『レインズラプト(RainsRapt)』体験談その2。五反田のえっちな雰囲気

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

ホールインワン級のメンエスプレイ

『レインズラプト(RainsRapt)』を利用した際の体験談です。

寝る時と起きる時の気温の変化になれず、汗だく起床が一日の始まりとなっている30代のサラリーマンの松岡です。

正直言って熱いのはお好きではないので、これからの季節の到来はちょっと憂鬱。

そうなれば裸で遊べる男のパラダイスに足を運べばいいやと、引き出しが多くなったのはそれなりに人生経験が増えている証拠でしょうか。

さておき、裸になれるパラダイスってどんなとこ。まあね中々大きな声では言えないようなところではあるものの、れっきとしたリラクゼーション業界の一翼を担うとこ。

男だってオイルマッサージされたいんだもの、いいじゃないの。

お店の場所は何かと誤解されそうな五反田。職場アリ、飲み屋アリ、風俗店アリと、男の利便性高めエリアです。

店名は『レインズラプト(RainsRapt)』。こちら五反田のみならず、目黒や恵比寿などメンズエステのホットエリアにも出店している、中々の実力店の模様。セラピストを見ただけでも期待が高まります。

 

『レインズラプト(RainsRapt)』

 

予約を絶妙のタイミングで獲り、射止めた女性がKさん。プルルンGカップバストと、ショートカットにやられちゃいました。

アクセス良好、五反田駅から5分足らず歩んだ先のマンションです。

近場のコンビニから連絡を入れるのですが、到着しておりました。

建物の感じは至って普通、ともなれば室内も普通。暗がりでよくわかりりませんでしたが、清潔感はあったと思います。

テーブルとひとり掛けソファがあって、マットはオイル垂れ流し仕様の防水加工が施されています。

遅ればせながらKさんについても語っておきましょう。

やっぱりオッパイクンが迫力あるんですよね。

可愛い感じで、ちょっと新妻的な雰囲気もあって、リアルエロセラピスト。妄想を掻き立てられるタイプです。

愛嬌のある接客がこれまたいい。コスチュームとは裏腹に、エッチな雰囲気を出そうとしないところがエッチなんです。

さておき、待ちに待ったお支払いタイム。男の度量を見せる時。財布から颯爽と諭吉2枚放出です(レインズコース100分指名料アリ)。

シャワーへと案内。コンパクツな水浴び設計のバスルーム。シャワーだけなら贅沢でしょう。

用意されたTを装着し、裸よりも卑猥なスタイルで部屋へと帰還。

「なるほど、そうですか」とKさんのヒロイン的変身にムホホホホッ。ムクッとTから暴れん棒がはみ出した瞬間です。

さーて聞きたいのはどの当たりなのかな。やっぱりオイルからいってみようか。

いやでも、ほぐしも中々だったんだけどな~。なんというか、タオル一枚隔てて伝わる感触。この緊張感が結構ドキドキさせてくれるのです。

タオルがあるのでKさんも積極果敢。このままバスタオルの中に誘い込んで、朝まで眠りたくなるホッコリした時間でした。

でもねタオルが取り払われると、積極性がよりアップ。大胆な密着感は生身のKさんに触れています。

ともなれば鼠径部なんて言葉が童貞用語に思えてくるくらい、あんなところまでオイルエステ。何の液体かわからないくらい、トロトロねっとりなオイルで勃起させられます。

カエル脚、四つん這いとメンスメドレーを味わい、さて次はと言うところで「んっ、どういうこと」。

Kさん「そのまま腰を下ろしてください」っていうのです。

暴れん棒状態のまま腰を下ろすと、そこはKさんのひざの上。「ホントにホント」「ハイッどうぞ」。

イヤー、申し訳ないような恥ずかしいようなうれしいような、感情が暴れます。

下ろしてみると、Kさんの太ももに暴れん棒が密着。

若干股を広げるKさん、その隙間に暴れん棒が納まってしまうという、ホールインワン級のメンエスプレイに感動です。

仰向け時は、私の体の上でモゾモゾしてくれるのです。

オッパイを使ったり、お尻を使ったり、お股を使ったり。全てがホームランでした。

これまたリピートすべきお店発見です。

情報局ポイント

メンズエステ『レインズラプト(RainsRapt)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★★