メンズエステで抜いて欲しい時って言えばいいの?

体験談販売ページ

こんにちは、管理人です。

メンズエステの醍醐味って可愛い女の子との密着やトーク、マッサージの気持ちよさと色々ありますよね。

マッサージは気持ちよさもありますが、受けているうちに興奮をしてきて抜いてほしい!と思ってしまうこともあると思います。

メンズエステの良さはセラピストの女の子に癒やされるという楽しみもありますが「抜いてくれるのか」というドキドキ感も1つの楽しみです。

ネットの体験談ブログや掲示板サイトを見ていると「この子は抜いてくれた」「この子は梨嬢」(梨嬢というのは「無しの女の子」という意味)という書き込みを多くみます。

シチュエーション的に男なら誰しもついつい期待してしまいますよね笑

そんな中、ふと思いませんか?

「抜いてほしいという事を伝えれば抜いてくれるのかな」

抜いてっていうのは恥ずかしいですし、勇気が必要ですよね。

でも抜いてくれなかった時に言わなかったからかなと落ち込む時もあると思います。

今回は抜いてと言うべきか、どういうタイミングで言うのかについて解説します。

抜いてと言えば抜いてくれるのか

結論から言うと「抜いてくれる可能性は低い」です。

というのも、抜いてくれる女の子は言わなくても抜いてくれるし、抜いてくれない女の子は言っても抜いてくれないからです。

トークが上手な人であれば抜いてくれる可能性があるかもしれませんが、抜きをしないセラピストは最初から「抜きはしない」と決めているので、これを変えるのは難しいんですよね。

何回か通うことで抜いてくれる可能性もありますが、仲良くなればなるほど「抜いて」というのは恥ずかしくなるので、言いにくくなるかもしれません。

ですので、メンズエステで抜きをしてくれる女の子を見つけたい場合は、最初から何も言わずに抜いてくれる女の子を探した方がいいです。

当ブログでもオススメのお店などの情報を載せているので、是非参考にしてみてください。

 

 

抜いてほしいとどういうタイミングで言うべきか

ただ、中には「抜いてほしい」と伝えたり、アピールすることで抜いてくれる場合もあります。

そういう時は女の子側からサインを出してくれていることが多くあります。

100%抜いてくれる、というわけではありませんが、このサインを出してくれることで、抜いてくれる可能性が少し出来るようになります。

そのサインとは「もう少しで時間です」と言ってくれる時です。

これは親切で言ってくれる事もあれば、サインとして言ってくれる時もあります。

これを言ってくれた後に「最後にほぐして欲しい場所はありますか?」などと聞かれたら「鼠径部!」ということを言うと抜いてくれる時もあります。

中には「少し貰えるならしてあげるよ」と言う女の子もいるので、その場合は価格を確認して判断です。

相場は特になく、女の子によっては「あなたが決めて」という子もいれば「1万円で」という子もいます。

1万円はさすがに高いので僕なら断りますが、安かったらお願いしてもいいかなと思います。

金額は自由で、と言われると安くしたいのが本音ですが、安すぎると女の子にも失礼になるので、払える金額を言ってあげればいいです。

この時までに仲良くなれば、ある程度安い金額でもOKを貰える可能性があるので、マッサージ中は仲良くなることを意識すると後々得をするかもしれませんね。

無理に言わないように気をつける

抜いてほしいという気持ちは多くの男性なら持っていると思います。

ですが、基本的に抜くという行為はダメですので、誤爆くらいがメンズエステの限界だと思った方がいいです。

それでも、どうしても抜いてほしいからと「抜いてくれ」としつこく女の子に言うと出禁になる可能性もあるので気をつけてください。

セラピストの女の子と仲良くなると、そんな話しも聞かせてくれるのですが、出禁になっている人は結構いるみたいです。

興奮してしまってセラピストに抱きついてしまった、抜きを強要した、セラピストにしつこく触ってしまった、しつこく連絡先を聞く、など。

このような行為はホームページなどにもNG行為として書かれているので、しつこくしてしまえば出禁になることはあります。

出禁になってしまうと、せっかくお気に入りのセラピストがいるお店を見つけても、もう会うことが出来なくなってしまいます。

セラピストの女の子が好きであればあるほど、気持ちは高ぶってしまうかもしれませんが、自重することが大事です。

お気に入りの大事なセラピストだからこそ、女の子が喜ぶことをしていきたいですね。

抜いてくれるセラピストの判断方法

抜いてくれるかどうかは最初から決まっているとお伝えしました。

ですので、基本的にはそこは何も言わず、流れに身を任せておけばいいのです。

流れのまま待っていれば抜いてくれますし、抜いてくれなければ、その子は抜かない子ということです。

交渉をすることで多少変動はありますが、トークに自信がない場合は言わない方がいいかもしれません。

変なお願いの仕方になってしまえば、出禁になる可能性もあるので、流れで抜いてくれない場合は「この子は無しなんだな」と思った方がいいです。

言っても言わなくても結果はほとんど変わりませんので、抜いてほしい場合は潔く諦めるのがいいです。

マッサージで興奮をしてしまっているので、諦めるというのは難しいかもしれませんが、その気持を次のメンズエステの楽しみに変えていきましょう。

メンズエステのお店はたくさんありますので、あなたに合ったお店やセラピストは必ず見つかります。

お気に入りのお店やセラピストを見つけてメンズエステライフを楽しんでいきましょう。