『シャングリラ(SHANGRILA)』体験談その3。高田馬場のぷにぷにおっぱい

体験談販売ページ

人気店ランキング

オッパイでマッサージしてくれている感じ

『シャングリラ(SHANGRILA)』を利用した際の体験談です。

この頃、大量発生し始めている蚊の大群にどうやら狙われているのではと感じる37歳の交通誘導員の北島です。

虫よけスプレーは必須、蚊取り線香の煙が何とも言えず、安心感を与えてくれます。

蚊に刺されるとかゆいだけでなく、赤く跡が残るのがとにかく嫌なんです。

なぜなら裸になるお店に行きづらくなってしまうから。刺され過ぎた体で女の子を引かせないためにも、日頃のケアを徹底しています(ある意味意識高い系)。

そんな私、見事に蚊の攻勢を防いだ体で向かったのは高田馬場にあるメンズエステの『シャングリラ(SHANGRILA)』です。

 

『シャングリラ(SHANGRILA)』

 

某ポータルサイトで、ワールドクラスの豊乳でエステに挑んでいるお姿を拝見してから、寝ても覚めてもその光景が脳内でリピートされる。

こうなっては行くよりほかの選択肢はないということです。

店舗型なので予約なしでもいけそうですが、お目当てのセラピストが居るので指名は必須。

でもちょっとサイトチェックをして、思わぬ誤算に出くわしてしまうのでした。

な、な、なんと、お目当てのセラピスト以外にもブルブルンなおっぱいを要した女の子たちがいっぱい、いやオッパイかな。

世の中は果てなく広いことを思い知らされます。

でもね、やっぱりここは一途な自分で居たいから、第一印象で決めてましたと、Kちゃんに告白タイムです。

「ハイ承りました」と男性っぽい声でOKを頂きました。

さあ行ってみようと高田馬場駅まで電車に揺られ駅に降り立ちます。

すがすがしさの次には、ついにここまで来たんだと、Kちゃんのオッパイとの遭遇に若干の緊張感が芽生えてきました。

緊張のおかげからなのか、気が付くとお店の前。そしてお店のドアをオープンさせるのでした。

まずはセラピストのお迎えではなく男性スタッフが対応。店舗型ならではサインやコースの確認、お支払い(タイム割で90分が14,000円(指名料込)かな)などを済ませれば、いよいよの瞬間です。

「お待たせしました」とボインな挨拶のKちゃん。思っていたより小柄でしたが、バストの具合は思っていたよりデカイ。

雰囲気も中々良く、エロなイメージをしやすい女の子です。

奥へと通され部屋へとご案内、部屋はブース系。

間仕切りで仕切られたスペースで出入り口はカーテン、天井部分は筒抜け風、耳を澄まさずとも会話が聞こえてくる感じです。

まあ店舗型なのでしょうがないとはいえ残念なところです。

気を取り直してシャワーとTバック、エスコート付で行き帰りはラブラブモードです。

うつ伏せダイブでマッサージスタート、指圧は程々にオイルへと移行、このスピードは好感が持てます。

足元からのオイル塗布、両手でふくらはぎを押すとナチュラルだっちゅーのが完成。

思わず「危ないッ」て叫んでしまうほどこぼれ落ちそうになっています(半分こぼれている状況)。

これは目が離せないと、終始体をひねって鏡に映るKちゃんを目で追っていました。

カエル脚になるといよいよ本領が発揮され始めて、ムニュッとオイリーで柔らかな感触が太ももやお尻に伝わってきます。

Kちゃんも上半身を上手くグラインドしてくるので、オッパイでマッサージしてくれている感じです。

お尻辺りは指先中心ですが、腰から背中になるとドッシリした重みと共にKちゃんがピタリと密着。

背中には当たってるオッパイ、当ててるのとはKちゃんのお言葉です。

その後もデコルテパフンで窒息必至、ハムハムしながらコッソリ味わってみたりして。

そうこうしている内に足の間のセンター鼠径、盛り上がってくるとパイズリのような態勢で乳首まで手が伸ばされる。

そして横にきて抱き寄せながら、至近距離の唇とオッパイに接触。ラストは見つめ合いながらのビクビクッ。

このオッパイの感触、正直今でも残っています。

情報局ポイント

メンズエステ『シャングリラ(SHANGRILA)』

セラピスト:Kさん

男の情報局オススメ度:★★★★☆