とあるブログの体験談を信じて行ったら内容が全く違った話し

体験談販売ページ

人気店ランキング

こんにちは、管理人です。

僕もメンズエステが大好きで、毎月のように色んな場所に行っています。

いつも行ってるあのお店に行こうかな、それともネットで評判のあそこに行こうかな。

と、色々考えながら行く場所を決める時間はとても楽しいものです。

僕も集まっている体験談だけではなく、ネットの情報を調べていて、評判のいいお店や女の子を色々と探すようにしています。

そこで今回は過去に僕がネットで評判の良かったお店に行って「こんなはずではなかった」となった経験談をお伝えしていきます。

とある掲示板で評判の良かったお店

メンズエステの情報を集める上で欠かせないのが、掲示板サイトです。

多くの方も爆サイのような掲示板サイトを見たことがあると思いますし、参考にしたこともあると思います。

僕も昔は参考にしていて、色んなお店のスレッドを見ていました。

ちなみに、今はほとんど見ていません。今回の話しでもお伝えしますが、掲示板に書かれている情報は本当のこともあれば、ウソの情報もあるからです。

ウソを見破って本当の情報だけを見ていけばいいのですが、ウソも本当も見分けがつきにくく、それを判断するのに多くの労力がかかるからです。

掲示板で最高!というお店があれば行ってみると、全くの手抜きをされるし、最低なお店だったと書かれているお店は凄い良かった事も何度かあります。

お店だけでなく、女の子も書いてある通りの子を指名したのに、です。

いわゆる「オキニ隠し」と呼ばれるものだと思いますが、それを見分けるのは本当に大変です。

メンズエステにハマった時はネットで色んな情報を漁っていました。

その中でも某掲示板は圧倒的な情報量があり、色んなお店の書き込みがあったので、貪るように色々なお店の書き込みを読み込んだものです。

ある日、掲示板を見ていると気になるお店があったので行ってみました。

掲示板には「本当によかった」と書かれている女の子も指名して行ったのですが、結果は最悪でもう二度と行くものかと心に誓ったものです・・・。

後から掲示板を見ていると「行ってみたけどクソだったぞ!」というようなレスも色々書かれており、「あぁ、騙されたんだな」とその時気付きました。

他の掲示板を見ても「この子は良かった」「いや最悪だぞ」というような書き込みが多く、結局どれを信じていいのか分からず、時間だけが過ぎて悶々としてしまうので「掲示板を見るのは辞めよう」と心に誓ったのです。

中には本当にいい情報も書かれているかもしれませんが、その真意を考えるのも疲れるので掲示板を見ても時間のムダだなと思って諦めました。

有名体験談サイトで凄い良かったと書かれたお店

その後は体験談ブログなどを見るようになりました。

「メンズエステ 体験談」

「メンズエステ 口コミ」

「メンズエステ ブログ」

などで上の方に出てくる内容を片っ端から読み漁りました。

書かれている内容はとても面白く、読んでいるとついつい行きたくなるような内容ばかりです。

「こんなにいい場所なんだ!」

「これは受けてみたい!」

そう思わせてくるような内容ばかりで、興奮しまくってました。

掲示板とは違い、受けた人の生の体験談だから間違いないだろう。

そう信じて、体験談の中でも良さそうで、家からも近いお店を予約しました。

もちろん女の子も指名。

ブログには女の子の名前も書かれていたので、これで間違えようがありません。

いざ当日、ドキドキしながらお店に入り、ワクワクした気持ちを抑えながら施術を受けていました。

ですが、ブログに書かれているようなことがなく

「あれ?なんかおかしいな。これから始まるのかな」

と少しずつ不安になりながら受けていると、女の子から「時間です」という言葉が。

あれれーーーー?

こんなはずでは、こんなはずでは。

と頭が混乱しながら帰ったのを覚えています。

そのブログには色んなお店の口コミや体験談が載っていますが、広告バナー等がないのでお店から報酬をもらって体験談を書いてるのかなと思いました。

大きなブログは管理に手間暇がかかるから、ボランティアで作っているわけではなく、ビジネスとして作成している側面もあるので、どこかで売上を発生させる必要があります。

それは広告費だったり、お店からの紹介料だったり、色んな形であります。

ただ、そうすると本当の事が書きにくかったり、少し盛ったことも書かないといけなくなります。

TVとかがいい例だと思います。TVはスポンサーに対して都合の悪いことは言えませんからね。

僕のこのブログはお店からは料金をいただいておらず、お店の紹介をするということで読者の方から料金をいただいています。

そうすることで本当の事が言えますし、読者にとって不利益が発生するような事を書けば売上が発生しないので常に本音で伝えています。

ですので、このお店は良かった、という感想もあれば、このお店は悪かった、という話しも包み隠さずお伝えしています。

「しがらみがない状態」なので、常に本当のことが言えるわけです。

ですが、お店との関わりを持っていると、どうしても本音は言いにくくなります。

「本当のことを伝えます」と書いてあっても、いい時はそのまま書かれるかもしれませんが、悪い時はやや表現をぼかした書き方で誤魔化すしかありません。

そうすることでお店といい関係を作ることが出来ますからね。

ただ、それは読者にとって不利益になることがあるので、僕は「こんなはずでは無かった」というのを経験しているからこそ、そんな事は出来ません。

全ての有名ブログがそうだとは言い切れませんが、「ハズレのセラピストのお店の紹介文」みたいに、悪いことでもいいように言っているブログにあります。

ビジネスでやっている以上は仕方がないことですけどね。

僕はこのブログを読んでくれている読者の方に同じような気分を味わってほしくないので、出来る限り本当にあったことのみを伝えていきます。
(抜きがあったとかはさすがに書けませんがw)

集まっている体験談に関しても、ほぼそのまま掲載しているので、変に誇張したり削ぎ落としたりのような編集はしていません。

僕は自分の体験から、騙された時の悲しさを知っているので、出来る限り本音で本当にあったことだけを伝えていきます。

ネットに書かれている情報は色々ありますが、全てを信じないように気をつけていった方がいいですね。