『恋ZUMA(コイズマ)』体験談その1。北海道札幌の癖になるテクと可愛い反応にドキッ

オススメのお店

大阪

オススメのお店ーエムズスイート
オススメのお店ーお姉さんと妹の部屋
オススメのお店ーシュプール

オススメのお店ーミセスサラ

無料案内所

体験談販売ページ

ガチオススメ販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

アソコがドンドン気持ちよい方向へ

『恋ZUMA(コイズマ)』を利用した際の体験談です。

アダルトDVDはちゃんと店舗でディスクを買う派の、40代ダンプの運転手の山崎です。

物品を購入することで業界衰退を少しでも防げれたらいいなあ、なんてね。ネットでアダルト動画を見るってことに疎いわけじゃないと強がってみたりして。

今風の男として、メンズエステにもちょこちょこ顔も出しています。この前行ってきたのは『恋ZUMA(コイズマ)』ってところ、HPにアクセスすると某店のリニューアル店みたいだね。

『恋ZUMA(コイズマ)』

URLの表示にそんなテイストをかんじてしまいました。特徴は30代以上のアダルト世代のお店。もちろん40代のセラピストも充実してるので、同世代を好みたい派の私としては願ってもない展開ですね。

予約しとこうと思って電話、「ハイもしもし」をしてくれたのは気さくな女性スタッフでした。夜の時間帯ならどこでもOKだったらしく「お好きな時間でいいですよ」だって。

アクセスは札幌の中心部から国道を北上して10分ほど、麻生球場が見えてくればもうすぐです。

新琴似駅前にコインパーキングがあるのでそこに駐車し、徒歩で3分くらい。住宅街に佇むマンションをみつけましょう。

生活感のあるエリアなので昼間は少しドキドキするかも、夜だったので別の意味でドキドキ。部屋の呼び鈴を押せばセラピストSさんが現れました。

40代半ばの色白熟女、程よくムッチリな肉感もあってエロオーラ強め。ミニとパンストがお気にポイント。見た目は過去はブイブイ言わせてたかもと思うクォーター風。

90年代風の名残を残すワンルーム、定番のマットが中央に敷かれています。ここまでメインにされるのも変な気持ちになるかな。

部屋は広めなのにバスルームは窮屈、これは設計の問題か。Sさんの雰囲気はオープン的で、自虐気味に「おどろいた?」みたいな問いかけも。

「全然そんなことないです、色っぽくて」とムチッと太ももに手を伸ばすと、すんなり受け。開こうとすると手を添え、ダメポーズで「ンフフ」。

コースはVIP100分11,000円と健全相場はありがたや~。脱衣サポートもあって「ちょっとだけよ~」そしてシャワー。

部屋に戻って電気がついてる、このまま始まったらどうしよう。期待と不安が混じり合うもスパッと落ちてゆく照明でした。

ポッと切り替わった間接照明には、残念と良かったという感情。マッサージは普通に技術あり。ほぐしは長めでも、お尻の時などの手つきでSさんの思惑が伝わるので、任せてられる感じです。

オイルは意表をついて上半身から。背中に万遍なく塗られ、首筋までしっかり押してくれます。腰辺りなどは絶妙の力加減で良い気持ちよさ、合わせてお尻も先走りオイル。

何とも平和的な展開で、そろそろ色気も欲しくなる頃合い。無理な体勢とは分かっていても後ろを振り返らずにはいられない。キワド~ク見える太もも、眺めてるだけでもねえ。

さらに無理してサワサワッ。手触りヨシ、Sさんの感触も悪くないようです。そしてカエル脚、鼠蹊部を丹念にほぐしてから濃度を上げてくる手法。

一旦上がれば、そこはオイルでごった返してまして腰が浮いちゃう。浮かせれば奥へ奥へと手が入ってくる、理解力の高いセラピです。

四つん這いもしてくれましたね。暴走気味にアナルをツンツン、ズズッ。私も悪いんです、敏感な反応を見せるから。

勢い余ってとはなりませんが、この時以降お尻の刺激がクセになったカモ。仰向けではスケベのレッテルを張られながらも、タッチを許容してくれるSさん。マッサージに支障がない程度だったんですがね。

「マッサージ出来な~いぃ」なテンション出ちゃってました。そうしている間に残り時間数分、鼠蹊部を中心にマッサージしてくれるため、アソコがドンドン気持ちよい方向へ。

途中、シュコッシュコシュコっと駆け抜けるような握りを見せてくれるも、ハイそこまでッ。もしかしてお願いすればよかったのかも。まあ安いしお色気も高いので、再訪してもいいと思います。

情報局ポイント

メンズエステ『恋ZUMA(コイズマ)』
セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

無料案内所

体験談販売ページ

ガチオススメ販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

ソクセらバナー