『艶女アデージョ(Adeejo)』体験談その2。大阪長堀橋の安定感

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

オッパイがグイグイグイッと

『艶女アデージョ(Adeejo)』を利用した際の体験談です。

働き盛りの30代でも出世とは縁遠い、ルート営業の会社員の今井です。

いまさら転職なんてと思いつつも、他の可能性を捨てられないチンケな奴なのです。

そんな私のことを慰めてくれるのは、彼女でも(イナイ)なく友人でもなく、もちろん上司でもなく、リラクゼーションサロンのセラピストとなります。

したがって、今日もどこかでオイルマッサージを模索するのが唯一の楽しみです。

「久しぶりにココにしようかな」と遊びに行ってきたのが、大阪市内にある『艶女アデージョ(Adeejo)』。熟し始めた女性たちが、セラピストとしておもてなしエステに励んでくれるのが最大のポイントです。

 

『艶女アデージョ(Adeejo)』

 

いつセラピスト紹介欄を見ても、安定のエロさが漂っている。思い出のあるセラピストとのことを思い起こしては、ムフフなことを数知れず行ってきました。

今回は初めてのセラピストを指名することに。ライバルに負けずに、事前予約に励みアプローチ成功です。

お姉さまがお電話で応対してくれたので、ほんのり幸せ気分を味わいます。

ショートメールで案内通知。お店への道しるべとなるので、大切にしなければなりません。

向かうは長堀橋ルーム、駅からちょっとしたところにあります。「突撃イイですか」と確認を取り、オートロック解除。

部屋に向かい、私のことを待ってくれていたセラピストのTさんとご対面です。想像通りのナイスセラピスト、正直言ってタイプです。

私も中々「見る目あるな」なんて天狗になってみたりして。セラピストの雰囲気は年相応に大人的女性。スタイルはムッチリしており、バストやヒップなどがグイングイン言っているような、グラマラスボディです。

接客時など座った時、スカートには大きなトライアングルができるため、その辺りが気になって仕方ありませんでした。

ちょっとした談笑とティータイムを終えお支払いへ。90分コース13,000円と指名料とで14,000円です。

シャワールームに案内される時のヒップもナイス。手を当てたくなるのをグッと堪え、お湯で頭を冷やします。

部屋に戻ると、すでに照明が落とされムーディー。うつ伏せ施術からのスタートです。

Tさん、ホントにいいんですよね。優しい感じで上品で、しかもお願いしたらOKしてくれそうな雰囲気もグー。

はじめは軽くお話ししながらのマッサージ。話が盛り上がったからか、丁寧にマッサージしてくれているのかわかりませんが、際どく来るまで結構時間を要したような。

楽しかったんでいいんですが、後半の展開が多少不安になったのも事実です。

際どい施術は、アグレッシブに深く、母性溢れる手わざでピンコダチ。

オッパイが大きいので、深く手を入れるとどうしても密着。そのため、若干オッパイの方へ体を寄せようとしてしまうのはお許しあれ。

お尻のラインは程よくフェザーで、菊への訪問はエアー系だったような。風が流れることで反応していた私、今思うとちょっと情けないかもです。

一旦メンズエステを離れて健全回帰。でもね悪くないんですよね、この時間も。それなりに癒されて、軽めの仮眠に誘われてしまいました。

起きたのは仰向けコールが掛かってから「しまった」意識が飛んでた間に、スケベなポイントがあったかもしれないと、グググッと唇を噛みしめる。

仰向けに挽回を誓います。デコルテですでにその展開に。迫力のオッパイが目の前をユッサユッサ。

オッパイを凝視していると、Tさんとも目が合ってニッコリ。テンパった私は「オッパイ触ってイイですか」とつい言ってしまいます。

「ンフッ」「軽くなら」なんて了承を得てサワッ。男性の手にも納まりきらないほどの大きさで、柔らかさもグレイト。

それ以降、ことあるごとにイタズラボーイに変身です。

ラストは腕のマッサージで終了。オッパイがグイグイグイッとでした。また会いたくなるセラピストだったのでリピート確定です。

情報局ポイント

メンズエステ『艶女アデージョ(Adeejo)』

セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆