『ミセス マロン(Mrs Marron)』体験談その1。大阪の出張マッサ

体験談販売ページ

人気店ランキング

楽しく気持ちの良いマッサージ

『ミセス マロン(Mrs Marron)』を利用した際の体験談です。

大阪での生活も馴染みはじめた30歳の岡野です。

普段は某中古車販売店で、車の販売やメンテナンスの案内を担当しております。

若者の車離れが叫ばれていますが、それでも大阪にはたくさんの車が走っているので、まだまだ安泰なのではと楽観視しています。

大阪で得た経験はさまざま。仕事の仕方もそうですが、遊びの方も大きな財産となりつつあります。

その中のひとつがオイルマッサージ。

なんとなーく、エロいお店を利用しているように思われて、地元では利用する時かなり人目が気になったものですが、大阪では平気になりました。

だって、実際にエロいんだもの。エロさだけで言えば、風俗のそれを越えてしまっているかと思えるくらいです。

そして私、出張マッサージも頻繁に依頼するんです。

周囲の方に引かれるんですが、自宅に招いてマッサージしてもらうのがお気に入り。

自宅でのメリットは、ホテル代が掛からないのとリラックスできること。さらに普段の生活空間が非日常に変化することです。

さあ意気揚々と今回出張してもらうことになったお店は『ミセス マロン(Mrs Marron)』。そうです、熟女店となります。

 

『ミセス マロン(Mrs Marron)』

 

この店出勤情報を見て見ると、深夜帯もセラピストが充実している。「なるほど」よからぬ虫が騒ぎ始め電話を入れました。

指名も失礼ながらさせてもらい、プロフ写真でオッパイのボリュームを感じるOさんを選択です。

大阪市内は出張料が無料なのでうれしいところ。自宅でもそれは変わりません。

セラピストを迎えるために、軽く掃除をして清潔感を演出。照明も間接照明にしてみたりして。

お見事に時間厳守、Oさんとのご対面です。

なんと言えばいいでしょうか。

アラフォーのオバちゃんなのかな。でもね紹介文にもあったようにホンワカしていて、いろいろリクエストできそうな感じ。

ボディの方もぽっちゃり感はありますが、それ以上にオッパイの主張が強くナイスです。

「じゃあどうぞ」なんて招き入れると「きれいにされてますね」「イヤイヤ急いで片付けたんですよ」なんて会話をしながら受付です。

「コースはいかがなさいますか」とOさん。この感じが出張マッサージのいいところ、コース説明聞きながら鼠蹊部への言及も求めてみたりして。

それを匂わせてくれるOさんにアリな感触を受け、120分コースをお願いしました。

料金は何とHP割で2,000円引き、指名料と合わせても15,000円でした。

「どっちでマッサージします」とベッドか床かの選択。もちろん床、マットを敷いてセッティングしておいたのだから。

さあマッサージの開始、癒し系のOさんとは相性がいいようで、楽しく気持ちの良いマッサージをしてくれます。

キワキワへの深さも申し分なし、この辺りは熟女の余裕といったところなのか。

何となく密着する太もも、無口になり雰囲気がエロくなってきたことも手伝って、サワサワとおさわりに挑みます。

「ンフッ」と言う柔らかな微笑だけで特に何も言わない、こういうのイイよね。

スケベ心に火がついた私は態勢を変え、遠慮なくお尻をサワサワ。

そしてスルリと内ももからデルタゾーンへ。深い呼吸で指先が到達するのを待ち構えるOさん、パンティに指先が当たると「んんーッ」。

もうここまでくればフリーパス。パンティの上からアソコやアナルをしっかりおさわりさせてもらいながらのマッサージです。

でもOさんのマッサージの流れは変更されることなく、そのまま継続中です(さすがなのかな)。

仰向けになるとオッパイも触りやすい、豊かな心地が手の平に伝わってきます。

我慢できなくなった私は体を起こして後ろから揉み揉み、「マッサージはいいんですか」と言うOさん。

「じゃあここ握ってください」と手をアソコに招くとシコシコ、その後はフリーマッサで時間いっぱい楽しめました。

「また呼んでください」と笑顔のOさん、次はもっと楽しめるのかな。

情報局ポイント

メンズエステ『ミセス マロン(Mrs Marron)』

セラピスト:Oさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆