『ラピス(Rapis)』体験談その1。博多の出張エステは熟女専門店

体験談販売ページ

人気店ランキング

マッサージが色っぽく変化

『ラピス(Rapis)』を利用した際の体験談です。

せっかくの博多出張も、忙しさの余り只々仕事に追われるだけの日常が続き、楽しそうな街を満喫するってことが中々叶いませんでした。

ランチに、博多ならではの美味しいものをいくつか食べれたので「まっいいか」と、ホテルでしんみり思い出に浸るアラフォーサラリーマンの高木です。

ポーッと過ごす中で、マッサージはどうだろうとひらめき、出遅れ感があったため、セラピストがホントに捉まりませんでしたが『ラピス(Rapis)』てお店がオーケーしてくれたのです。

 

『ラピス(Rapis)』

 

30代のミセス系のマッサージ店で、セラピストのプロフ写真はどことなく分かりづらい。掲載されてないケースもあって不安は高まるものの、後戻り不可の状況にあきらめました。

博多発のお店なので、博多エリアのホテルだとすぐに来るかと思いきや、到着は予想に反して大幅に遅れました。

こういうのはしょうがないのかな、いろいろ準備があるからね。

準備ってなんだーッ。まさかシャワーを浴びてたりして、ちょっとエロい妄想で待ち時間を楽しめる私は成熟してきたのかも。

そうこうしているしている内に、到着の気配が。お迎えに上がってご対面、上品系のオバサンといった雰囲気を醸し出してるMさんです。

アラフォーくらいに見える女性です。

テンションは若干低めなので、遅くなった理由を聞いてみようかなと思っていましたが、空気を呼んで却下。さらにキレられたら怖いもんね。

接客もサバサバと、コースどうされますかてな感じです。

まずは90分コース(10,000円)で様子見。ホームページにはオプション関係の記載もありましたが、特別な提案を受けることなく受け付けは完了します。

もしかして私のこと嫌な客だと思ってるのか、着替えている時にふとそんなことが頭をよぎり凹みがちに。Mさんの準備を待ちました。

「どうぞ、こちらへ」と一向にテンションが上がらない案内。ここはサラリーマンの本領とばかりに腰を低く低姿勢で「どうもッ」と横になるのでした。

そうだ、会話を増やしたいと「うつ伏せですか」と聞いてみると「ハイ、そうですね」そんな感じですね。

マッサージの開演は指圧から。背中から腰、お尻、脚と、全身を揉みほぐしていきます。

腰やお尻の付近では、ユサユサと揺さぶられるマッサージならではのアレがあり、アソコがベッドに擦れて軽めに勃起です。

所々にストレッチのようなものもあり、マッサージ力は非常に高めです。

この入りは確実に体の疲れは癒えそうですが、期待しているナニカは多分不可能に近いのではと言えそうです。

そして丁寧にほぐされた後はオイルに入っていきます。

こちらも同様にウマいです。指圧の心得があるように力が伝わってきます。

そして太ももへ。シュワッ、ショワッ、スワッと、着実に太ももの間に指先が潜り込んでくる。

このこじ開けられてるのがちょっとエッチ。しかもキワも深く、玉の裏側などイイところに当たります。

少し指先が袋のシワに引っ掛かったことで、私はつい「あっ」と声を。

この声がスタートの合図だったのか、マッサージが色っぽく変化します。

明らかに手の使い方が違う、いろんな面を使いながら竿に対して当ててくる。

私も喜びを腰ふりダンスで表現し、話しの流れでこんな話題が。

どの辺りが好きかというような言葉、迷わず口から出るのはあの部分。

そこからは鼠径部への集中プレイが始まり、仰向け施術一本です。

Mさんの手わざと、股間に急接近するお顔を見ながら、生暖かいオイルの感触の中で頭の中もふわふわに。

マッサージ効果と思わぬ発展性に興奮したのか、想定よりも多めに感じてしまいMさんも苦笑いです。

急展開はよかったですが、始めから求められればもっと安心感がありそうだと感じました。

情報局ポイント

メンズエステ『ラピス(Rapis)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆