『響〜ひびき〜(HIBIKI)』体験談その1。大阪堀江のラグジュアリー空間に大満足

体験談販売ページ

人気店ランキング

虹がかかるかのようにレインボーな手業

『響~ひびき~(HIBIKI)』を利用した際の体験談です。

昔はスターになることを夢見て、お笑いを目指してみたりミュージシャンを目指してみたりしたものですが、結果落ち着いたのは大阪にある実家の工場を継ぐこと。

30代後半にして、やっと我が器を理解することができた尾崎です。

切なさを抱えつつ生き抜く日々の中で、体の表面だけでも輝かせてくれるのがオイルマッサージ。

休日は決まってオイル遊びに繰り出しております。

さてどんなところがいいのかな。さりげないうわさを耳にして興味を持ったのが『響~ひびき~(HIBIKI)』です。

 

『響~ひびき~(HIBIKI)』

 

ホームページを見て見ると「響」って文字が躍っていて、それが某ウイスキーのロゴを連想させてくれる感じ。

選ばれた大人が集うリラクゼーションスペースとでもいうのでしょうか。

作りがしっかりしているので、とても見やすくお店の情報も入りやすい。ただそれだけに、見てはいけない料金表に触れてしまいました。

ガビーン、マンガの擬音が具現化しそうな料金設定。100分17,000円、130分21,000円、160分26,000円という感じです。

160分だとまあそんなに高いとは思いませんが、スタンダード的な100分は思い切っています。

なぜなら100分コースは背面のみのマッサージ。待てど暮らせど仰向けには成れないってことです。

となるとメンエス男子としては、必然的に130分コースからの選択が基本になってしまう訳で、21,000円が飛び立っていきます。

それでも惹きつけさせる魅力のあるこちら、予約獲得へと精を出します。

セラピスト欄には2人見られますが、スケジュールをブログで確認すると実質は1人体制なのかな、そして定休日も多い。

ネット予約がオススメらしいけど、テクノロジーには疎いアナログガラケー人間は粘り腰の電話予約で得た130分枠です。

お店の場所はおしゃれエリアの北堀江、近場の駅は四ツ橋駅や西大橋駅で徒歩3分くらいですね。

マンション近くにパーキングがあるので私はそこを利用し、車の中から「行っていいですか」と彼氏気分で。

「どうぞ」、声は若い感じでも、しっとり品のある口調が良かったですね。

いざピンポンでご対面、そう来ちゃいましたか。カワユサと美貌はある程度想像出来はしましたが、佇まいとスタイルにノックアウト。

スラッとしたモデル系で手足が長い。雰囲気は高級ホステスのように艶っぽさと凛とした感じ、ナイスですSさん。

お部屋に案内されてこれまたビックリ。社長室兼応接室のような空間で、おしゃれに仕上がっています。

ソファに腰かけ受付を行い、ココで例の21,000円を支払います。

割引はリピータのみでした。シャワーを浴びて、念を押された紙パンツを大人しく装着。施術ルームでマッサージに入ります。

特別さはなく、うつ伏せのほぐしから。

料金に見合ったマッサージレベルはありそうで、気持ちよいと思います。

ハラリッとタオルが捲られ、ふくらはぎから順番にオイル。こちらも中々、ペタペタでは終わらない、ギューッと指圧も加わる本格オイルマッサージ。

ここまでイタ気持ちいいのはいつ振りでしょうか。

背中の方も、腰から肩までしっかり疲れをやっつけてくれる。一生懸命モミモミしてくれているのが伝わります。

まあこのくらいはやってもらわないと、それだけお金を払っている訳ですから。「要はキワはどうなんだい」ということです。

一言で言えば、見事な手さばきってこと。深さも十分で、うっとりさせられる場面も多数ありました。

特に仰向けになってからは、虹がかかるかのようにレインボーな手業が繰り出されて、天井まで届きそうなほどグングン伸び往く我がムスコ。

ハァハァと私の息遣いをみながら、合わせるように鼠蹊部への刺激を加速。でもちょっと緊張しちゃったのかな、達するところまでは行かず終了です。

ただ妙に満たされたのは、Sさんが良かったということでしょう。

情報局ポイント

メンズエステ『響~ひびき~(HIBIKI)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆