『ミセスレディアース(mrs RedyEarth)』体験談その2。大阪堺筋本町の安定感

体験談販売ページ

人気店ランキング

サービス精神旺盛なセラピスト

『ミセスレディアース(mrs RedyEarth)』を利用した際の体験談です。

ヤングも中々エッチっぽいのですが、最終的にはミセスを選んでしまう、熟女好きな30代の運輸関係の会社員の相川です。

大阪のメンズエステの中で、有名どころと言えばレディアースグループ。市内にいくつものルームを持っています。

そんなレディアースグループも、ミセス系とヤング系に分けられているのをご存知ですか。

そんなことで今回の体験日記は『ミセスレディアース(mrs RedyEarth)』となります。

 

『ミセスレディアース(mrs RedyEarth)』

 

恥ずかしながら、こちらのお店には何度かお世話になっているクチでして、確実性の高さとプロフィールで見られる風貌と同じくらいの、安定したエロさが楽しめると認識。

私の中でのエースであり、連敗ストッパーでもあるのです。

さてさて、手慣れた感じで予約は完了。セラピストは初めての方の指名に挑戦しました。

お店は堺筋本町にあるマンション。「行っていい」と一声かけ、オートロックを通過。エレベーターで上層階へと移動します。

ドアの前でお初のセラピストはどんな感じなのか、楽しみで仕方ありません。

「ハーイ」と出てきてくれたのがTさん。プロフィールに記載があった年齢よりも、もしかするともう少し大人なのかもと感じたのは、ココだけのハナシにしておきましょう。

でもそんなことはどうでもよくなるくらいのコスチューム。ミニなスカートからは下尻の丸みが見えそう(さすがミセスの風格)。

接し方もよく、会話も自然にできるので、一緒にいるだけでも楽しいセラピストではないでしょうか。

コースはオイルデトックス。オリジナルメニューが受けられる120分コースを選択。15,000円と指名料の1,000円が必要です。

シャワーを済ませ、生まれたまんまのスッポンポンでマットに。背中がキレイに拭き取れてなかったらしく、ササッと拭き取ってくれる気遣いもありました。

マッサージの序盤は意思の確認かな。「お疲れのところはありますか」「シテほしいところとかは」「逆に疲れてしまうこともあるかも」などなど問いかけをしながら、期待デキそうな物言いで軽ーくジャブ。

的確にそのジャブは心にクリーンヒットし、その後の展開を妄想させてくれます。

でも会話の方が弾んでしまい、そういったムードに中々ならないのが残念なところかな。鼠蹊部などもサラッと終了してしまい、気が付くと四つん這いの態勢。

ここではさすがに本領発揮と言わんばかりに集中エステ。後ろから抱え込まれるように抱き着かれ、乳首などもチロチロチロリンチョ。

ビンッとすっかりお元気になった頼もしいムスコ。また四つん這いの応用技なども繰り広げられ、いつでも発射できるくらいにこねくり回されます。

しばらく鼠蹊部から離れ、落ち着きを取り戻してからの仰向けへ。

仰向けになると、Tさんの表情が確認できる。なんかイケそうな雰囲気だったので、手を添えてみたところ「もう」「何してるんですか」(笑顔)。

これは特に拒否されることもなさそうだなと、確信を得た私の手は調子に乗りまくり。あんなところやこんな隙間に、メンズエステさながらに入り込んでいきました(うう~んいい感触)。

するとどうでしょう、Tさんの表情がアダルトに。

エステ技などどこへやら、密着するように寄り添ってきて、手はしっかりムスコを握っています。

シコシコ・シコシコ。ゼロセンチのところで見つめ合いながらセクシーな攻めが続きます。

その後も鼠径部への集中エステは続き、時間いっぱいがんばってくれるサービス精神旺盛なセラピストです。

ここまで攻められたことなんて初めてです。

やっぱり安定と信頼のミセスレディーアースといったとこと、もちろんまた使わせてもらいます。

情報局ポイント

メンズエステ『ミセスレディアース(mrs RedyEarth)』

セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆