『淑女サロン(SHUKUJO SALON)』体験談その1。博多駅前の安定のゾクゾク感

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

オイルで円を描くようにクインクイン

『淑女サロン(SHUKUJO SALON)』を利用した際の体験談です。

薄着女性に見惚れてしまう季節になって、街を歩くのが少し楽しい今日この頃です。

こんにちは、福岡市内のスケベなアダルト系書店で働く30代の宮崎です。

この間、ひとりで熟女がご来店。お色気を振りまきながら店内を物色、他の男性客の視線を集めておりました。

中にはその熟女に付いて行くお客様もみられ、店内は只ならぬ空気が漂っておりました。

多分思わぬサプライズで、男性客の方は興奮したことでしょう。

あれから数日の間、店内は熟女目的と思われる方で賑わっておりましたが、結局のところ現れておりません。

そして何を隠そう、私も興奮してしまったひとり。とにかく熟女とお近づきになりたい欲求が膨れ上がり、あるメンズエステにトライです。

ちょっと怪しげに『淑女サロン(SHUKUJO SALON)』。場末感は否めませんが、ソレこそがまさに求めている世界感、ムラムラ増強中です。

 

『淑女サロン(SHUKUJO SALON)』

 

お店のホームページに掲載されているセラピストの画像、年齢は公表されていますがスリーサイズは秘密。でもなぜかバストのカップ数は確認できるようになっています(見逃しません、アンテナビンビンだから)。

誰が良いかな、淑女を選ぶのは経験が左右します。

一時の欲求だけでは下手を踏む、難しい選択となりましたが、ひとり選ぶことができました。

そうそう初回の指名料は無料なので、みなさんもご遠慮なく。

アクセスはホームページに記載なし。不安がありながらも予約をすれば教えてくれるシステムです。

博多駅前の消防署が目印になるのかな、そこから誘導を受けルームに到着。

ワンルームマンションはいろんな意味で都合がいいですね。発表の瞬間です。

私が指名したのはHサン。アラフォーセラピ独特の色気とスタイリッシュな雰囲気、程よい清潔感の持ち主です。

お洋服の方は薄手のミニ白衣。体のラインが結構強調され、柔らかさも伝わってくる生地でした。

部屋はなんというか、寝室風。横になって過ごすにはピッタリであります。

寝床は二人で寝転がると丁度いい広さで、「もしかしてそこまでアルの」と想像してしまいます。

120分13,000円(鼠蹊部オプション込み)。良い感じのリーズナブルさに、財布の紐も緩みます。

シャワータイムは、ちょこっと一緒にジャブジャブ。「そこマッサージしちゃうよ」ってところを洗ってもらいました。

マッサージは仰向けほぐしからだったかな。結構際どいところもタオルの上からモミモミ、明らかに元気にさせようというようなアプローチです。

直揉みではないものの、ドライの場合擦れ感が強く、十分な刺激が伝わってきます。

じゃあオイル始めますは、うつ伏せになってから。触り方が色っぽいので、普通にふくらはぎや太ももでもいい気分に。

そしてデリケートなVIOには深く踏み込んでくる。お尻を丸裸にされ、ひと撫で。

オイルで円を描くようにクインクインした後は、自然の摂理の如く、お尻の割れ目に沿ってOからIへ。

Oの弄り方が手慣れていて、モゾモゾ・ゾクゾクと反応してしまいます。

サポート付きでカエルへ変形。思いっきり来るのかと思いきや、ここは焦らずゆっくり焦らす。

もどかしいのに嫌な気がしない、それは絶対に来るとわかっている安心感があるから。

この焦らしを楽しめるのは、Hサンの実力でしょう。

そしてグイィーと腕まで潜りこませてセンターを通り越す勢い。絡めて握ってなぎ倒してと、見えないところでヤリタイ放題のマッサージに「も・ん・ぜ・つ」。

かなり満足度が高く、おさわりが無くても良いと思うくらい。

でも誘ってるんです、パンチラが表情が。

女性に恥をかかせるサイテー野郎には成り下がりたくない私は、秘密のスポットヘ手を伸ばしていきます。

ダメだけど抵抗しないし拒否もしない、そのままのやり取りで栄光のゴールテープを切りました。

情報局ポイント

メンズエステ『淑女サロン(SHUKUJO SALON)』

セラピスト:Hさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆