『ミセスサラ(Mrs SARA)』体験談その2。大阪長堀橋の凄腕熟女エステ

体験談販売ページ

ライター募集

プルンプルンを強調するように両手でエステ

『ミセスサラ(Mrs SARA)』を利用した際の体験談です。

乾き物の中ではくるみとピスタチオにハマっている、30代の大阪のリサイクルショップのスタッフの村上です。

よくあるチェーン店ではなく、個人経営のショップなので取り扱う品物は何でもあり。車やボート、耕運機などの買取も行ったことがあります。

休日の過ごし方ですが、月1くらいでオイルを使ってマッサージしてくれるお店を利用しています。

現在の最も楽しみな瞬間と言えるかも、前日からわくわくが止まらなくなるくらいだからです。

つい1か月くらい前になるでしょうか、地下鉄長堀橋駅近くにある『ミセスサラ(Mrs SARA)』と言うメンズエステに行ってきました。

 

『ミセスサラ(Mrs SARA)』

 

20代後半から40代半ばまでの世代のセラピストが集まっている、いわゆる大人の癒しを提供するお店。熟女好き、年上好きの男性には人気の高そうな感じです。

私もセラピストの世代にやられてしまいました。

40代でもセクシー衣装で頑張ってくれるのは貴重ですよね。

どうやら中にはお子さんがいるセラピストさんもいるみたいで、いろいろ考えさせられたり、妄想させられたりと、利用前から頭の中は忙しかったです。

予約は1週間先までOKと言う太っ腹振り。大阪だと前日とか数日前がやっとだったりするので、セラピストを狙い撃ちできそうです。

私の場合は初めてということもあり、当日空きのある方を選ばせてもらうというスタイルを取りました。

予約後に、メール受信。秘密の場所が記されているのでそこに向かいます。

アクセス的には簡単、長堀橋駅から出て2分もかからないくらい。出口に要注意ですが。

入店の確認を取り、オートロックを解除から部屋への道が開く厳重系。それだけにインターフォンをプッシュする喜びも一入ってもんです。

ピンポン一閃、熟女が御開帳(扉ですよ)。そこにいたのは30代後半のSさんです。

場末感があるものの、それが色気を増加。オッパイに余裕を持たせたワンピースがスケベです。

部屋は抑え目な照明でムードを強調。マットタイプでエステの様子を映し出せる鏡が備わっています。

ソファに二人で座っての近距離接客。谷間が主張してるので、その気にならない男性はいないのではないでしょうか。

コースは予約時に選択済みの90分、料金は11,000円です。

シャワーの前に紙パンツの確認。「どっちでもいいよ」多分そうだと思いましたが、このやり取りをしたいのです。

全裸で寝ころぶうつ伏せスタート、フライング気味に勃起しています。

初めはウォーミングアップ的に健全なオイルマッサージ。思い切りの良いロングストロークが気持ちいいですね。

特にふくらはぎをグイ―っと押すところや、太ももと足の付け根の境界線を指で押す感じがよかったです。

お尻は丸みに合わせたライン取り、プルンプルンを強調するように両手でエステ。

センターの割れ目には10本の指が一本ずつなぞってくるような、凄腕ぶりを披露してくれました。

そのまま玉なども揉んだり、鼠径に滑らせて来たり、勃起具合の確認がさり気なくてムッツリスケベの私としては興奮材料です。

そして背中は腰に乗っかるのが精いっぱい、マッサージがここは基本ですね。

うつ伏せのまま頭上へと移動したところで、パカッと御開帳。

暗がりですが、パンティがしっかり確認できます。

完全に見せてると理解した私は、イタズラ心に任せて太ももをナデナデ。Sさんの力が若干強くなった感じ。

さらに奥へと指先を進めて、パンティの上からナデナデタイム。

マッサージによるものなのか定かではないものの、Sさんが上下に動くので指先が食い込むのはどう解釈すればいいのでしょう、教えてください。

そのまま一通り終わったところで「もっとシテほしいところは」とリクエストに耳を傾けてくれ、ある一点を指すと秒でギュッしてくれました。

コスパも良いので、リピートの可能性はアリです。

情報局ポイント

メンズエステ『ミセスサラ(Mrs SARA)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆