『アロマギルド(AROMA GUILD)』体験談その1。東京田園調布のマッサとメンエスの神融合

オススメのお店

大阪

オススメのお店ーエムズスイート
オススメのお店ーフォーティーファイブ
オススメのお店ーお姉さんと妹の部屋

オススメのお店ーリラフル

無料案内所

体験談販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

オイルの滑りでモニュモニュ

『アロマギルド(AROMA GUILD)』を利用した際の体験談です。

40代前半のサラリーマンをしている岡本です。

地方出身のアラフォー世代には「田園調布のイメージは」と訪ねられると、きっとこう答えるのではないでしょうか。

あの空前絶後の下品極まりない社会派コミックの「おぼっちゃまくん」だと。

「ともだチンコ」「そんなバナナ」「さいならっきょ」など、数々のちゃま語を生み出し、当時の小学生の心を鷲掴み。

サラリーマンとして働く現在でも、忘れようとも忘れることができないくらいです。

「ともだチンコ」ってなんていい言葉なんだと、メンズエステに行くようになって思う始末。

今回「ともだチンコ」してくれたのが、おぼっちゃまくんの舞台である田園調布の『アロマギルド(AROMA GUILD)』です。

『アロマギルド(AROMA GUILD)』

 

やはり場所柄なのか、セクシーよりというよりも健全性を保とうとするHPの作り方。

セラピストに求められていることも、マッサージ技術やおもてなし力など、リラクゼーションの基本からということなのでしょう。

セラピストの年齢層は20代前半から30代後半、ソコじゃないってことですね。

ウワサのセラピにしようかなと予約時に悩みましたが、出たとこ勝負に掛けてフリーを貫くことに。

電話での確認では特に指名の有無も聞かれず、時間のみで完了しました。

襟を正して、向かうは田園調布駅。東急系の路線が送り届けてくれました。

例の扇に広がる住宅街とは逆の出口、商店などが建ち並ぶ通りで、街路樹がとってもセレブな街並みを演出しております。

3分くらい真っ直ぐ歩いて、突き当りの建物がお店。アレレ、意外と庶民的な建物だぞ。

オートロックはなく、個人宅に訪ねるかのようにインターフォンでご挨拶。

「ハイッ」っていったのに、エラくもたつくお出迎え。一歩入ってちょっと納得です。

担当セラピストは笑顔が素敵で小柄なムッチリ系のNさん。

部屋は広くてキレイにしている。でもどことなく部室のような雰囲気もあるのは何故だろう、広さを持て余してるのかな。

小さめのマットがあって、その傍らには鏡もスタンバイ、メンエス的ですね。

お茶を頂き、アンケート用紙に書き書き。

コースは90分で新規だと11,000円と格安。しかも深部リンパも含まれているらしく、ありがたく思っていました。が、ここでプラス3,000円の集中リンパの提案が入ります。

ニッコリの奥に潜むスケベな視線に負けて、合計14,000円です。

シャワーを浴びてTバックを穿き、Nさんと再会。あらっ一枚身軽になってるのね。

一般的なメンズエステでは基本衣装なのに、なぜだか妙に色っぽく見えるから不思議です。

うつ伏せでの指圧からのスタート。気持ちいいし、ゴリゴリ出来るのは上手い証拠。

肩から肩甲骨周辺をリクエストしてしまうほどです。オイルは足元からで、こちらも上々。

強めが好きと伝えちゃったので、力強い圧でグイーッとリンパをやっつけてくれています。(イタ気持ちいい) 

ここまでエロ要素なしのため、キワキワも「どうなのかな」って不安。

しかし指先の表情が一転、ゾワッとする絶妙のシルキータッチ。

突然の出来事に反応を堪えてしまいますが、そこからがすごかった。

丁寧に手の平をアソコへと合わせてきて、オイルの滑りでモニュモニュ。

抱き着かれるようなところもあって、密着時にはパイパイが当たってます。

そして仰向けへ。首筋をマッサージ機のような動きで、グリグリィ~と揉みあげていくマッサ。

バキバキとほぐれた筈の首筋や背中が、音を立てて伸びています。持ち上げられるようになるので、当たっちゃうんですねぇ、柔らかいのが。

ここでもリクエスト発動。理解力の高いNさんは、期待通りにフェイスパフパフをしてくれました。

ラストの鼠蹊部も、センター中心に打ち返すことを心掛けたもので、ヒットヒットまたヒット。

打者一巡はしていたかな。マッサージとメンエスの融合が素晴らしく、しかも安いと来ればリピートは確定です。

情報局ポイント

メンズエステ『アロマギルド(AROMA GUILD)』
セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

無料案内所

体験談販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

ソクセらバナー