『三ノ輪 隠れ家らんぷ』体験談その4。三ノ輪の安らげる高セラピ熟女

体験談販売ページ

人気店ランキング

ワンランク上のスゴ技

『三ノ輪 隠れ家らんぷ』を利用した際の体験談です。

こんばんわ、カップラーメンの後入れスープに若干苛立ちを覚えてしまう、40代のドライバー業務に勤しむ中年の広田です。

我々の頃は、全部をぶっ込んでお湯さえ入れればOKだったのに、なぜこんな手間が必要なのか。味の変化だってたかが知れてるでしょ、と石頭振りを発揮しています。

このように適応できなくて、世間から取り残されていくのではと、さらなる不安を煽ってしまうさみしい年頃なのかな。

でも独身中年ならではの、少し余裕の出来た経済力をもとにメンズエステで慰めてもらうことにしました。

選んだのはジェネレーションギャップを感じない、熟女店の『三ノ輪 隠れ家らんぷ』

 

『三ノ輪 隠れ家らんぷ』

 

いやはや「まだまだ女を捨てるもんですか」って気概の感じる、セクシー熟女がお集まりのもようです。

電話番の男性スタッフの案内を受けながら、無事予約を取りました。

指名の方はナシでも、マッサージのウマい方って注文は付ける、少々面倒な客です。

最寄駅は東京メトロ三ノ輪駅、出口は1aが案内しやすいよう。ホームページにも記載されています。

電話をかけると、すぐそこのマンションでしたね。建物の感じは普通で、特筆すべきはナシ。

部屋へと向かってピンポンを押すと、Mサンが迎え入れてくれました。

小柄でちょいぽちゃサン、オッパイは大きめで結構強調しています。

熟女のこういった姿勢は妙に色気があって、何かがありそうな気持にさせてくれます。

凝視しても、まんざらでもない空気を出す辺りもムフフンです。

やさしそうな感じもあって明るい性格、美意識も所々に垣間見えるセラピストです。

部屋はワンルームではなく、その他にもいくつか部屋があって事務所も兼用。いわゆるファミリータイプってやつですね。

でも部屋はゆったりできて、マットに敷かれているタオルも湿り気ナシ。鏡が設置され、程よい明るさで色っぽいことをするムードが高まります。

料金は先払いで90分10,000円。実は数回利用していまして定価です(新規なら1,000円引き)。

その後、Mサンはシャワーの準備へ。しばらくして案内され、脱衣所で服を脱ぎます。

脱いだ洋服はMサンが持ち運びしてくれたのかな、気が付くと部屋に帰ってきておりました。

紙パンツはアリで、うつ伏せからのスタートとなります。

Mサンの経歴にはエステ店の勤務が多数あるみたいで、腕前は熟練のセラピストです。

基礎がしっかりしているマッサージで、マッサージってこういうもんだったよねと、再確認させられました。

色ボケ中年の反省点です。

ただそれだけで終わらせないというのは、何を隠そう、Mサンの意識の中にしっかりありました。

オイルに突入するや否や、「ごめんなさいね」と直に足裏に乗っかり、アソコが当たる設定です。

指先を動かしてみると「ヤンッ」なんて、かわいい反応をみせてくる乙女です。

そんな乙女も次第に私の足の動きに順応し、ウフンと色っぽさをみせながら受け入れてくれます。

それでもマッサージの方のパフォーマンスは維持されたまま、こっちを味わいたくなってしまうほど。

なるほど、マッサージの気持ちよさやオイタを防ぐ、ワンランク上のスゴ技としておきましょう。

スケベゾーンに至っては、まあね期待通り予想通りの展開へ。グイングインと、どんなところでもマッサージしちゃうよというような動きに、タップ寸前まで。

仰向けになってのデコルテは、すごく癒しムードで、ほのかに恋人気分が味わえ次第に急接近。いろんなところが顔に当たったり、くっついたりしていました。

最後は横に来てもらっての、お腹と鼠蹊部を交えたマッサージ。絡み方ならカルボナーラ以上かもてなほどで、引いて戻るところでコキってね。

さりげなく直接的なアプローチは、エステ中のアクシデントを演出するには十分でした。

情報局ポイント

メンズエステ『三ノ輪 隠れ家らんぷ』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆