『ディアーナ東京(DIANA)』体験談その1。東京出張専門の本格派

体験談販売ページ

人気店ランキング

千手観音のような心地いい手さばきに癒やされる

『ディアーナ東京(DIANA)』を利用した際の体験談です。

暇を持て余している無職の31歳、秋山です。

仕事の都合ではなく東京へと向かった理由は、単にメンズエステの遠征です。

本場なのかどうかはわかりませんが、日本で最もレベルが高くお店も豊富、さらには綺麗なセラピストが揃っていることは疑う余地がありません。

私の日常は仕事もないので、昼間から暇を持て余している状態。とは言うものの、先日までは某古本ショップで働いていたものの、時代の移ろいから客足が減り、閉店するという事態に陥ってしまったからです。

ネガティブな話になってしまいましたが、私もまだ若い。これからの人生をもっと楽しむという意味を込めて、東京にしばしのバカンスを楽しみに向かいました。

その中の一発目として、東京の初夜に利用したのが出張マッサージ。東京の圧倒的街並みに押されてしまった私は、部屋で大人しくすることを選んだのです。

お店は『ディアーナ東京(DIANA)』。渋谷や恵比寿といった若者のおしゃれタウンを拠点に、アロママッサージやタイ古式マッサージなどあらゆるジャンルを網羅し、ミックスしたアプローチを提供されているようです。

 

『ディアーナ東京(DIANA)』

 

また、セラピストの質の高さにもこだわりを置いているようで、容姿から接客までしっかり研修を重ねている模様。中々の熱の入れようです。

物は試しと早速電話。スタッフの小気味よい対応が都会的。名前をフルネームで伝えたり、ホテル名を伝えたりと結構大変だったのを覚えています。

メニューを選択する時にタブレットを片手に選んでいたのですが、思わぬ落とし穴を発見。料金の方がとってもお高い。やってしまった感の中、90分を選びました。

指名料と交通費を合わせれば20,000円。風俗に行けそうなお値段に、東京の物価の高さを痛感するのでした。

とはいっても、これだけの料金なのだから期待できるものもある。だってコース名は「ディープアロマトリートメント」だから。ディープに掛けるしかありません。

セラピスト到着まではシャワーを浴びて過ごします。

バスローブに身を包み、都会の夜景を楽しみたいところですが、ココは格安ビジネスホテル。ディープな景色が堪能できました。

そうこうしている内にセラピスト到着。大人的サバサバ系美人のSさんの登場です。

結構な荷物を携えており、少しガチャガチャ。でも都会のキレイなお姉さんと、部屋で二人っきりというシチュエーションに鼓動は早まる一方です。

Sさんはいろいろとセッティングがあるらしく、その間にカウンセリングシートへ記入。これがいろんな会話のヒントになったり、マッサージの流れを決めたりするのでしょう。

フムフムなるほど、てな具合に目を通すSさん。しばしのカウンセリングと会話があり支払いです。

キッチリ福沢諭吉が2枚財布の中から旅立っていくと思われましたが、新規割4,000円が適応され16,000円で納まるというサプライズです。

いよいよマッサージ。アロマの香りや優しい音楽が流れ、雰囲気も出てきております。

マッサージ技術のほどは確かなもの。特にオイルマッサージは、メンズエステの枠では語れないほどのスゴ業師。手の平が次々に押し寄せてくる、千手観音のような手さばきです。

感触もしっとりぺったりとディープで心地よい。Sさんの手の平もドンドン温まってきて、ホットストーンのようでした。

キワキワナシでも十分楽しめることを感じさせてもらいましたが、この度の目的はやっぱりキワキワ。そちらの方はこんな感じです。

一応鼠蹊部へのアプローチは、いろんなパターンで見受けられました。

深さもあり手抜き一切なしの心のこもったマッサージをしてくれるので、気持ちよさも中々のものです(しっかりフル勃起までは到達です)。

でもあくまで健全。無駄なヒッティングや掠り行為などはどこへやら、悟らせていただきました。

会話も楽しめたしマッサージも楽しめましたが、私みたいな一般庶民には少々敷居の高いお店であると感じました。

情報局ポイント

メンズエステ『ディアーナ東京(DIANA)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆