『レインズラプト(Rains Rapt)』体験談その3。五反田のたっぷりオイル

体験談販売ページ

人気店ランキング

エステという名のボディプレイ

『レインズラプト(Rains Rapt)』を利用した際の体験談です。

物忘れがひどくなり始めている、家電量販店で働く30代後半の澤田です。

私の中で密かに盛り上がり始めている、オイルマッサージのホットエリアが五反田。

そんな五反田で『レインズラプト(Rains Rapt)』と言うお店を発見。新たに発見したかのように思いましたが、実は以前来たことがあるお店でした。

 

『レインズラプト(Rains Rapt)』

 

たどり着いたマンションを見て思い出すという恥ずかしい失態。

すっかり忘れていたとはいえ、過去の自分との趣味の同一性を感じ、改めてこういった雰囲気が好きなんだと確信を持ちました。

予約を取ろうかと思っても、仕事終わりでは遅すぎて何度となく「本日いっぱいなんです」を聞いたことか。

そして「もう先延ばしはできないと」出勤前にレッツ予約。あっけなく予約も指名も両立できてしまいました。

メンズエステの日って、やっぱりソワソワするタイプです。気分的には大みそかの昼下がりって感じかな。

そんな気分で降り立ったのが五反田駅西口。そこから歩け歩けで約200メートル、某セブンイレブンに到着です。

休憩もオーケーな大人のホテルをみかけて、なんか覚えていると思いました。

そこからすぐのマンションへお招きいただき、お迎えに上がってくれたセラピストがNちゃん。早く来てアナタと、ベッドの中から手招きしそうな薄着がチョーエロい。

「舐めまわすように見る」とはこのことかと言われると100パーセント認めざるを得ません。

歴代舐めまわしセラピストの一人として、Nちゃんの名前は私の中に残っていくことでしょう。

そしてお部屋の様子がこれまた準備がイイ。すでにマットに照明が反射しているではありませんか。

そうビニール?みたいな防水シートがスタンバッており、この上がメンエス的戦場になることを示唆しています(思惑勃起発動)。

軽めのジャブ(下ネタトーク)にも好戦的に反応するNちゃん、ハッキリ言ってエロいです。

お支払いの時に財布からお守り(ゴム)をチラつかせてもいいんじゃないと思ったほど、でも行きすぎ危険はメンズエステでの合言葉です。

ココは大人しくレインズコース80分16,000円(指名料込)お渡しします。

「じゃあシャワー浴びましょう」「えっ一緒に浴びてくれるの」「違いますよ」なんてイチャイチャしながらご案内。

使い方や紙パンツの説明を受けシャワー、となるところですがNちゃんはステイしたまま。

「アレどうしたの」「脱がせてあげる」「マジで」「ハーイッ」ううん、唸るような始まりでした。

しかもシャワーの後も残りの水滴を拭き取ってくれる、なんという温もりあるおもてなしなのでしょう。

ホコホコした心のまま、ビニール仕様のマットに張り付く。マットから私の胸の高鳴りが反響してきます。

そしてゆっくりと手を添えるように、軽めの指圧とボディーコンタクトを経てオイルの塗布へ。

「豪快」に振り掛けられるオイル。多少色気に欠けますが、これはこれで後の楽しみに繋がるとしてアリ。

エステという名のボディプレイが始まります。順序があるのかないのか分からない、背中やお尻、首筋、脇腹、鼠蹊部などなど、その時々のパッションでアプローチしてくれます。

薄着での密着はモロにNちゃんが感じられる。特に下半身は絡ませてくるので、若干際どい体液も交じっているのではと思わせられるほど、お守りの出番を心待ちにしてしまいそうです。

いろんなメンエス要素を楽しんだ後はメインイベントの仰向け。アラアラと突き出したお尻が顔面に接近中、滑りが過ぎて危険が及ぶといけないので、男としてNちゃんを支えました。

「アンッ」なんて色っぽい「ありがとう」も頂き(勘違い)、デリケートゾーンへもちょこっと指当てとなぞりができました。

カウントダウンが始まるころには、ボディを使って鼠蹊部の刺激。ラストはオッパイの柔らかさを感じながらと言う最高の結果が実現です。

もう忘れない、レインズラプトを心に刻みました。

情報局ポイント

メンズエステ『レインズラプト(Rains Rapt)』

セラピスト:Nさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆