『クールジェイ(Cool J)』体験談その1。大阪肥後橋のひと味違う雰囲気

体験談販売ページ

人気店ランキング

どんどん押し寄せてくる幸せホルモン

『クールジェイ(Cool J)』を利用した際の体験談です。

関西でリサイクルショップのスタッフとして働く33歳の矢島です。

この仕事は結構長続きしていて、だいぶ目利きの方も鍛えられ、買取の査定も任されるようになりました。

そして職業病なのか、普段から値打ち物を探してしまう癖が。骨董市や他のリサイクルショップをパトロールしています。

さてエステの方も地道ながら活動を続けております。

一番最近で行ってきたのが、大阪市西区にある『クールジェイ(Cool J)』です。

 

『クールジェイ(Cool J)』

 

選んだ理由としたあげられるのが、新規割のキャンペーンが3,000円引きと太っ腹だったことです。

セラピストは少数精鋭で年齢層も高め、でも技術力が高そうな雰囲気がひしひしと伝わってきます。

あと何となく男性に訴えかけるような素振りがプロフ写真から窺えるのも、私的には「しょうがないなぁ、じゃあいっとくか」となるんですねぇ。

お電話入れると「もしもし」女性の声。この時点で癒されるのは必然で、「間違えました」「また次の機会にお願いします」なんて絶対言ってなるものかです。

良き対応、良きボイスから、電話を切るのが名残惜しくなってしまいます。

しばらくしてからメールで「ここに来て、ワタシ待ってるから」の意思表示。

その住所を頼りに降り立つ駅は、地下鉄四つ橋線の肥後橋駅。周辺は高層ビルが建ち並ぶ壮観なエリアです。

不倫などで有名な某ホテルから歩いて1分、まさかまさかのタワーマンションでした。

オートロック完備は当たり前、住んでる人もワンランク高そうなハイソな雰囲気。

私が足を踏み入れていいのだろうか、結界が張られていないか等々、部屋に入るまでビビッてました。

セラピストはお任せでも、2人しか出勤してなかったので、どっちかだろうなと想像ができます。

担当となったのは、ポチャムチな清楚系お姉さんのMさんです。

落ち着いた大人の雰囲気。コスチュームは「結構短いやん」と思わせといて、実は短パンというオチ。なるほど、健全マインドに振れてるわけですね。

接客はとても丁寧で、私としてはすごくいい感じ。

カウンセリング時に、お腹の方とか足の付け根とかを表わすジェスチャーにも好意的に受け止めてくれたのは嬉しかったです。

一応タワーマンションの部屋にも言及しておく必要があるかと。やっぱりすごくキレイ、フローリングにしても、壁材にしても一味違った印象。

それに加えて掃除も行き届いているので、バス、トイレ共に気持ちよく使えました。

コースは120分を選択、3,000円の割引により13,000円とありがたい価格です。

シャワーを終え、紙パンツはもちろん穿き、いざ行けマッサージへ。

うつ伏せに寝た私を眠りに誘うかのようにナデナデしながら、ゆっくりした圧で体を労わってくれます。

オイルは足元からで、時々当たるものがあり、アレアレと勘違い方向へ。

ゆるりとしっかりの圧はオイルに入ってからも健在で、疲れというものを残さず、リンパ節へ流そうかという気合を感じます。

太もも辺りも入念に圧がかかると、これが気持ちよくて「おかわり」を願い出ました。

「ハイ」と快く応じてくれるMさん、性格的にも気持ちよいですね。

際どいマッサージに関してはエロではなく、重要だからという観点から。

だからこその際どさ、そしてヤバイですね。エロス重視に比べて勃起量が高まってしまう。

抑えようとしてもどんどん押し寄せてくる幸せホルモンにビンビン、Mさんも若干喜んでくれているのではと思ってしまうほどグイグイくるのです。

最もヤバかったのはお腹、当たる割合が高めで、ワザとじゃないのと思えるほどキテました。

セクシー店なら、こんなになっちゃったと言えるのに、言っていいものかどうなのかという緊張感の中で終了を迎えました。

ハッキリ言いますとリピートはアリ、理由は勃起の向こう側を見た気がするからです。

情報局ポイント

メンズエステ『クールジェイ(Cool J)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆