『エムズスイート(M’s Sweet)』体験談その1。大阪日本橋で感じる柔らかさ

体験談販売ページ

ライター募集

メンズエステ最高と声をあげたくなる瞬間です

『エムズスイート(M’s Sweet)』を利用した際の体験談です。

オイルを使わないマッサージはマッサージじゃないという、独自の定義を貫いている大阪在住30代のサラリーマンの小森です。

ここのところ健全嗜好のアロママッサージ店ばかりに出向いていたことから、そろそろガッツリ鼠蹊部もほしいなと考えておりました。

そこで、ここなら私の想いを汲み取ってくれそうだと決めたのが『エムズスイート(M’s Sweet)』です。

 

『エムズスイート(M’s Sweet)』

 

若くてエッチそうなセラピストばかりといった印象のプロフィール写真がそそられるお店。この選択肢を見逃すバカ野郎が、果たしてどの程度いるのか知りたいくらいです。

初めは大人しくフリーで入るのが私流。変な先入観を持たずに、すべてをお店側に委ねる方が結果的には良い、願掛けみたいなものです。

教えてもらったお店の場所は日本橋ルーム、駅から徒歩5分程度で着きました。

「着いたよコール」から部屋へと向かいご対面。可愛い色気、ピチピチギャルのKちゃん。

お胸の方は程々、角度や見方によってはボリュームアップも可能なようです。

でもワンピの丈がいい感じで、パンチラ確定のサインなのかと、勝手に思い込んでしまいます。

通された部屋は、どうこう言えるほどではなく普通かな。タオルの色がリラクゼーション系ではなく、お色気系だったのが印象的。

お迎えタイムで楽しくお話し、お支払いもここで求められます。

新規割で1,000円オフ、90分のコースがなんと11,000円でOKでした。

シャワー後の紙パンツは、どっちでもいいとのこと。

これは「穿かなくていいよ」て合図ですよね。ここでもし穿いていくようなら、ちょっと面倒な客ってことで対応が変わりそうと、Kちゃんの声を尊重しました。

タオルを取り、ドキドキの全裸披露。特別視線もなく「横になってください」と、この辺りはクールな接客。お兄さんの祖チンに照れちゃったのかなと、前向きに捉えました。

一応ほぐしを取り入れた序盤。まあこの辺りは、よっぽどじゃない限り下手と感じることはないでしょう。

気持ちのこもったグイッと、ストレッチ系の圧で全体的に伸ばしてくれました。

そろそろオイルと言うことで足から、ありきたりでもうれしいのが乗っかってくれるところ。

若々しい素肌との触れ合いが元気を与えてくれます。

温かみも、どこからともなく伝えられるのでウヒョヒョとスケベな気分です。

足を曲げてくださいからは、本領発揮の鼠径エステに。

初々しさが残る手つきも、鼠蹊部では別人格。鼠蹊部からキワキワへ、さらにその奥の密林ポイントにも侵入。

好奇心あふれる指先が、密林に埋もれたカワイイポークビッツを発見。可愛くとも、硬さが自慢の出来る子です。

そんなポークビッツの硬さを確かめるかのように、ガッツリ絡めてくれる。メンズエステ最高と声をあげたくなる瞬間です。

恥部と言う面では、お尻の穴にも指先が当たります。

この辺は若い子らしく、控えめにフェザーで対応。マット上でジッとシテられないのはなぜでしょうか。

頭上からの肩周りが、待ってましたの如くパンチラポイント。

チラではなくモロ。スカートをいくら直したところでも、短いのですぐにずり上がってしまう。

私、親切心から「抑えててあげる」と言って、グッとスカートを掴みます。

でもなぜか手には柔らかい太ももの感触が。スイマセンどさくさに紛れておさわりしていました。

「柔らかい」「イヤン」なんて言っても、逃げることもなければ嫌がることもない。若くても寛容度の高い子はいるものです。

そこからはおさわりにも積極果敢にチャレンジ。もうかなり色んなところに手を伸ばしました。

ここから先も求めてしまいたくなるほどに。でもね「ダメ」と途中でストップがかかったものの、たくさんお触りできてホクホク。

久しぶりに味わう興奮に「やっぱこれだね」と確信した日でした。

リピート割もあるので、この安さならまた行きたいと思います。

情報局ポイント

メンズエステ『エムズスイート(M’s Sweet)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆