『アロマ ピクシー(PIXY)』体験談その1。博多天神の少しディープなご案内

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

あんなところやこんなところにグイグイ

『アロマ ピクシー(PIXY)』を利用した際の体験談です。

たまにはメンズエステも、王道より邪道を攻めたくなるのが男心というものです。

「どこかでディープな香りを漂わせてるところはないだろか」と検索に勤しんでいた、30代のホームセンターの資材売り場担当の三好です。

香る香るぞココは、と思わせてくれた福岡市内のメンズエステ店は『アロマ ピクシー(PIXY)』。さりげなくファンタジックな名前をゲットしています。

 

『アロマ ピクシー(PIXY)』

 

ホームページは一応存在してはいるものの、非常に簡素的。

メニュー表があって、セラピストの紹介欄があって、お店のウリと求人情報がちょこっとという感じです。

でも電話番号はデカデカと表示されていたので、ピポッとプッシュしやすかったです。

どうなることやらと予約の電話を入れると、これはこれでアリなんじゃないのか。電話番のスタッフの対応は好感の持てるもので、お店に抱くイメージが変わった瞬間です。

「セラピストはどうしますか」「初回指名料無料です」なんてことも提案してくれ、特にチェックしてなかったので「ウマい方でお願いします」とだけ伝えました。

仕事をあがって向かったのは天神エリア、天神と名の付く駅はすべてが最寄駅。

大通りを南下し、ちょこっと入り組んだエリアに佇んでいるマンションがお店となります。

パーキングは結構周辺にありますが、何せ道が狭いので、早めに決着をつけるのが車の場合はオススメです。

コールを入れて、いざ出陣。お出迎えしてくれたのはKさん。

おっちょこちょいとよく言われるらしいのですが、見た目はしっかり者のお姉さんという感じです(強めです)。

女性専用サロンでの経歴があるようで、接客もきちんとしておりました。

変にスケベさを出さずに接してくれるのは、メンズエステではムッツリ要素に繋がってくるので私としてはマルです。

簡単な要望を伝える時など「この辺り」と表現しながら、下腹部から鼠径エリアに手を這わせてみる。

軽くニヤリと笑みをみせる辺りに、理解力の高さを匂わすKさんです。

コースはいろいろあって、予約時の申告後も融通を利かせてくれるもよう。まずは最初なので、一押しとされる「ピクシーコース」にしました。

70分コースで料金は10,000円ポッキリです。シャワーを浴びて、紙パンツに納まる分だけ納め、部屋に戻ります。

オッとそこに居たのは、エロスな露出を増したKさん。衣装チェンジありだったのです。

マッサージはうつ伏せから、もともとその道のプロなのでとにかくお上手。

メンズエステでこのレベルのマッサージが受けられるのはある意味お得。健全な入りでも、衣装はメンエスなのでそのうちあるだろうと安心感もあります。

第一回のキワキワ、やっぱりきちんとしたアプローチなんです。

いわゆる鼠径リンパのマッサージ、股関節の滞りを改善させてくれます。深さもモチロンあるので、あんなところやこんなところにグイグイ遠慮なく手が当たる。

メンエス的手つきも指先に表われ、亀頭や竿の根元、玉袋を絡めるように来るんです。

とっても気持ちいいので腰が浮くと、Kさんの肌に体が触れてしまう。

アッとビックリすると、それがピクピクな反応に思えたようで「気持ちいいですか」なんて囁いてくれます。

でもね70分コースなんで悠長なことはやってられず、駆け足となるマッサージ。

あっという間に仰向けになり、そこからは集中的な鼠蹊部へのホニャララ。

かなり直線的なアプローチ。まあそこまでしてもらってどうこう言うのはワガママですが、もう少しエステティックに責めてもらいたかったというのが本心です。

リピートに関しては、賛否分かれるところでしょうが意外とありなのではないでしょうか。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマ ピクシー(PIXY)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆