『メルティフィール(Melty Feel)』体験談その1。恵比寿のヌルヌルオイル

体験談販売ページ

人気店ランキング

一言で表すなら「最高」

『メルティフィール(Melty Feel)』を利用した際の体験談です。

こんばんわ、寝る間も惜しみ汗水流して働いて、ようやくエステ費用を稼ぎ出す30代のアルバイト掛け持ち男子の浜野です。

夢はでっかく持ちたいものの、現在はメンズエステでいい思いができればそれで満足。

何とも建設的な人生を歩めてないのがつらいところ。いやいやメンズエステでいい思いができれば、それは幸せなことだと強く念じておきましょう。

そして今回、私の只ならぬ臭覚の先にみえたのが、メンズエステの聖地とも言える恵比寿に根付く『メルティフィール(Melty Feel)』。とにかくとっても良さそうなのです。

 

『メルティフィール(Melty Feel)』

 

あっそうそう、こちらのお店どうやら麻布十番にもSweetCheekという系列店を持っているよう。さりげない情報でした。

少し脱線してしまったので話を戻すと、目を引くのがセラピストたち。

皆が揃って脂の乗った色気を纏っており、体の発育具合も良好。スタイリッシュな都会のお姉さん感も感じられ、我々底辺男子からすれば手を伸ばしても届きそうにないような女の子ばかりなのです。

なんか利用するには勇気と覚悟が求められそうな雰囲気ですが、私はメンズエステに関しては勇気と希望の塊。すかさず電話で予約を済ませるのでした。

電話に出たのはおっとり癒し系のお姉さん。なぜだか軽く興奮してしまい「お姉さんは指名できないの」なんて発言をしてしまいました。

気を取り直して恵比寿へ向けて移動開始。時間にルーズな方にはメンズエステ体験は最適、時間厳守が習慣付きます。

某シティバンクの前で電話確認、マンションの場所を伝えてくれます。

路地を進むと現れたのは趣のあるマンション、エレベーターで指定階まで駆け上がりいよいよその瞬間が訪れます。

第一印象で「やりました」。お立ち台に立ってヒーローインタビューを受けている野球選手のような気分にテンションマックス。

そのセラピストはSサンです。

何と表現していいのでしょうか、とにかく私へのセックスアピールが強い。Sサンの唇、胸の谷間、表情など、醸し出すフェロモンすべてを真面に受けてしまうくらい、私の感性にピッタリの女性です。

舞い上がる意識をしっかりさせながら、メルティコース80分17,000円(指名料込)を渡します。

ワクワクが止まらず、すでに勃起状態。シャワーを浴びながら軽くシゴいてしまいそうになります。

Tバックを装着するものの、先っぽは納まらない。さらに納まらない状況は続く。

なんとSサンがお着替えタイムでセクシー度100倍増し。もう自由にしてください。

防水シートが敷かれたマットに横になると、ぬるっとオイル入ります。結構躊躇なくオイルが塗布されたもので、一瞬にしてオイリー塗れ。

そしてSサンは惜しげもなく自身の体を私に密着。温もり&ふくらみ&スベスベお肌がいい感じ。そのヌルヌル具合を活かして、全身を使ってのマッサージが始まります。

一言で表すなら「最高」。それ以外思い浮かばないくらい。目一杯「今」を感じていたい、そんな衝動が芽生えます。

間もなくするとお尻の間から手がにゅるっと侵入。割れ目をなぞり、Iラインから玉、竿の根元でターン。

この期に及んで焦らし技まで持っているとは「あんた最高だよ」。時間の経過とともに仰向けへ。Sサン自体もすでにオイル塗れ、セクシーコスチュームも肌に張り付き、程よく透けてエロいです。

デコルテから覆いかぶさってくると、もちろんおっぱいが指圧の役割を果たし、顔がほころびまくり。そしてしばしの見つめ合いタイム。お願いすればキスもオーケーな視線ですが、今回は自重することに。

その後は股の間に陣取り、おっぱいが股間にピトッ。グイングイン押し当て開始。しかも前後に動くので完全にパイズリ状態。

さらに上に上がってきての太ももで刺激アップ。Sサンもほのかにスイッチ入ってる感じで、吐息が漏れているではありませんか。

最後は熱烈ハグにて終了です。リピートは決定事項。しばらくはこのお店を中心に、メンズエステのスケジュールを組みそうなくらいです。

情報局ポイント

メンズエステ『メルティフィール(Melty Feel)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆