『ビマージョ 美魔女メンズエステ(be-majo)』体験談その2。市ヶ谷の王道店

体験談販売ページ

人気店ランキング

密着、密着、また密着

『ビマージョ 美魔女メンズエステ(be-majo)』を利用した際の体験談です。

女の子よりお姉さま、お姉さまより熟女さまが大好物な30代、職業倉庫内作業員のアロマ男子の小田です。

30もそろそろ半ばに差し掛かってくると、熟女の方々との年齢が接近してくることから「少し胸焼けしたり敬遠し始めるのかな」なんて思ったこともありました。

でもそれどころか、やっぱり熟女がいいというのが僕の結論。この年代にしか出せない、あの色気があるのです。

特にアロママッサージなどのお店だと、その色気がとてつもないビッグウェーブを巻き起こし、ハッスルすることも珍しくはないのです。

ついこの間の出来事ですが、素晴らしい熟女店に出会えたので報告させていただきます。

『ビマージョ 美魔女メンズエステ(be-majo)』というネーミングは、あきらかに美魔女を連想させるワード。僕にはダイレクトに伝わってきます。

 

『ビマージョ 美魔女メンズエステ(be-majo)』

 

公式サイトのデザインがとっても健やか。それと同時に、セラピストの控え目でも主張するところは主張しているプロフィール写真が良いバランスです。

料金設定も東京のメンズエステとしては良心的。熟女店万歳といったところでしょうか。

出勤情報に照らし合わせて予約を敢行。少し熟れ気味セラピストのTサンを指名しました(予約は2日前から可能、お目当てがみつかった場合はお早めに)。

場所は市ヶ谷になるので、都営新宿線市ヶ谷駅や東京メトロ市ヶ谷駅が最寄り駅となります。

他にも上野店がありますが、今回利用したのは市ヶ谷店。ホームページのURLも違うので上野店を選ぶ際は要注意です。

駅から歩いて3分から5分、某大手印刷会社の看板がランドマーク。そこから電話を入れるシステムです。

案内を受けお店に直行。こんばんわ~とインターホンをプッシュし、Tサンとの顔合せ。

ムッチリ系のボディラインと、ホルスタイン並みのおっぱいが「うう~ん、おいしそう」というのが第一印象。想像通りの熟れ具合、質のいい熟女と言えます。

イチャイチャムードでお部屋に案内。雰囲気良いじゃないですか。

アットホームで清潔感のあるお部屋で居心地抜群。タオルの状態も湿り気なくグッドです。

お茶を頂きながら受付。豊かなお胸に言及したりしても嫌な顔しない、スケベな会話も余裕を見せる、さすがです。

お支払いは120分を選択1,000円割引で15,000円。すごそうなオプションのディープトリガーポイントケアが1,000円(通常2,000円)、指名料1,000円プラスで合計17,000円となりました。

さてシャワーの時間ですが、Tサンの距離が異様に近い。

そう、洋服を脱ぐのを手伝ってくれるのです。

若干密着も入り、すでに準備万端の我が息子。その様子に一瞥した後、何か言うのかと思いきやスルー。そのプレイ(仕草?)妙に興奮いたしました。

この頃よく見るスケベ度高めのピンクTを装着し、いよいよマッサージ。

ストレッチを織り交ぜたほぐしを披露してくれるTサン。おっぱいの感触が所どころで実感、ストロングポイントの使い方も知っています。

オイルマッサージは足元から。気持ちのいいロングストロークで一気に太ももまで。少しずつヒップセンターや足の付け根にもアプローチが増加。

キワキワ度も中々心得ているようです。

お決まりのカエルもしっかりあって、東京クオリティともいえる太ももロッキング。その動きとにかく卑猥(鏡で確認できます)。

四つん這いは短めにとの願いでをすると「アラ珍しい、苦手なの?」そうなんです、僕は四つん這いがどうもしっくりこない。羞恥心も快感もピンとこず、無意味とさえ感じてしまうのです。

Tサンも「大丈夫よ」と、違ったパターンで攻めてくれる優しさがありました。

後半になると、抱き合っている時間が長かったかのように密着、密着、また密着という流れに悶絶。

特におっぱいでの鼠蹊部胸圧は反則スレスレの大技。つい情けない声と腰が動いてしまいました。

その後もイチャイチャの癒しの時間が続き、幸せをかみしめお店を後にしました。

ストレス発散とリフレッシュには最適なお店、当然リピートします。

情報局ポイント

メンズエステ『ビマージョ 美魔女メンズエステ(be-majo)』

セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆