『アモーレ(AMORE)』体験談その2。高田馬場の高ランク店

オススメのお店

大阪
オススメのお店ーリラフル
オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

四つん這いでイケない部分もボーダーレス

『アモーレ(AMORE)』を利用した際の体験談です。

30代後半の販売業をしている福原です。

一途とは、ひたむきにただそれだけを見つめること。私のこれまでの人生の中で、そんなことがあったのでしょうか。

実は現在がまさにソレ、アッチにフラリ、コッチにフラリと、フラフラしている私を一途な男にしてくれたのがメンズエステの『アモーレ(AMORE)』です。

 

『アモーレ(AMORE)』

 

いつになく通うペースが上がっているような気もしますが、ストーカーではないので安心してください。

その辺のところは、しっかりわきまえて行動できる大人です。

アモーレに通っている理由は、なんといってもセラピストのクオリティが超絶に高いというところ。ここまで粒ぞろいなお店は、他に類を見ないくらいです(まあ私の好みの女性が多いという、あくまで独断と偏見に基づくものとしてお考えを)。

カワイイ・美人であることは基本、スタイルがグラマラスというのがプラスポイント、そしてサービスが濃厚なのがプラスアルファ、この3つを皆が皆、兼ね備えているのです。

したがってフリーで入っても、日替わりランチの如く楽しめる。そんなメンズエステがアモーレです。

予約はサクッと済ませるタイプ。今回は気になる子にアプローチさせてもらいます。

一途と言っても、いろんなセラピストにお世話になっているところはご勘弁を。その気持ち、同志にわかってほしい。

赴くままに高田馬場へ。こんなに馴染みの街になるとは、上京した時は思っても見ませんでした。アモーレが結び付けてくれた縁なのかもしれません。

到着したのはいつものマンション。案内なしでも問題なし。「行ってもいい」コールの後、オートロック解除でご対面です。

初めての出会いに感謝したくなるセラピストは、パチクリおメメが印象的なKちゃん。お顔に見惚れながら、視界に入ってくる渓谷は無視できません。

公称92センチGカップ。もっと大きいんじゃないのと、問いたくなるほどのビッグボリュームです(太陽拳よりも神々しい)。

お茶でノドの渇きを癒しながら、しばしの談笑。「よく来店されるんですか」「そうですね」「今回ワタシ初めてですよね、遅い」と、そのお叱りがまたカワイイ。

シャワーからのTバック、カラーはブラックでも透け感は高め。ふんどし仕様な紙パンツなので、結構心許ない穿き心地です(これがキモなのかな)。

さてさて今回もアモーレコース90分をチョイス。料金は指名料込で19,000円。これでもオープン割引価格です。

オイルが投入されると心地よい、いつもの太ももで挟まれる感触。

Kちゃんの肌は若さ弾けるプルルン肌。色白のきめ細やかさも手伝ってか、私の足裏やふくらはぎに馴染みます。

ストロークするたび感じる胸の感触もグッドです。

自然に当たっているのではなく、意図的に当ててくれているというのが嬉しくなってしまうところ。Kちゃんの心遣いはアソコで十分に受け取りました。

カエル脚ではない足曲げマッサージでは、足裏がおっぱいに押し当てられる。以前経験した足裏マッサージ店のものとは、明らかに癒しの面で天と地ほどの差があります。

そうこうしている内に始まるのがカエル脚。オイルがタラリとラインに沿って垂らされてから広げられ、際どく攻めたてられます。

指先がアソコを捉えはじめると、KちゃんはSモードへと変身。その可愛さからは想像できないほどの言葉責めに、オッサンのアソコはビンビン物語です。

四つん這いでイケない部分もボーダーレス、ほじりそうな勢いでグイグイチョチョイ。「ハフンッ」オッサンが少女のような声を出してしまったのは、私とKちゃんだけの秘密です。

仰向けで目隠しされたと残念がるも、妙に幸せで柔らかい感触。お察しの通りおっぱいです。

Tシャツ越しではなく開いた部分から押し当ててくれるのでダイレクトなおっぱいです。

「また来る」と言ってハグして帰りました。

情報局ポイント

メンズエステ『アモーレ(AMORE)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★★

体験談販売ページ

人気店ランキング