『BARBIE(バービー)』体験談その1。池袋のロリカワ天国

オススメのお店

大阪

オススメのお店ーエムズスイート
オススメのお店ーお姉さんと妹の部屋
オススメのお店ーシュプール

オススメのお店ーミセスサラ

無料案内所

体験談販売ページ

ガチオススメ販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

お腹の上でお尻を突き出しての鼠蹊部責め

『BARBIE(バービー)』を利用した際の体験談です。

33歳で出世コースからは見事に逸れたしがないサラリーマンの近藤です。

そろそろ何かを欲している、と理由をつけては欲しがりなところが僕の悪い癖です。

欲しているのはメンズエステのドキドキ感、セラピストのぬくもり、鼠蹊部マッサージの独特の感覚です。

東京に住んでいると、あれやこれやと目移りしてしまうメンズエステ店がたくさん。贅沢な悩みでもあり、困りごとでもあるのです。

この前田舎に帰った時、せっかくなので地元のメンズエステでも楽しもうかと思いいろいろ探すのですが、恥ずかしながら両手の指に納まるほどしかありませんでした(しかもその半数が一般的なリラクゼーションサロン)。

さて話を本題へと戻しましょう。

どこに行こうかなと至福の検索タイムの結果、僕のハートにビビッと響いたのが池袋にある『BARBIE(バービー)』です。

 

『BARBIE(バービー)』

 

ホームページに掲載されているセラピストの服装が、なぜか女の子が自宅で過ごす時の部屋着のような、萌え度の高いTシャツと短パンスタイルなのです。

一般的にみられるセクシー路線とは違ったラインとなりますが、そんなところにムラムラする自分を発見してしまいました。

お店のオープンは午後12時から。でも受付は午前11時から。待ちきれずに多少のフライング気味で10時50分に電話を入れると、見事につながりました。

「予約したいんですけど」と言うと「ありがとうございます」「コース時間と希望時間、指名セラピストはどうしますか」てな感じの対応。基本となる90分14,000円コースと希望の18時スタートを伝えて予約完了です。

指名も一応しましたが、なんと2000円という割高料金が発生、少々いただけない部分でしょうか。

僕は17時になればスムーズな退社を許されている贅沢な身分。自由にアフターファイブを謳歌できます。

池袋へ向けて出発進行。仕事帰りに行くとスーツなので、女の子は男性のことを魅力的に感じる模様です(あるセラピスト談)。

駅の西口から歩いて5分と掛からない、パークハイムウエストというビルにお店はあります(その他にもいろいろエステ店が集合、エステマニア垂涎のビルです)。

エレベーターに乗り込み6階を目指し、降り立つと立て看板を発見。お店の扉を開けるとスタッフのお出迎えです。

この時点ではセラピストのご対面はナシ。受付やアンケートを終えた後のご対面となるシステムです。

支払いを済ませてしばらくするとSちゃん登場。スレンダーな長身と発育の良さそうなふくらみ、キュッと引き締まったウエストの、三重奏を奏でるスタイルは必見のセラピストです。

侮っていたのが服装。可愛い感じと勝手に思い込んでいましたが結構エッチ度高し。Tシャツもタイトで胸元が開き気味ですが特筆すべきが短パン。土手のVラインがクッキリしているではありませんか(そこにどうしても目が行ってしまいます)。

そしてシャワーへ。浴びる前にはスケスケ極小のTバックが手渡されワクワク。パチンッとゴムをはじき戦闘態勢が整います。

部屋へと戻るとエステの時間。中々の密着度に温もりと柔らかさを感じ幸せな立ち上がり。序盤としては上々です。

そろそろかなという頃にお尻にオイルの感触。Tバックは紐状なので、なにものにも邪魔されずに僕の桃は揉みしだかれることに「プリプリですね」「食べても良いですよ」なんて会話を交わし距離を縮めます。

自然とSちゃんの手はお尻から前の方へセンターを確認し「ンフッ」と意味深な吐息に悶えることになります。

その後仰向けの鼠蹊部では、まさかのバストの押し当てからのグラインド。さらには逆向きに僕のお腹にまたがり、お尻を突き出しての鼠蹊部責め。もう降参するしかありません。

「最高、絶対また来ます」。言葉では語れない満足度がそこにはありました。

情報局ポイント

メンズエステ『BARBIE(バービー)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

東京のメンズエステの記事

東京のメンズエステの記事一覧

無料案内所

体験談販売ページ

ガチオススメ販売ページ

2018ガチ紹介

人気店ランキング

ソクセらバナー