『シュピール シュテレ(Spiel Stelle)』体験談その1。茅場町で妄想が広がる

オススメのお店

東京

オススメのお店ーファンシーローズ

大阪

オススメのお店ー甘蜜タイム

体験談販売ページ

人気店ランキング

ネットリとした手技でキワラインを撫でてくる

『シュピール シュテレ(Spiel Stelle)』を利用した際の体験談です。

スポットクーラーって言って、ダクト付きでそこから冷風が送られてくるクーラーが気になっている、30代の学習塾の職員の杉山です。

受験生や講師の方はこの夏を制するために気合ムード入りまくりですが、私はいつも通りの穏やかムード。淡々と雑務をこなすだけとなっています。

ただ状況によっては定時を越えてしまうこともあり、何とも言えない気分に。そういった時はメンズエステでの体験を思い出し乗り切るようにしています。

最近思い出されるのが、茅場町にある『シュピール シュテレ(Spiel Stelle)』てお店でのことです。

 

『シュピール シュテレ(Spiel Stelle)』

 

初めはゆっくりお店紹介から。特徴としてはオイルマッサージのほかに、脱毛メニューが存在しているという点。

メンズエステでの脱毛っていえば、やっぱりVIO。となると希望箇所如何によっては、フル露出もあるということです。

この時点で、何かいろいろ期待してしまうことがあるのはなぜでしょう。

そしてもうひとつが、セラピストのプロフィール写真。

画像が無い方やモザイクが掛かっている方もいますが、健全サロン並みにモロ顔出ししている方がいるのが印象的です。

真正面からのカットもありで、「へぇ~この人にしてもらえるのか」と再びいろいろ妄想が広がります。

当然私としては顔写真アリのセラピストから選択し、予約を入れました(電話対応良好)。

最寄駅は茅場町駅。方向が違う場合は八丁堀駅もあり、散歩気分な時には東京駅からもいいかも。

茅場町駅なら新亀島橋を渡って5分くらいで到着、キレイな築浅マンションです。

お出迎えは担当セラピストが、明るい感じのMさんです。

決して美人というタイプではありませんし、スタイルもどちらかと言うとまずまず。

でも表情がツボ、なんかそそられてしまう私が居ました。

案内された施術ルームも新しい。ただベッドタイプなので、その辺りは理解しなければなりません。

コースの説明などを受けて、支払いはオイルコース90分16,000円。キャンペーンで2,000円が割り引かれました。

ココからシャワーへ、サポ付き脱衣でまさかの全裸披露。

Mさんの距離が近かったため、ビーンと軽めの上向き反応。

Mさんの視線は一瞬反応箇所へと集中、目力アップしたのがとっても印象的でした。

さっぱりした後、Tバック装着。そして拭き残した水滴を丁寧に拭き取ってくれる、Mさんのホスピタリティ精神に触れ、再びハーフに上向きです。

「ではうつ伏せでお願いします」若干口調が艶っぽくなり、マッサージが始まります。

まだまだ経験が浅いらしいのですが、それなりに一生懸命な姿勢がうかがえるので好感は持てます。

また話していくうちに打ち解ける感もあり、マッサージにも手心が加わり始める。

「もうちょっとこの辺りをこう」とか「そこはこんな感じで」など、調教し甲斐がありそうです。

キワラインは恥ずかしそうにするも、ダイナミックに仕上げてくる。ベッドの上でもこうなるのかなと勝手に想像してしまいます。

腰や背中周りをほぐされた後は念願の仰向けタイムへ、まずは接近アリなデコルテから。

頭上に位置するので、下からMさんを眺める。吐息が降り注いできてなんかいやらしい。

スッと肩から背中にかけて手を差し込み、グイッと持ち上げるようなストレッチ風マッサ。オッパイに引き寄せられるかのようになり、必要以上に伸びをする私。

しかしかろうじて届かず仕舞いで残念です。

そしてメインイベントの鼠蹊部へ、「じゃあ少しタオル外します」とMさん。

タオルの下にはTバックからはみ出している愚息が、軽く整え直してからマッサージ再開です。

ネットリとした手技でキワラインを撫でてくる、反り返り始めた愚息は再びTバックの外へ。

ストップしてまた戻すのかと思いきや、Mさんはさらに奥深くまで潜りこませて、さらに露出を高めようとする施術に移行。

ラストは手の平を使って擦り上げるようにしてくれ、アッハッハ~ですね。

最後に「脱毛するともっといい感じになりますよ」だとさ。次回の挑戦決まりました。

情報局ポイント

メンズエステ『シュピール シュテレ(Spiel Stelle)』

セラピスト:Mさん

男の情報局オススメ度:★★★☆☆