女の理想形に出会う

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

愛情と色気を込めた濃厚なおさわり

『ミセス夢心地』を利用した際の体験談です。

サラリーマンをしている塚田です。

すこし前の小話をひとつ、それは寒さから少し暖かい兆しが見え始めたころでした。

アウターを一枚脱ぎ身軽になった私は、気持ちまでオープンになった気がして、さらけ出したい欲望を抱くのでした。

とはいっても30代後半と、いい大人なので法に触れることは避けなければいけない。コンプライアンス主導のサラリーマンだからです。

そして解放という意味では、これ以上ない選択肢として選んだのがメンズエステ。

系統は駆け引きも柔らかめなマダム系、福岡区住吉にある『ミセス夢心地』です。

 

『ミセス夢心地』

 

ホームページも無駄な脚色をしないシンプル系。しかしどことなく漂ってくる、エレガントな雰囲気が好印象。

セラピストは30代、40代超えたくらいが中心、年齢的にも私とピッタリな世代。

同世代ならではのシンクロもありそう、そんな期待に満ち溢れておりました。

お目当てのセラピストが居たので、それに合わせて予約を取ります。

電話対応はサバサバ。フライング気味に営業時間前に電話してしまいましたが、すぐにリターンを頂き感謝です。

住吉エリアまでのアクセスは、キャナルシティを目印にしておけばOK。時間までは、那珂川沿いの清流公園で黄昏れるのもいい方法です。

マンションはテレビ九州の近くなので、そこから連絡入れると誘導してくれます。

まあまあいいマンションで、こんにちはとピンポンするとゆっくり開かれるドア。そこにいたのはSさんです。

雰囲気はリアル近所の奥さん、スタイルはムッチリしたガッチリ系、私が思う熟女の理想形であります。

施術ルームはとにかくシンプルで、マッサージのためだけにある部屋って感じ。「床の用意ができております」て言われているみたいです。

照明は暗めな設定。落ち着くと言えばそうだし、暗すぎると言えばそうでもある。これってどっちがいいのかな、好みに分かれるでしょうね。

Sさんの服装はリラクゼーションエステの感じで色気は抑えめ、女性的可愛らしさを意識したものです。

若干スカートの丈が短く感じて、太ももが艶めかしい。暗がりに乗じてジロジロ視線を向けました。

コースはお試し的に90分、料金は指名料を入れて11,000円とマダム系ならではのありがた価格。

脱いでからシャワー、装着、バスルームから出ると、待っていてくれるおもてなしも受けました。

そのままマットにうつ伏せに、全身マッサージからのスタートです。

店名と同じく、心地よい力加減でじっくり揉みほぐしてくれた後は、オイルではなくパウダーでのマッサージが始まります。

振りかけてサワサワ、指先のフェザータッチが活きるパウダープレイ。

確かに色っぽいですが、手の平でのアプローチが若干少なくなるのが残念ポイントかな(Sさんの手の平は気持ちよさそうだったから)。

鼠径に潜らせてくるターンでは、なるほどそうですかと納得のアプローチ。

イヤイヤ、プロフィールで感じたとおりに愛情と色気を込めた濃厚なおさわりをしてくれます。

紙パンツにもモゾモゾしながら忍ばせてきて、当然ムスコも触ってくる。チンチロリンと根元から亀頭へと優しく刺激してくれると、タラリと込み上げてくる感覚に。

十分にキワを攻められた後は、頭上からの背中です。

ムッチリ太ももと暗がりが邪魔をして、スカートの奥が見えない。でもそれだけにジックリ拝めるというもの。立ち上がる一瞬を見逃さずに、白い光を捉えていたのは秘密にしておきましょう。

仰向けになるとオイルも交えてきます。

足はスムーズに、上半身は円を描くように中々悪くない手つきです。

おさわりに挑んだのは、最終的な鼠蹊部に入ってから。何気にお許し力が高く、もっと初めから触っておけばとチョット後悔。

誤爆を誘う濃厚さはありましたが、惜しくもタイムアップで終了です。

リピートしたかったのですが、タイミングの加減で機会に恵まれず、それっきり現在に至っております。

情報局ポイント

メンズエステ『ミセス夢心地』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆