『サロンラグジース(Salon Luxis)』体験談その1。六本木での原点回帰

体験談販売ページ

人気店ランキング

健全とエロスの醍醐味

『サロンラグジース(Salon Luxis)』を利用した際の体験談です。

どーもどーも、メンズエステを考える会の会員の米山です。

気が付くと、こういった類のお店に足を運ぶようになり早10年以上の時が経ち、いつの間にか40代目前、10年前のことを思うと、その進化の度合いに驚愕させられます。

ただ意外と変わらないのが当時からの理想形。健全の中にコッソリ忍ばせてくるエロスな香り、そんなお店にこの度足を運ぶことになりました。

場所は東京を象徴する街のひとつ六本木、誘惑めいた雰囲気がプンプンしております。

お店の名前は『サロンラグジース(Salon Luxis)』。特別意味は詮索しないでおきましょう。

 

『サロンラグジース(Salon Luxis)』

 

公式サイトのコンセプトを覗いてみると、メンズの前にレディースの文字が。と言うことはやっぱりメンズエステと言うよりも、リラクゼーションサロン的要素が強いのかなと感じられます(何気に少しさみしさが漂う、健全とエロスの狭間を思ってもエロには弱いのが男性というものか)。

まあ物は試しと、早速予約の電話を入れてお伺いを立てます。

丁寧な対応に増々健全店の香りが。速やかな対応に促されるかのように、気が付くと予約を確定させておりました。

なお施術をベッドとマットどちらにするか問われ、よどみなく「マット」と答えてしまいました。

仕事も定時に無事終えることができ、会社を後に。六本木の街へ駆け込みます。

某チェーン店の辺りから電話誘導。路地の奥に佇むビルへと突入です。

来店して驚くべきことが、テレビ番組やドラマのセットのような小洒落た受付ルームがお出迎え。

独特の緊張感がそこにはありますが、担当セラピストのSちゃんの笑顔で落ち着きます。

まずはカウンセリングシートへの記入があり、その後支払い(1,000円オフの新規割適応で90分指名料込で15,000円)。

キャンペーンの旨を伝えることで、10分の足湯とカウンセリングが無料に。うれしいことですが「これって意味あるの」と不思議に感じます(もしかすると、通常回では料金発生なのかと変な気持ちに)。

気を取り直して足湯が開始、ぶくぶく泡で足をキレイに。

ちょっとセラピに触れておくと、Sちゃんは長身でおしとやかな和風美人。タレントさんでもイケそうな感じです。

お店の制服がよく似合っており、しっかりセラピストしています。

そしてシャワーかと思いきや、そのままルームに案内され着替えを促されました。

シャワーが無いのはつらいところで、エチケット面に懸念が残ります(オッサン世代は粗相しないか不安になるのです)。

少し恥ずかしげに手渡されたのは極小Tバック。改めて穿こうとすると、前後ろ間違ってしまうくらい、健全とエロスが同時に押し寄せてきて興奮します。

初めは足裏からのオイルマッサージ。メンズエステではショートカットしやすい場所も、しっかりケアしてくれます。

もちろん太ももで挟まないまでも、太ももの上に載せてくれるので感触あり。

その後ふくらはぎや太もも、単なるエステに止まらず、指先を使った指圧的オイルマッサージがコリや疲れに効いてきます。

タオルが取り払われた状態でお尻開始。Tバックのため、ほぼお尻丸出し状態。

あんなところまでも見えてそうと考えるとドキドキ・ドキドキ。

しかもここでは健全的なものだけでなく、フェザータッチを織り交ぜたセクシーアプローチ。ピクッと反応するのはお許しを。

背中、デコルテなどを経て、ついに仰向けへ。こちらでもTバック一枚の姿で鼠蹊部に。グイグイリンパを流すようなマッサージは、メンズエステのそれとは一線を画すものでした。

独特のしっかり感に息子は反応し放題。頼りないTバックからは亀頭がこんにちは。

SちゃんはそれをTバックに仕舞い込もうとはせず、見て見ない振りがいやらしい。

そしてラストはお腹。丹念に下腹部まで揉みほぐしてくれるので、当然Sちゃんの手と腕が亀頭に絡みます。

ワザとなのか偶然なのか、まさにここでも健全とエロスの醍醐味を堪能させてもらいました。

中々の生殺し感を久々に味わい、原点回帰を達成するのでした。

現在の業界では貴重な存在、しばらく通うことにします。

情報局ポイント

メンズエステ『サロンラグジース(Salon Luxis)』

セラピスト:Sさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆