『ラティス(Latice)』体験談その1。麻布十番のラグジュアリー

オススメのお店

大阪
オススメのお店ーリラフル
オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

掠って撫でてガッツリ捉えるディープの極み

『ラティス(Latice)』を利用した際の体験談です。

どーも、ひとりでメンズエステを楽しむのが大好きな、30代もそろそろ卒業間際のスーパーマーケットの社員の渋谷です。

よく周りでは情報交換をして楽しんでいる人もいますが、そういったことが私自身どうも苦手。情報を得るクレクレは得意でも、自らの体験をみんなに伝えるのが恥ずかしいのです。

でも今回は口頭ではなく文字なので、勇気をもって発表できればと思っています。

少し気取った感じにセレブな街、麻布十番にある高級店をチョイス。お店の名前は『ラティス(Latice)』です。

 

『ラティス(Latice)』

 

高級店に求めるものは何かと聞かれると、やはりセラピストのクオリティ。東京のメンズエステでのこれまでの経験上では、ハズレが比較的少ないといえます。

驚くほど美人な子や、スタイルのいい子もいるので、もしかすると何かしら芸能活動のようなこともしているのかな、なんて思うこともしばしばです。

電話を入れると、まさかのピクシーボイス。

そうです、こちらのお店は受付が女性。思わず鼻息全開。紳士的に予約を取りましたが、もしかすると鼻息が相手のお耳に少し触ってしまかもしれません。

アクセスは麻布十番駅からすぐのところ。周りを見渡すと、テレビ局があったり東京タワーがあったりと、普段東京で住んでいるにも関わらず、都会の風を感じてしまいます。

さすがの高級店。お店となるマンションの方もラグジュアリー感満載。インターホンを押す手が若干緊張します。

カチャリとゆっくり扉が開けられ、セラピストとあいさつを交わします。

見つめられるとドキドキしちゃう、そんな美形の大人女子、Sさんが今回のお相手です。

Sさんとにかく色っぽい、サバサバした雰囲気なのですが、所作のひとつひとつが男性を楽しませてくれる感じ。胸元が緩めのお召し物も最高のエッセンスです。

施術ルームは観葉植物やムーディーな照明器具などがあり、おしゃれにまとめられており、横たわった鏡の枠がかなり重厚だったのが印象に残っています。

私はソファーでSさんは床、胸元と太ももの眺めよし。目線をどこに合わせるのか、贅沢な悩みに取りつかれました。

支払いは前払い。ポータルサイトの新規限定割の適応を願い出ていたので、3,000円引きが実現。90分のラグジュアリーリンパコースが、指名料込で16,000円となるはずでしたが、オプションの勧めに断りきれずプラス3,000円となり結局19,000円のお支払です。

思わぬ出費にドキドキ。シャワーの記憶が何処へやら。

セクシーな紙パンツを着用したころ、やっと記憶が戻ってきて気持ちも切り替わり、ムフフ準備完了です。

するとムフフ度いきなり最高潮。Sさんの変化を目の当たりに。ニヤケ面が先に出てしまい、その様を突っ込めない。完全に変態スケベオヤジ丸出しです。

マッサージは余計なものは排除したいきなりオイル。この時点で、もしかすると2回戦を目論んでいるのかななんて気持ちにさせられます。

リズミカルなストロークはあっという間に終着点へ。行き場を失った手はどこへ流れていくのか。

お察しの通り脇へと進路を変更し、鼠蹊部を絡めながら、脚を包み込むようにして引いていく極上エステです。

そして本格的なキワ処エステへ。じっくり丹念に距離を取りながら、ジワリジワリと近づいてくる。掠って、撫でて、ガッツリ捉える、ディープの極みとはまさにこのことです。

気持ちよすぎて鏡の存在を忘れる始末。ハッと思って見た時には、Sさんのポジションチェンジ。「今結構いいところだったのに」と助言。そりゃ中々今見てとは言えないよなと、残念がる私です。

仰向けになると挽回は十分に可能。イヤそんなところではなく、鼻水が鼻血に思えてくるほどの刺激的な風景。「世界の車窓から」に代わる新番組が始まりそうなくらいです。

そろそろラストスパート。Sさんと見つめ合いながらグイッと体に食い込むボイン。刺激は手と太ももが担当。

「鏡見て」と言われ横を向くと、暴れ馬の如くあっちこっちに向きを変える我が愚息。耐えられるはずもなく迎えた快感に、Sさんは優しく寄り添ってくれました。

まあリピーターでも利用できる割引もあるようですし、これなら麻布十番にしょっちゅう出没してしまいそうです。

情報局ポイント

メンズエステ『ラティス(Latice)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆

体験談販売ページ

人気店ランキング