『ミルクティー(milk tea)』体験談その1。大阪日本橋のとろけるおっぱい

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

デコルテからのオッパイの押し当て

『ミルクティー(milk tea)』を利用した際の体験談です。

むしむし、ジメジメ。寝起きの汗ばむ体に悪戦苦闘中の、30代のリサイクルショップのスタッフ吉田です。

こんな季節は夏物の買取りを強化していると思われるかもしれませんが、実は季節先取りで秋物や冬物なんかをショップとしては求めていたりします。

おっと話が違った方向へ、そうそう僕のメンズエステ体験談に戻りましょう。

大阪なので選り取り見取りなのですが、一歩遅れたがためにリストアップしていた全店から予約を断られることもよくあること。

この間も、そのような雲行きとなりつつありましたが、雲の切れ間の晴れ間のように女神が微笑んでくれました。

そのお店は日本橋にある『ミルクティー(milk tea)』という、とってもスウィーティーなメンズエステ。セラピストの面々もあまーイことをしてくれそうな雰囲気に満ちているようです。

 

『ミルクティー(milk tea)』

 

指名したのは遅番系のたわわなセラピストのHちゃん。プロフ写真にプロポーズしてしまいそうになる、確信的なポーズを見せるお姉さんです。

お店の場所はショートメールで送られてきて、仕事終わりにそのまま直行。

迷うこともなく、とても分かりやすいスーパーが一階を占拠するマンションで、裏手に回ってオートロックを解除してもらってからのご対面となります。

「こんちわっす」「ハーイ」ガチャ、いやはやこんなんアリっすか。

確実に地球上には重力があることを確認できる谷間でお迎え。ドアを開けるときの前屈みが堪りません。

しかもカワイイのだから反則です。僕ちゃん一瞬でHちゃんに恋してしまいました。

明るい性格の彼女は僕以上に僕のことに興味津々。そんなに真っ直ぐな視線で問いかけられると、ウソなんてつけるはずない。等身大の僕自身を受け止めてって感じで自己紹介です。

二人で過ごすお部屋は少し狭めでもこれがよし。清潔感はまずまず、マットはふかふかなので二人の重みも支えることができそう。

ウェルカムタイムの後にはお支払い。90分が新規割により1,000円ディスカウント、指名料はプラスされるので結局13,000円でした。

そこからシャワータイム。いや~ん、Hちゃんの前でのストリップタイム、しかもちょこっとゴシゴシしてくれるなんて。

ひとりボッチがほとんどのシャワーが楽しい時間に早変わり。水場は大人にとっても最高の遊び場、はしゃいじゃいますよね。

その後体も拭いてくれ、なんかずっと一緒の時間を過ごしていました。

エステはうつ伏せから。経験は浅いらしいのですが、天性の人懐っこさはボディタッチにも活かされており素質は十分といえます。

メンエス度も高くて、鼠蹊部に対しても抵抗なくドンドン手を当ててくる。当たるだけならまだしも、触ろうとするような素振り。

これだけでも満足感を得られるほど、たわわな部分も深みにハマる度にムニュ、ムニュパフ。

仰向けに展開してからは、あれ僕たち付き合ってたっけと言うくらいの寛容度の高さをみせてくれました。

デコルテからのオッパイの押し当て。顔が埋もれてしまうほどのボリュームなので、必死にお助けを求めて揉んでみたところ「ウフッ」とポジティブな反応。

「これっていいってことだよね」と解釈した僕はモミモミモミモミ。牛の乳搾りのように堪能させてもらいます。

Hちゃんの雰囲気も、なんだかとってもその気になってる様子。

ポジション変えて横に座れば、今度は太もももおさわり。もう当たり前のように触らせてくれるので鼠径マッサのお返しです。

するとおもむろにアソコをグリップ。荒くなった息とシンクロするように、シコシコを始めるHちゃん。

こっちも負けてられないとハグを求めて引き寄せる、Hちゃんは握ったままで僕が腰を動かして快感をむさぼる。

これだけの内容であれば、リピートしないのは罪以外のなにものでもありません。

情報局ポイント

メンズエステ『ミルクティー(milk tea)』

セラピスト:Hさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆