『アリビエ(ALIVIE)』体験談その1。新大阪の楽しく丁寧なお店

体験談販売ページ

ライター募集

さらなるスリスリでパッション部分を激刺激

『アリビエ(ALIVIE)』を利用した際の体験談です。

行きつけの車屋からオイル交換の催促が増えてきた今日この頃。それよりも自分のオイルを充電しようと、メンズエステに行くことにした30代のアルバイト警備員の杉浦です。

向かったのは大阪。兵庫の田舎町からでも、車を飛ばせば1時間もかからない距離の新大阪です。

『アリビエ(ALIVIE)』というお店。ホームページの雰囲気が良さそうだったので選びました。

 

『アリビエ(ALIVIE)』

 

しかし新規の予約は当日のみ。こういうのって結構ピリピリしてしまい、朝から寝不足気味。営業時間をちょっとフライングして電話を掛けました。

丁寧な電話対応により、予約も完了。セラピストはおまかせです。

そのあとはメールによってマンションの場所を知らせてくれるのですが、ホームページにマンション名まで記載されているのです。

なのでポチッとカーナビに打ち込めば、スムーズにアクセスできます。

新大阪の周辺はちょっぴり混雑模様。でもね意外と走りやすい道なんですよね。

さすが大阪の玄関口。適当なところにパーキングもあって、車で向かっても駐車場に苦労することもありませんでした。

「到着です」と伝えオートロック解放。エレベーターが上がっていくにつれ、気分も高まる時になります。

ピンポンからのスピード感があり、ドアの向こうで待っていてくれたのではと思うくらい(こういうのイイ)。

セラピストは20代中盤くらいのTちゃん。スタイリッシュな雰囲気で良い感じ。体型はスリムなのでパイ的には控え目でした。

洋服はそれなりのセクシースタイル。もしかするとパンチラが望めそうで「ありがとうございます」と心の中で伝えておきます。

部屋はシンプルですが空気はさわやか。ホームページに記載されているように、掃除の方は徹底しているらしい。気持ちよく利用してもらいたいんだってさ。

飲み物を頂き、軽い談笑の時間。コース確認もあって、お支払いをしてくださいとのこと。

今回は新規割によって90分11,000円(1,000円オフ)でした。

シャワールームへ付いていき、簡単な使い方のレクチャーを受けます。

お脱がしのサポートはありませんが、ズボンに手をかけて脱ごうとしても、そそくさに出ていく気配がない。「それでは」と脱衣所を後にするTちゃん、お願いしてもよかったかも。

洗うところは洗ったので、ここで時間を使うわけにもいかない。部屋に戻ってマッサージです。

流れはオーソドックス、大阪や神戸のスタイルと特別変わり映えしないものです。

まあ代わり映えするところとしては、力が籠っているというところでしょうか。

ほぐしが丹念になされ、対角線にグイーッて言うのもありました。

オイルトリートメントは足からとなり、スケベ少々の基本形。

あとにお預けとのこと。太ももやお尻に差し掛かっても、マッサージに重きを置いている印象。あれ、こんな感じなのかなと不安もよぎるファーストインプレッションです。

杞憂だと感じたのはその数分後、カエル脚に曲げられての鼠蹊部エステ。

シッカリ踏み込んでくるので、モッコリ発動。オイルで滑りを良くすると、さらなるスリスリでパッション部分を激刺激。正直言うと良い気持ちやね。

頭上に来れば生脚と、際どいパンチラシーンが拝めます。

部屋の明るさが程よくモザイクをかけていますが、Tちゃんは隠すタイプではないのでちゃんと見えました。

仰向けとなり、ドキドキ系のエステ開始。腕のマッサージでの誘導で胸や太ももの感触が。

終わった後も、そのまま太ももの上に置かせてもらいナデナデ。

それからは、お腹では上からの踏み込みになるので、亀頭経由の鼠蹊部も。よく絡むTちゃんの手の平、完全に擦れているといえます。

潤滑オイルが刺激を抑えてくれるので何とか乗り切るも、ラストのギリギリ鼠径であえなくノックアウトとなりました。

終始オーソドックスな形ですが、悪くないので星4つ上げておきましょう。

情報局ポイント

メンズエステ『アリビエ(ALIVIE)』

セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆