『ジャパスパ(JAPA SPA)』体験談その1。東京赤坂の意外性

オススメのお店

大阪
オススメのお店ーリラフル
オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

キワキワへのアプローチも申し分なし

『ジャパスパ(JAPA SPA)』を利用した際の体験談です。

どーもっす、毎日毎日、遠距離通勤に励む社畜の田辺です。

歳も50間近の初老のサラリーマンに、長距離と満員電車のコラボレーションはヘロヘロの大要因。

どこかで充電しなくてはえらいことになると、いつものようにメンズエステでリフレッシュです。

どのあたりがイイかな、アソコもいいし向こうもいい、悩ましいメンズエステからのお誘い多数。

決断の男は赤坂のメンズエステ『ジャパスパ(JAPA SPA)』で手を打つことに決定しました。

 

『ジャパスパ(JAPA SPA)』

 

公式サイトは、一見すると大衆アロマ店のような雰囲気。何もなく、リラクゼーションな時間を過ごすお店なのかなと思いきや、セラピスト一覧を覗いてみると。

「ありがとう、オジサンはとっても嬉しいよ」上々なセクシークオリティを表現。このギャップにズキュンと心打ち抜かれるのでした。

予約時は断られないか、多少の不安でドキドキ。

私「今日の夜なんですけど」

店「何時くらいからですか」

私「そうですね7時くらいから」

店「それなら大丈夫です」

と第一関門突破を果たしました。

何か体の力がすっと抜けたような感じです。

職場からも赤坂はそれなりに近い、近場への移動の何と楽ちんなこと。赤坂駅からも余裕の3分程度で到着。

その他にも溜池山王や赤坂見附てパターンもあるらしい。

ナイスマンションにスッと入るスーツの男。不倫相手の下に通っているように見えるのか、それとも仕事を終え帰宅したサラリーマンか、実のところは若い女性に現を抜かすショロ(初老)リーマンです。

お出迎えの方はTさん、お綺麗なお嬢さん。

衣装はメンズエステの基本形、タイトミニにピタT。

基本形なのに、なぜか他店よりもエッチに感じてしまう。「普通ですよ」とTさんは言っていたものの、凝視するほど見えてくるその理由。

Tシャツのデザインがこだわっているのと、やっぱりスカートがかなり短めなことかな。

あと老眼が始まっているのに、このお店では透視能力に目覚めたのか、Tシャツの向こう側が確認できてしまいます。

お支払いは早割で2,000円オフ、指名料を入れて90分18,000円。10分当たり2,000円とかなりの高級感があります。

シャワーで加齢臭を撃退、ボディソープはモコモコにしてやりました。

初老がTバックっていうのも中々乙なもの。しかし、それを超える光景が部屋に戻ると発生してしまいます。

Tさんのお姿が、ベッドインスタイル。「どうぞ横になってください」なんてそんな積極的な。

EDなんて言葉は、Tさんの前では意味をなさないものでしょう。

まずは通常パターンのほぐし系。そのお姿で、普通にほぐしている光景が妙にシュール。お笑いの世界なら、このまま健全マッサで終了でも面白いかも。

想像してしまいニヤリ「どうされましたか」「いやチョット想像してしまいまして」「ヤダ何をですか」「いろいろいいことを」。

保守派の私は、このまま終わるのも面白いなんて到底言えません。だって本当にそれでいいのって思われると怖いから、小さい男って言ってやってください。

オイルに入るとセクシー感満載。キワキワへのアプローチも申し分なし。鼠径のラインが強調され、往年のギャグのフレーズを叫んでしまいそうです。

四つん這いの態勢は苦しいので、オジサン仕様に変形させていただきました。

さあこれからはよりメンズな気分の仰向けへ。改めてみるベッドインスタイル、オイルがついているのが卑猥さ満点。

おさわりには厳し目でも、向こうからおさわり的な流れに持っていってくれるので、安心して身を委ねることができます。

まさにリラックスの極み、変な態勢にならずとも、お痛が楽しめるという感じです。

エンディング間際のマッサージは鼠径を重点的に。それがそのおっぱいや太もも、あるいはデリケートなゾーンが行ったり来たり。

はいっ、自信を持って言えます。満足な結果です。

エリートリーマンになれば毎週通っちゃうけど、私のペースは2か月に1回がやっとかな。

情報局ポイント

メンズエステ『ジャパスパ(JAPA SPA)』

セラピスト:Tさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆

体験談販売ページ

人気店ランキング