『ぺぺスパ(Pepe Spa)』体験談その2。蒲田の魅惑の限定オプション

体験談販売ページ

人気店ランキング

ネットリした手の平が真空状態のように密着

『ぺぺスパ(Pepe Spa)』を利用した際の体験談です。

頭髪がデリケートな状態を抱える、40歳手前のサラリーマンの馬場です。

そんなことからマッサージとは一線を置きたいタイプなのですが、メンズエステは別物。掻き乱されたって構わない、それくらいおおらかな気持ちで挑めるのです。

この度、ググりを入れて見つけてきたお店が『ぺぺスパ(Pepe Spa)』ってところ。

 

『ぺぺスパ(Pepe Spa)』

 

下北沢と蒲田にルームがあって、さてどうする。

出勤表を見て判断すると、蒲田ルームのセラピストの方が色っぽい雰囲気だったので蒲田を選択しました。

私が利用するタイミングでは下北カワイイ、蒲田セクシーってイメージでしたが、在籍セラピストはどちらの出勤もあるみたいですね。

セラピの年齢層は20代が中心。タイプは様々で在籍人数もたくさんいるみたい、出勤数は平均3人くらいと少な目です。

ロックしたセラピに出会うため指名アリで予約へ、仕事終わりの丁度いい時間帯をゲットです。

蒲田駅の東口を降り、線路伝いに行くもよし、お店が建ち並ぶ通りを突っ切るもよし、徒歩にして2分から3分の道のりです。

マンションや多国籍な看板がみられるエリアの質屋前から連絡です。

セラピにイイ物を貢ぐと、コノ質屋に持ってくるのかなと悲しい現実を想像し、勝手に切なくなる。

そんなこととは無関係に、スタッフの方は感じよく、マンションの場所を案内してくれるのでした。

カオスなエリアに佇むキレイなマンションに一安心。お出迎えのセラピを見て、さらにギュィーンと股間が締め付けられました。

大人の色気を纏った美人姉さん、Mサン。タイトなコスチュームから浮き出る腰つきも魅力的。

この方がムフフなことをしてくれるのは、ごく当たり前、自然なことなのかなと思ってしまうほどエロいです。

お部屋はワンルームなんで、存分に声が出せる。

男にはセラピにだけ見せたい姿と、聞かせたい声があるのです。

どうぞとソフトドリンクを頂き、料金のお支払い。

コースは「W選択PEPEコース」という、オプションを2つ選んでいいですよってやつ。

割高ですが結果的にお得になるコース、90分で18,000円です。

選択したのは「リンパの王様」と「ストッキング」。想像し難きものではなく、そのままです。

シャワー後のTバックはオイルがつけば透ける仕様、期待感もあって若干染みてたりして。

バスルームの前では、ストッキングをパッツンパッツンに穿いてくれているMサンです。

部屋は来た時よりも暗くなっており、廊下の明かりが少し漏れ伝わる感じ。

マットにパタンと伏せてから、眠りへと誘うようなヒーリングタッチで始まります。

「失礼します」はオイルではなく上に載ってくる合図、お尻の感触を頂きながら近距離マッサがありました。

タオルが捲られるとオイルってことですが、まずはストッキングの感触を確かめたいと太ももからのお願い。

足裏とふくらはぎにはストッキング独特の摩擦感が伝わってきて、スケベを高めてくれます。

太ももからのオイルなので、お尻やカエルの展開も早め。

大人のネットリした手の平が真空状態のように密着してきます。

男性のツボを押さえているので、無駄に激しくせずとも伝わる快感。おかげさまでビンビン・タラタラ。

四つん這いでは、お尻をじっくり攻めてくれ、弱さをみせたアナルにもピンポンダッシュの連続です。

仰向けスタートはお馴染みのデコルテ。見つめ合いの時間があり「めっちゃ見てくる」と目隠しを兼ねたパイ圧が。

顔を動かしたくなるのは必然、押し付け合いの攻防が楽しめます(髪の乱れも気にしない)。

お楽しみの時間もそろそろに、添い寝スタイルでストッキングの脚と手で鼠径を刺激。

そして生脚になるお手伝いをすると、一皮むけたMサンはムフフ状態で。

帰り際にはハギュッで健闘をたたえ合い、乱れた髪をサラッと直して蒲田駅に向けて歩くのでした。  

情報局ポイント

メンズエステ『ぺぺスパ(Pepe Spa)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆