『癒し処 心庵(しあん)』体験談その1。大阪の出張エステ

体験談販売ページ

人気店ランキング

しっかり健全の中の色気エステ

『癒し処 心庵(しあん)』を利用した際の体験談です。

こんばんは、近頃出張時の出張マッサージにハマっている40代のサラリーマンの柏木です。

この歳になると、仕事終わりなどに街に繰り出すのもなんだか疲れる。なので出向いてくれる出張マッサージは最適なのです。

まあちょっと前までは、デリヘルでムフフを体験していましたが、ホテル側が黙認してくれるとはいえ、何ともおっかなびっくりで控えるようになりました。

いつ隣室から苦情が入るかもしれないという、変な不安がよぎったためです(40代ともなると面倒事やいらぬ心配はしたくないのです)。

その分、出張マッサージは気楽なもの。勝手な思い込みかも知りませんが、ホテル側のサービスメニューとしてもマッサージを提供してくれるところがあるからです。

そして今回の舞台は大阪の夜、利用したお店は『癒し処 心庵(しあん)』です。

 

『癒し処 心庵(しあん)』

 

ホームページの雰囲気は、メンズエステのようにあからさまなセクシーアピールはナシ。セラピストの年齢層は30代から50代までと幅広く、プロフィール写真のイメージも普通のマッサージ師やオバサン(失礼)みたいな方が中心となっています。

一見健全風ですが、長年の勘から漂うもしかしての空気感。利用する価値はありそうと電話を取りました。

一応ダメもとで指名してみるとあっさり「大丈夫ですよ」とのこと。人情味ある対応に好感が持てるお店です。

ホテルで待つこと30分くらいかな。許容範囲と言える待ち時間の間に済ませておいたことは、シャワーとトイレと歯磨きです。

コンコンとノックがあり、迎えたセラピストはKさん。プロフィール写真から、ある程度覚悟はしていた体型は、ぽっちゃり気味のムチムチ系。

胸のボリュームと、Mっぽい優しそうな雰囲気で、私的には悪くないと思いました。接客や言葉使いは普通、気さくなおばちゃんと言うのがピッタリ。

それだけに、いろんな希望に応えてくれそうと勝手に想像を働かせてムクムク。

コースの説明などのやり取りでは、鼠蹊部の質問を投げかけます。

「重要な箇所なのでそういった箇所もやらせていただきます」「勃起するかも」「それはもう(ニッコリ)」この感じがよかったです。

コースはポータルサイトのクーポンが適応で2,000円オフ。おかげで125分と言うオイルのロングコースが13,000円で利用できました。

出張費は大阪市内なら無料で、指名料は初回分はナシとのことです。

マッサージはオーソドックスにほぐしから。結構時間を使って、全身をタオルの上からマッサージ(少しもどかしいのが本音)。

オイルも足裏から始まり、ふくらはぎ太もも、そしてもう一方の足、キワキワはあえて避けているのか全くないのか不安。時間もそれなりに経過している模様だから。

「ちょっと失礼します」てな感じで紙パンツを下げられます。ちょろっとかなと思いきや結構下まで。見えているかもと言うドキドキ感が得られます。

オイルを垂らし、いたずらに割れ目にも流れ込むのがエッチ。しかし割れ目のラインを通過したのは最後の1,2回程度で紙パンツが悲しげにあげられます。

カエル的なものもあって、鼠蹊部へのマッサージに。ただ予想通りの浅め。鼠蹊部の外半分が基本で、内側キワキワラインはサラッとしたものです。

でも偶然か否か、密着する太ももが中々いい刺激となって勃起です。

一旦クールダウン。背中は長めに揉みほぐし、肩甲骨辺りはかなり凝っているらしく、入念にグイグイしてくれました。

仰向けでは意外と接近性高い場面が。デコルテや肩周りの時に、フワッと何かが当たりちょっと幸せ気分。

手を出していいものかどうなのか悩みどころ。触りたいけど手が出ない臆病者な私です。

しかし、仰向け鼠蹊部では結構深め。程よい緊張感と意外性からフル勃起、力を入れるとビクビクっと動かせるくらい。

Kさんはその反応を凝視しながら、一生懸命鼠蹊部をマッサージしてくれました。

ちょっとアプローチ不足を後悔、もっと攻めていれば何かが生まれたかもしれません。

まあ特別悪くない、たまにはこういったのも刺激となるので、アリと言えばアリでしょう。

情報局ポイント

メンズエステ『癒し処 心庵(しあん)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆